03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

今年のイベント初め

   IMG0343.jpg

晴天のこの日
朝も7時前から、姫ちゃんを暖機。

そんな暖機に併せて
自身も準備を済ませて
姫ちゃんに乗り込み、7時も回った頃か
一路軽井沢へ向けて走り出した。。

地蔵峠を抜け
真田ルートより、長野原方面
鳥居峠を抜けた後、有料道路を介し
北軽井沢は浅間山の麓、絶景ロケーションな
”六里ヶ原休憩所”を目指す。

   IMG0341.jpg
    時間も時間で、クルマも少ない。

帰りルートは
元から軽井沢へ抜けてのルートを
取る予定だったもんで、料金所では
終点までの料金を支払った後、5分ほどか
目的地でもある”六里ヶ原休憩所”目に入る。

今回参加のイベントは
昨秋より始まった”浅間サンデーミーティング”であり
年明け初開催となる、今月の参加テーマは。。

”RR車(MR車含む)”

要するに
座席の後ろにエンジンがあり
後輪を駆動するクルマが、参加資格を満たす。

会場に到着し
誘導されるがまま、姫ちゃんを停め
その後もやってくる、参加車輌であろう
各車を拝見していると、やはり。。

”RR車”を中心に見て
ポルシェが大多数を占めてる感じか?

お声掛け頂いた
何人かの方ともお話させて頂き
晴天の下、微妙に強めの風を受けながらも
楽しき時間を過ごし、全体的にも
のんびりと時間も流れてた。。

   IMG0352.jpg
    ポルシェの向こうに、MR車が多数。

イベントの流れとしては
参加車輌の、”プチ”コンクールデレガンス”的な
そんな審査会が催され、僕も含めて皆さんも
車輌の自慢のポイントなど、インタビューされる。

でだ。。
終了時間も近くなった頃か
そんな”デレガンス”の結果発表となり
上位三名の名前が呼ばれたのだが。。。

どうした事か
冗談の様に、好きにイジってる
我が”姫ちゃん”が、3位に選んで貰えたと。。 ^^;)

セオリーを微妙に外しつつ
好きに弄ってる”姫ちゃん”だけにね
こうやって、ある意味評価される事って
正直、本当に嬉しいコトなんですよ!!

   IMG0345.jpg
    ありがたきコトで御座います。。♪

そんなこんなで
時間も頃合いとなり
参加の皆さんも、各々が解散となり
僕もまた、休憩所を後にし、軽井沢方面へ。

軽井沢は駆け抜けるけるも
別にどこにも立ち寄るコトもなく
上田での定番イタリアンを目指す。(笑)

時間的頃合いも調度よく
道中もまた、急がず焦らずなペースで
天候にも恵まれ、のんびりドライブ加減。

   IMG0354.jpg
    安定の美味しさだ(写真失敗。。)

上田界隈は
調度桜も満開であり
城跡公園でもまた”千本桜祭り”が
実施中ってのもあって、駅前も城跡周りも
いい感じの渋滞じうたい。。。

気にはなってたも
駐車場の確保も大変そうだしで
立ち寄るコトなく、すんなり帰路へ。。

帰宅の道中
路上で見掛ける温度計を見れば
長野市内でも25度とか表示されてて
週末より咲き鈍ってた、そこかしこの桜も
気付けばもう、一気に開花!

調度今日は
長野マラソンな日和だった訳で
コース上にも多分、そこかしこにと
満開の桜も見て取れたかもだね〜♪

と、言う訳で
本日の収穫アイテム群は…

   IMG0366.jpg
    想定外の3位の賞品群(笑)

その内容は

 ファルケンのブランケット
 キャデラック/シボレーのノート
 浅間ヒルクライムのステッカー
 浅間ヒルクライムのキーホルダー
 ドイツなパーツクリーナー???

などなど。。
取り敢えずは、、ステッカー何処に貼ろう??



こうして今年も、乗り物イベントシーズンですな〜♪ ^^)//



スポンサーサイト
tb: -- |  cm: --
go page top

小海町高原美術館。。

   IMG9886.jpg

今朝は冷え込んだよね!

余りの寒さ、、 と言うか
足の冷たさから、何となく目覚めたのは6時過ぎ。

床に足を下してみれば
氷の如く、床の冷たさに立ってられない中
部屋の入り口付近に掛けてある温度計を見ると。。

 マイナス2度。。。

再び布団の中に入り込むも
一度得た寒さはなかなか拭えず
止む無く、まだくらい中母屋へと移動。。

庭先での温度計では、やはり”マイナス5度”

おぉ。。
この安定の”3度差気温”(笑)

えぇ、こんな冷え込んだ日は
当然ながら、放射冷却の影響ってなもんで
頗る爽やかな、気持ちのよい晴天日和なスタートだ。

少々のんびり目に
ケトラの暖機運転を始めたのは
8時を回った頃合で、準備も整え走り出したのは
ざっくり8時20分頃だったか??

いつもであれば
こんな寒さも何のそので
姫ちゃんにて行動するのだが
今日は何故、迷わずケトラを選んだのか。。

それは勿論
目的地付近での路面状況が
明確に把握出来てなかったから。。。♪

そぉ、、姫ちゃんは”夏タイヤ”だ。

まぁ、その道中ではね
冷えた空気に、終始抜けるような青空で
路面で気になる部分て言ったら、微妙に目につく
道路脇の”塩”の粒(要は塩カル)くらい。。

うん、、
”乗って来れたなぁぁ”なんて思いながら
目的地付近でもある、小海町は松原湖を横に
少々急な坂道を登って行くと。。。

”あ”。。日陰はやっぱり凍っとるね♪”(笑)

しかも3箇所ばかし
ご丁寧に、両車線完全覆う感じで…

そう、たかが3箇所だが
その3箇所が、命取りである。。

うん。。ケトラで来て良かった!!

てな訳で
今日の目的地はって言うと。。。

   IMG9885.jpg
    ”君の名は。”展である。

この企画展
2ヶ月前の10月23日から
今月末の12月25日までの開催となる。

2ヶ月あれば
いつでも行けるとタカを括ってたも
何だか細々した用事が、各週末で組み込まれ
結局のところ、こんな終了間際にようやく
足を運ぶことが出来た次第。。

まぁ、何だかんだで
香味までの距離であれば
ごく当たり前に、下道をのんびりと
移動することが前提なもんで、その距離でも
ざっと片道100kmほど、時間にして2時間強ってとこか…

えぇ、美術館に居たのは小一時間程でしたが。。。

いいの、いいの。
何がって、こういう行動力が大事なんだから(?)

折角だからと
何かグッズでも買おうかと思ったけど
別段、これと言って特別感も感じなかったから
結局は、何も買わずに美術館を後にする。。

そんな帰り道も
基本的には、来た道をのんびり走りながら
なれぬケトラでの遠乗りに、微妙に腰が痛い。(笑)

小海から長野へ向かう道中
当然ながら、上田も掠める訳で
そうなって来ると、お昼を食べるのは決まって。。

   IMG9895.jpg
    ”trattorìa nonno”さんである。

上田界隈での
ランチポイントのど定番となってるも
此方はね、そう。。立ち寄りたいのは理由(わけ)がある。

そう、単純にね
美味しい、愉しい、心地よい♪

この3拍子は、重要である。

そんなノンノさんを後にしたのは
15時も回った頃かな? ここからもまた
のんびり長野に向け、ひた走っての
無事に帰宅を済ましたのは16時過ぎだ。

そんなこんなで
どうにかこうにか”君の名は。”展も
無事に観賞する事が出来て、先ずはひと安心。

何も買わずとも
手土産的に持ち帰ったのは、、

   IMG9896.jpg
    半券と、置かれてたチラシである。

まぁ、それなりにね
やはりお客さんも多かったから
そうゆっくりも観てられなかったけど…

この企画展
微妙に”ネタバレ”的展示もされてなくて
何気に、未だ観れてない方への配慮も感じられた。

個人的にはね
パネルに収まった背景画等、多数ね
絵も綺麗だし(いいな)何て思ったも
それらを凌駕して、グッと来ちゃったのは…

作画監督さんである
安藤雅司氏が描かれた、主要キャラの原画。。

これね、誰も観てなかったんだけど
ガラスケースに多数の原画が収められてて
微妙にね、、多分、何かを感じた。。。 ^^;)

企画展終了まで
残すところ、後一週間となった。。

来週末には
組紐のworkshopなんかも
開催されるようだから
もし、お時間がある方は
ちょっと足を運んでみては??



因みに、、原画段階ではX68000は描かれてなかった!



tb: -- |  cm: --
go page top

はてさて。。

   2016-12-09 5.19.45

気がつけばほら
今週末、次の日曜日は
毎年恒例の”ニスモフェスティバル”ですよ??

いつも10月辺りから
そのイベント概要、参加車両なんかを
公開、告知してくれてたりで、気分的にも
それなりに盛り上がるんだけど…

今年はね
何だろ。。微妙に気持ちが動いて無い(笑)

て言うのも
”展示はされるけど走らない”ってな
そんな車輌の中に、個人的には”走って欲しい”
そんな車輌が、多々いらっしゃるのである。。

何となくね
ここ10年、20年くらいの車輌では
いまいちこう、テンションが上がらないと言うか
走ってくれても、何となく”懐かしむ”だけで終わっちゃうんだ。。。

で、個人的にはね
僕自身が、直にレースを観れてない
”シルエットフォーミュラ”や”グループC”を
もっと盛んに、走らせて欲しいんだよね。。

日産はさ
レースカーのバリエーションも多いし
その年代、そのカテゴリーって車輌も
大概が保有されてたりする。。。観てて楽しい。

90年代以降の車輌は
もう毎年のように走ってくれてて
そうは言っても、R32のGT-Rだって
もう立派に20年選手なんだから
そりゃ、色んな意味で凄いんだけど…

もっとこう、、"Cカー”を沢山、走らせて欲しいな。。。

そう言った意味では
先だって、鈴鹿でやってた”Sound of Engine”では
メーカー各社の、懐かしの”Cカー”を走らせて
ちょっと、タイムスリップ的な画が楽しめたりとか
行ってた方のSNSなどへの投稿とか見てて、ごく普通に

(無理してでも行けばよかった。。。)

なんて、
何度となく考えてたですよ。。

鈴鹿は決して、近くは無いけどね…

そんなのがあっての
今年のニスモフェスでの、走行車輌とか
確かにね、Cカーも走ってくれるんだけど
僕が何よりも体験したいのは、同じCカーでも
結局は実戦投入されずに終わった、幻の12気筒。。

"NP35"の、
あの甲高いエンジン音を聴きたいんだ。。。

そう、この”NP35”
先の鈴鹿での”Sound of Engine”では走ってた。。

何でニスモフェスで走らない??
多分、最後に走ったのは、4年くらい前のフェスだよ???

それなりに
楽しませてくださいよ
期待もさせて、くださいよ。。。



気にはしてるけど、今のところは行かない方向だ。。



tb: -- |  cm: --
go page top

課題はみつけた。。

   IMG9545.jpg

昨日のうちに
大方の脱穀も終了した事で
この土曜は、フリーとなったもんで
密かに(行ければ…)と願っていた
とあるイベントへ、みーこと共に出撃。

会場となるのは
この長野市からは微妙に遠い
富士見に近い、原村と言う場所。

土地勘も無く
ほぼ一夜漬けのルート確認の末
行きは高速利用で、時間優先とした。

そんな一夜漬けで得た
所要時間が、ざっと1時間半程度で
余裕を持っても2時間前後と踏み
今回、自宅の出発時間は8時と設定。

燃料給油などもあり
実際、8時前には自宅を出たも
何故か、高速に乗ったのは8時40分。。

まぁ、乗ったインターも
最寄りの”長野IC”では無く
一区間先の”更埴IC”だったもので
ガス給が無かったとしても、確実に
高速に乗るのに20分程度の遅れは出たはず。

と、そんな訳で
久し振りの”みーこ”での中距離ツー(的な…)
ましてや、普段からも乗らない高速道路移動。。。

クルマでは兎も角
バイクでの高速道路って、、、多分3年振りくらい(笑)

距離も距離だし
乗り出しノンストップで走り出すも
天気ピーカン予報に反し、松本まで来ても
ずーーっとお日様隠れてて、思い切り肌寒い。。

レザージャケ
インナー外して来なくてよかった。

あとね、
今回乗り出して、想定外に意外だったのが
高速も、別に普通に流れてたし、全然
自分のペースで走れてたのに、想定外に、、手首が根を上げる。

風圧で
状態も起きてくれてるのに
走り出して、幾らも経ってないのに
既に、両手首が”痛い、いたい”。。

言わばこれも老化か??(いや、努力不足)

と、そうこうしてる内に
9時半を過ぎた頃合い、諏訪南ICを降り
漠然とした、一夜漬けルートを思い出しつつ
さして迷う事無く、10時前に現地に到着。

誘導されるがまま
芝生エリアへと入り込み
指定場所へ停止、スタンドを掛ける際に

   IMG9547.jpg
    木っ端を置いてくれた!

これ、僕はこれまでも
適当なものを用意出来ておらず
今回も、そこいらの石で対処しようと
考えてただけに、思い切り”ありがたい!”と
心の中で叫んでしまった。。(笑)

さて、みーこも無事に停め
先ずは、とっとと受付を済まそうと
受付を完了し、続けて横に並んでる列に並ぶ。

   IMG9546.jpg
    ミスド&コーヒーのサービスやた!!

今回のこのイベント、
一体なんの集まりかって言うと
主に、都内や名古屋界隈など主要都市に展開される
乗り物系セレクトショップ”Motorimoda”さん主催の
初めての”合同ミーティング”なのである。。

特に会費なども取ってない訳で
コーヒーは兎も角、ドーナツは想定外だった。

因みに、受付の際に”缶バッジ”も配布されてる。。

で、取り敢えず
後は、続々集まってくる
参加の皆さんの各車輌を拝見して回る。

基本的には
新旧、国内外の垣根は無く
旧車から最新現行まで、更に言えば
2輪だけにあらず、4輪参加も可能だった為
此方4輪も、なかなかに衝撃的でした。。 ^^;)

当然に、
全部は撮り切れなく
集まった車輌の全景も上手く行かず
何と無く、気になったモデルのみ
多数の写真を、以下に挙げて行きます。。。

   IMG9550.jpg
    此方、オリジナルの"Ducati Scrambler"

現行で復活した”Scrambler”でも
本当なら、単気筒で出して欲しかったものの
どうやら聞いた話では、欧州の環境基準に
単気筒では通せないとの理由とか、今日耳にした。。

ならば仕方ない。。。(笑)

   IMG9558.jpg
    此方は、、”MV AGUSTA”

みーこの近くに
停められてた車輌なんですが
取り敢えず”350”は確認出来たも
僕自身、アグスタの詳細は解らないので
モデル名称すら解りませぬ。。。 - -;)

   IMG9557.jpg
    続いては、、”Ducati 900ss & 750ss”

手前が900ss
奥側が750ssであるも
そう、いわゆる世間一般的に認識される
750ssと、色も風貌も違うのは、、、

後期型の”スクエアケース”だから

   IMG9552.jpg
    続いて此方、、”HARIS PANTHA”

此方もまた
アグスタ同様に、実のところよく解ってないもんで
深くはコメントも出来ません故、、悪しからず。。 ^^;)

と、こやって
ひと通り眺めてみてた後に
イベントの流れで、くじ引き抽選会が始まり
気持ぉ〜ち期待もしながらも、受付時に渡された
引き換えチケット(手書き)を眺めてるも。。。

   IMG9576.jpg
    やはり、運は次回の何かに持ち越しだ♪

さて、
先ほどの2輪から今度は
ちょいとマニアックな4輪の写真もと
多数、挙げて行きまする。。

   IMG9568.jpg
    此方、ケーターハムの”super sven”

最初ね
このドギツイ蛍光カラーのボディに
初めてお目に掛かる”ハードトップ”に惹かれ
近寄ってってみたら。。。

思ってた以上に”ホンキ”車輌だった。。(笑)

   IMG9571.jpg
    続いては、、”AC COBRA 427”

いい感じのご夫婦が
調子良さ気な音を奏でながら
乗って来られてました。。

この車輌に関しては
もう、最早本物もレプリカも
よく解らないのだけど、取り敢えず

テンションの上がるクルマ(笑)

   IMG9574.jpg
    続いては此方、、”iDing F460GT”

ね、危うく見落とすとこだった。
全然普通の”F430”かと思ってたら
前後のバンパーに”iDing POWER iD”の文字。

いやいや、、アイディング自体、なかなか見れない… ^^;)

   IMG9575.jpg
    で、4輪部の全景はこんな感じ。。

今回ね
別に2輪限定のイベントではなく
モトーリモーダさんも”4輪参加もOK!”と
告知してたんだけど、何故か僕自身も
”参加するなら2輪”て考えてて、今回みたく
”みーこ”での参加が、ほぼ一択でした。。。

が、この参加車輌を見て
余りにも2輪比率が多かったことから
やはり他の皆さんも、思いとしては同じだったのか?

とは言え
なんて言うんだろ。。

2輪も4輪も関係なしに
この”合同ミーティング”。。集まる車輌が
余りにも異質で、だけど何かが浮く訳でも無く。。。

年代も、生産国も問わず
これだけ色んな車種が集まって
それらを全部、許容出来てる空気感て、、なんかスゴイ。

さて、取り敢えずこの
”ミーティング”自体は12時半までとし
ここからは、自由参加にて、2次回的な
ショートツーも用意されてたもんで
そのルート的にも、僕も帰り道にもなるんで
先ずは参加してみる事にした。

目的地は、山を駆け上がっての
清里であり、清里と言えば? な”清泉寮”

   IMG9583.jpg
    取り敢えず。。分散駐車となってる。。

基本ここでは
各自自由行動で、自由解散な為
特に何がある訳でも無く、言ってみれば
ここに来るまでの”道中”が目的だったのかも。

この”清泉寮”
やはり”ソフトクリーム”が有名であるが
僕も、いつもならば食べてるところ
今日は何と無く、メシも喰わなきゃソフトも喰わん。

敷地内を
適当にウロウロしただけで
滞在30分程度か?? で帰路についた次第。

帰りは当然
R141を小海側に下り
途中で適当に、腹ごしらえでもと
考えながら走って居たも、思い掛けず
佐久穂の辺りから、微妙に自然渋滞が発生し
時間は過ぎて行くは、重いクラッチに手首痛いはで
まぁ、何かこう”腹ごしらえ”どころでは無く。。

結果として
取ったルートは、R141から浅間サンライン
この手首への疲労を労わる意味合いで
サンライン沿いの道の駅”雷電くるみの里”にて
30分程度かの休憩。。。

ここからは
サンラインから菅平方面へと抜ける
県道8号線をひた走り、真田から地蔵峠を抜け
17時を回った頃か、無事に自宅へと戻った。。

本日の走行距離で
トリップメーターでは271kmとなってたも
これは給油時に0にしてた為、実際には
7kmほど追加した278kmが正解か??

さて
そんな今日の収穫は、、

   IMG9587.jpg
    缶バッジ、木っ端、抽選チケット(笑)

取り敢えずね
イベント自体は、知り合いにも会えたし
適度なゆったり感、バリエーション豊かな参加車輌と
色んな意味で楽しめた、良い”ミーティング”でした。

でね、個人的に
今日”みーこ”に乗り出して
改めて、認識させられたのは。。

諸々、身体を作らなきゃダメだね。。。

まさか高速移動で
手首に限界が来るとは思わなかった。。



チョットね。。軽くショックだった。 - -;)



tb: -- |  cm: --
go page top

富士トリコローレ 2016

   IMG9442.jpg

さてと。。
何だか気がつけば
先週の小千谷に続き、今週もと
微妙に県外にばかり”姫ちゃん”にて遠征。。。

今回もまた
前日出発の前乗り行動だったのだが
今年は何気に、地区のお祭り、神楽奉納などがあり
当初予定としていた夕方出発を、急遽奉納後の深夜帯に変更。

まぁ、僕が何をする訳でも無かったのだが
そこはまぁ、この地区に生息してる以上
満更出ない訳にも行かなく。。

と、そんな訳で
時間を遅らせた分、夕飯も済ませ
お風呂も出発直前にすます。

で、結局出発したのは
日付も変わる前な23時半を回った頃。

今回は、極力峠道を避け
距離は伸ばしても、スロットル開度を
そう頻繁に行わない様にと、取ったルートは

 R18→R141→R20→R137。。

と、こう言った感じ。
R141は清里高原を抜ける為
キツくは無いも、一応の山越え。

そしてR137もまた
”みさか道”がやはり山越えルートで
結果として、この2ヶ所のみを山越えとした。

深夜帯と言う事もあり
不意に速度も出てしまいがちだった所を
メーター読みで60km/h前後(誤差あり)
タコメーターで3000rpm前後維持を意識した。

結果、驚いた事に
上にあげた2ヶ所の山越えルートでも
4速ホールド、60km/h弱で駆け上がり
いつもであれば、河口湖に差し掛かった頃には
燃料警告灯も、点灯状態になってたのが
今回は、富士吉田に到着した時点でも
警告灯は、ほぼ点いて無いに等しい状態。。驚いた。

さて、ちょいと話は前後するも
この行き道中、小海町から駆け上がり
清里ラインを駆け抜けるまでの区間が
まぁ、いい勢いで真っ白け。。(雪じゃないよ)

   IMG9436.jpg
    超!! ガスってたのである。。(笑)

ほんとね
運転しながら、こんな写真
撮ってる場合じゃなかったってくらい
視界が限りなく目の前で終わってる。。。

もう、ずっと続いたらどうしようって
普通に考えちゃったよ。。 ^^;)

そうは言っても
清里通過が 1時半、霧も晴れた
R20に乗ったのが2時半になろうって頃合い。

交通量も少なく
適度に信号には止められたも
終始60km/h弱を意識しながら
目的地である、富士吉田”富士カーム”に
到着したのが 3時半を迎えようって頃。。

結果、清里区間以外は
ずっと路面もドライで走りやすく
それ程大きな緊張もなく、富士吉田に到着した次第。

で、当然に
夜通し走ってきたもんで
”富士カーム”の駐車場へと”姫ちゃん”を駐め
4時を回った頃から、助手席に移動し
7時にアラームを掛けての仮眠タイムとなった。
(純正の助手席はリクライニングする)

そんな仮眠から目覚め
7時前から、走ってきた他の参加車輌も
既に搬入口に並んでたも、此方は慌てる事なく
のんびり列が切れるのを待って、7時半過ぎに搬入完了。

指定された場所へクルマを駐め
暫し周辺を歩き回ってたら
他のチンク乗りさんから声を掛けられ
話の流れで、もう一台あるチンクの元へと
それぞれのクルマを(勝手に)移動。。(後に承諾受けた)

そんな訳で
さらりとみんなでチンク談義の後
受付時に受け取ったアンケートを記入し
本部受付へと提出する準備をする。

   IMG9444.jpg
    どうやらビンゴ券と引き換えらしい。。

元々この”トリコローレ”
何をするでもなく、みんなでクルマ並べて
ピクニック気分で親睦を深めようってな
そんな趣旨のイベントで、僕も今回は
ようやくなんだけど、アウトドアな椅子を持参。

   IMG9460.jpg
    適度に仮眠対策でもある。。(寝なかったけど)

この、朝の時点で
旧なチンク勢が3台揃ってた中
搬入口の方から、乾いた聞き覚えのあるサウンド!

半ば、有無を言わさずか
我らの元へと(勝手に)導き入れ(笑)
ジャルディニエラ(長もの)1台を含め
更に2台が我ら3台の元へと加わった!!

   IMG9450.jpg
    何かね、、微妙に最近見れない光景でほっこり

朝一番では
割と厚めな雲も掛かってた空も
この、上の写真でも解るように
時間が経つにつれて、正に晴天日和。

折角のこのロケーション
この青空に、ちょっと気にしてみたら。。

   IMG9449.jpg
    ちょっと顔出してた。。(富士山)笑

全てが写せる訳じゃないけど
何となくの雰囲気で、今回の状況は
概ねこんな感じ、こんな並び。。

   IMG9453.jpg
    なんか、ゆるくて好きなイベントだわ。。

ちょうどお昼時に
会場近くのカフェまで歩き
お昼を頂き、会場に戻ってきたら
既に午後のフリートークが始まってて
時間も14時になるのと合わせて、恒例のアレ

   IMG9458.jpg
    リーチ7つ来るも、当たることはなく。。。(笑)

そんな、ビンゴ終了とともに
時間的にも、閉会の挨拶となり
終了宣言とともに、参加車輌も帰路へ

個人的に、
この”富士トリコローレ”は
初回から参加してるイベントであり
ある種”特別枠”としてるなかで
今回のトリコロでは、久し振りに
旧チンクが多数集まり、わいわい覗きあって
新たな繋がりも出来、良い1日を過ごせましたです。

結局、僕が会場を後にしたのは
参加車も、だいぶバラけた15時半前

例年であれば
会場を出てすぐのスタンドにて
給油をするのだけど、今回は
まだ、ほぼ点滅してない状態であり
そのまま帰路を選択し、適当な場所で
給油をする事とした。

結果、富士吉田からは
50kmも離れた位置になる”甲斐市”な
R20沿いのスタンドで給油、実測燃費で14.4km/L。。

良いと言えば良い??

ここからは
朝来たルートを戻る感じで

R20→R141(清里ライン)→ R18

と、無難にルートを進み
景色もだいぶ見慣れた、生活圏に到達すると
待ってましたと言わんばかりに、一気に睡魔が襲い掛かり
もう、あと10km歩かないかの距離なのに。。。と

勿論、安全運転で
気合も充填して、辛くも無事に帰宅を果たす。

   IMG9463.jpg
    今回の戦利品。。

富士吉田出発から
ざっくり6時間余りとなる
21時を回った時分に帰宅を果たし
総走行距離で、391kmと
何だか例年になく、走行距離が短い気がした
今回の富士吉田遠征。。。



今回も、参加の皆さん、お疲れさまでした!!(*^^*)



tb: -- |  cm: --
go page top