03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

ぶりぢすとん。。

   IMG9883.jpg

先週の日曜だったかな?
行き着けてる自転車屋さんにて
母上用の自転車(婦人車)を発注したんだ。

木曜日だったか
自転車屋さんから連絡が入って
”いつでも取りに来て頂戴♪”ってな事だったんで
午前出勤、午後休みだった土曜の今日。。

母上と共に引き取りに行って来た。

まぁ、納車話は兎も角として
今回の購入に際し、重要だった部分は
体型に合った、適正な自転車。。。

と、書くと
”そんなの、当然だろ!”って
怒られそうな気もするが…

若い頃から
乗って来てた自転車は
ずっと変わらず"26インチ”の婦人車だ。

我が家での特徴的な部分で
基本的に、我が家は皆
”使える以上は、使い続ける家”である。。

そんなのもあり
母上もまた例外無く、特に壊れず
案外普通に乗れて来てた”26インチ”に
騙し騙しに、自転車に身体を合わせて来てた。。。

が、ここいらに来て
やはり、体力的にも難が出始めたのか
しきりに”自転車が大きい、重い、坂のぼれない”など
割と”不”な発言が目立って来てたのである。。

そうだな、
普通に考えて、これまで乗って来てた自転車
フレームも鉄で、変速も無く、タイヤは26インチ、、

体型に合ってなければ
それ相応にやっぱ、辛さ、厳しさは出てくるわな…

そんなこんなで
”24インチの変速付き”を軸に
ホームセンター等も含め
諸々見て回ってたのだけど
価格も含め、調度良さげなものが
あったと思えば、変速が無かったり
はたまた逆に、無駄に変速が多い
外装6段なモデルだったり…

我々であれば
変速が多いに越した事は無いのだが
母上な年代ではやはり、ある種気軽に使える
内装3段くらいのモデルが好ましい。。

で、見てるとさ
この類って無いもんなのねぇぇ。。

まぁ、内装変速の方が
コストも高いって話しは、何となく
耳にも入ってたから、そんな影響なのかな?

あとはね
やはり、価格優先で見た場合に
ホームセンター売りのモデルとかでは
まぁ、有名どころの自転車であっても
オリジナル企画品なのか、そのブランドの
自転車カタログなどには掲載されて無いんだ。

こう言うのね
個人的には、あまり好きじゃ無いんだよね。。

ほら、上でも触れたように
うちはさ、コロコロ買い換える家じゃ無いから
安心感も含めて、丈夫に長く使えて欲しいんだよ。。。

そこはやっぱ
母上的にも同じだった訳で
もう最終的には、予算枠をチョコっと
広げて貰ったのよね。。

そこで調度
合致したのが”ブジリヂストン”の
24インチ、内装3段な婦人車だったんだ。

普通にホームページにも載ってるし
紙のカタログにも掲載されてる
そんな”安心感”な自転車だ。。

価格優先で見ても
”何でも良いから安ければいい”では無く
照準を絞った対象が”結果的に安くなった”てな流れが
我が家的には、好ましい流れなのである。。

そう、だから
何かを購入する際は
大概が”定価”を前提としている。



ある種”必然”よりも”結果論”かもだ。。



スポンサーサイト
tb: -- |  cm: --
go page top

ミニヴェロから始めよ。。

   IMG9423_201612151919559ac.jpg

毎年、毎回ね。。
気持ちの片隅には、ひっそり気に掛けてて
いつも、いっつも”今度こそは、今年こそは”と
結果的に”乗る乗る詐欺”ばっか続けてる僕なのだが…

ふむ。。 2016年も
残すところ、あと半月あまり。。。

結局のところ
多数ある自転車、どれにも乗ること無く
また、ただただ無駄に一年を過ごしてしまった。。

で、ここでまた
性懲りも無く、、、言ってみる。

来年は、来年こそは!
エンジン付きばかりじゃ無く
自転車でクルクル、サイクリングからでも
改めて、始めて行きたいな。。

これまでは
乗る=”COLNAGO”的思考だったから
だからこそ、気持ち的にも、ちょいとウェイトが
重めだったのかも知れないな。。。

色んな意味で、、”気軽じゃない”

街乗り用にと導入した
ミニヴェロから、徐々に距離伸ばして
速度がどうのじゃ無く、兎に角自転車に
身体を合わして行かないとね。。

其処彼処
身体の不調が出始めてるだけに
体力確保、不調と、諸々の改善に。



はい、いろいろと言い訳しとります。。^^;)



tb: -- |  cm: --
go page top

自転車乗ってないな…

   IMG0605.jpg

毎年ね
年が明けたり、
春の日差しが心地よく
なったりして来た辺りで大抵

”今年は自転車に乗ろう!!”

なんて
一年間の課題の如く
自分に言い聞かせてたりするんだけど…

結局
今年は多分、、、一度も乗ってないかも??

写真のミニヴェロも
部屋に鎮座してるコルナゴも
半ば、畑通勤用にしてるセンチュリオン(MTB)も…

気がつけば
なぁ〜んも乗らないうちに
今年ももう、あと2ヶ月切っちゃった。。。

”なかなか時間が取れない”

って、言いたいけど
これは思い切りの”言い訳”であり
自転車乗ってない分、クルマやバイクには乗ってる。

そう、それは決して
”時間がない”のでは無くて
多分これ、楽しむ対象の”優先順位”が
まだ微妙に、自転車にまで届き切ってない… のかと。。

まぁ、あとは。。
身体がひとつなのに対し
余りにも、乗るものが多過ぎる。。。のも理由か?

だってほら、、
ハコスカの稼働状況だって
実際問題、現時点で多分、、4ヶ月くらい動いてない。



いや、必要なんだよ、、みんな必要なんだ。。。



tb: -- |  cm: --
go page top

待ってるのも良かったが…

   IMG8572.jpg

4月に予約受付が始まり
当然のように、数量限定でもある
BD版スペシャルパッケージ仕様を予約。

発売がこの
6月25日ってのもあって
当初は気分的にも”まだまだ全然先だな。。”なんて
のんびり過ぎるくらいに、のんびり構えてたら
なんだか気が付けば、もう発売月となり
更に気が付けば”発送しました”メールが届くとか…

長かった気もするも
多分これは、意識しなかった分に
発売までは早かった気がする。。。

で、そんな流れから
この”発送しました”メールもまた
割と早めに、僕の元に届き、普通に届けば
確実に”発売日前だぞ??”なタイミングだったも
これやはり、25日の配達日指定となってた。。

そんな今日だ、
いつも具合良く使用してるアプリにて
追跡番号から、今日現在で何処まで来てるのかを
休憩時間に見てみたら、、、案の定”保管中”となってる。

こりゃね
仕事帰りに、受け取って行くしか無いっしょ!!

今日は残業日となってたも
営業所に到着したのは19時半を回った時分で
窓口に書いてある営業時間を見てひと安心(21時までだった)

そんな訳で
明日の配達指定な旨を伝え
取り出して頂き、無事に受け取った!

微妙に高鳴る気持ちとは裏腹に
帰宅する前に、コンビニ寄ってるとか
更に、わざわざ遠回りして帰るとかして(笑)
ようやく無事に帰宅だ。。

部屋に入るや否や
着替えるよりも先に梱包を解き中身の確認。

   IMG8570.jpg
    上がBDパッケージ、下のは劇場公開パンフレット

本当であれば
この作品は、劇場に足を運んで
大きなスクリーンで観たかった作品。。

しかし、案の定ね
この長野エリアでは公開されず
ある意味、当初の目論見通り、BD版での作品鑑賞となる。

”当初の目論見。。”

そう、
多分こうなるであろうと考え
実のところ、劇場公開前の前売り券発売時には
諸々の都合から、観には行けないのに、わざわざ
さいたまは大宮まで、前売りチケットを購入に行ってる。

その際、チケットは無論の事
前売り購入特典のステッカーやら
店頭配布用のフライヤーやらを手にし
微妙に、今日の今日までしまいこんで置いた。

”マルコ・パンターニ”って選手は
僕にとっては、何だかものすごく印象深い
とても大切な存在の選手なのである。。

その割に
乗ってるバイクは”コルナゴ”だったりするのだが…

そこいらは
まぁ、色々と事情があって
”ビアンキ”のロードを、購入するまでには
至らなかった経緯もある。。。

フライヤー(2枚)と
この未使用チケットを併せ
ちょっと上手く額装出来ないかと
購入当時から、考えてた自分が居るですよ。

いや、実際にやるかどうかは
正直解らないんだけど、一応ね
其々をシワにしないように、気を付けて保管する。

で、取り敢えず今日は
それら先行購入品と合わせての
BD、パンフの共演させてみたです。。

   IMG8568.jpg
    2枚のフライヤーは、表裏で見せる対策だ。

さて、今日受け取って来て
帰宅早々、梱包も解いて確認したは良いが
実は未だにフィルムを剥いで無いから、未開封である。



今宵は取り敢えず、パンフを見て終わりにしよう。。 ^^;)



tb: -- |  cm: --
go page top

車検のお供は、、

   IMG8560.jpg

今週末で
”姫ちゃん”の車検が来ちゃうもんで
主治医ショップさんの都合と併せて
今日の仕事上がり、姫ちゃんに乗り換えて
車検のお願いをして来たのである。。

で、基本的に僕は
車検の際には、代車を断っており
毎回毎回、入庫の際には”自転車”を積んで行く。

もちろん
”姫ちゃん”自体も、小さく狭いし
通常サイズの自転車なんかは
当然ながら、入る込める余地が無い。。

そんなのもあり
正に、この”車検対策”として
チョイスした自転車が、"Bianchi"の小径”novita”

このモデル自体は
既にカタログ落ちしてるので
現在では、新品で入手することは困難だ。

ハンドルポスト部分が折れる
一応は”折り畳み”の16inの自転車なのだが
僕は元来、折り畳まないヒトなんで
この”novita”もまた、積み込む際には
そのまま後ろに積み込んでる。。

折り畳むヒトであれば
ごく当たり前に、フレームが折れる
普通に乗り易い系の自転車を選ぶだろうが
僕としては、快適性等は”二の次”で
まず基本的には、フレームの”デザイン”で選ぶ。

”車検対策車載用”を前提に
そんな買い方をしたのが、この”novita”である。

ハンドルポスト部のみ折れるとは言え
フレームはそのままなので、その美しさを保っており
ちっこい小径自転車ではあるも、そのシルエットはお気に入りだ。

   IMG8563.jpg
    微妙に逆光で、えらく暗いが。。 ^^;)

因みに、
上でも触れたように僕は
折り畳みは”折らない”ヒトだから
この”novita”の折り畳み部分もまた
そのハンドル部分に、タイラップにて
自転車用のボトルケージを装備して居る。。

即ち、、、畳む事が出来ない(笑)

16in小径にして
変速機も持たないもんで
これがなかなか、適当な距離を走ると
いい感じに”ゴールが遠く”て、足だけが回ってる。

そう、あくまでこれ
自転車としての役割で言ったら
都市部などでの、平坦、近間散策対応な
そんな位置付けなのだろうけど、僕は思い切り
6キロ先のクルマ屋さんから、寄り道しながら帰ってくる。

いや、あまりね
この距離とか関係ない気もするかも?
クルクル足を回しながら、地味に進んで
適当に疲れて、無駄に寄り道して。。そんな流れが好きだ。

ある意味
”自虐”と言えば”自虐”かもだが
また、見方を変えて見てみれば…



たぶん、ある意味”スローライフ”。。。(笑)



tb: -- |  cm: --
go page top