07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

ドリ子に小細工!!

   IMG_9380.jpg

あのね、
僕は毎回、大概の車輛で
燃料を入れる際は、口元ギリギリまで
投入するひとだったりするんだけど
これが、ドリ子でも同様に、口元まで
ギリギリに入れようとするとこれがね…

フチからタンク内に伸びてる顎が
微妙に5cm弱か? あり、尚且つその顎に
開けられてる空気抜きの穴が小さ過ぎて
毎回、油面が顎まで到達した時点で
口元ギリギリまで入れるとなると、直ぐに溢れてしまい
なかなか効率よく、口元まで入れる事が出来ないのだ。

   IMG_9374.jpg
    ほら、ご覧の通り… あって1mm程の空気穴。

そこで今日は
午後からの空いた時間を利用し
且つ、ドリ子の燃料も、リザーブだった為
この空気穴を、ちょいと小細工しようと
燃料を入れる前に、実行に移したのである。

で、やった事と言えば…

   IMG_9379.jpg
    空気穴の拡大である。。。

作業前と
写真を比べてみると、一目瞭然かと思うが
ざっと”1mm"程の穴が、直径で”4mm”程まで拡大された。

たったコレだけの事で
どれ程の変化を体感出来るのか
少々疑問だったが、仮に効果が無くても
さして影響する部分でもないからと、お気楽モード

で、取り敢えず
その拡大方法は当然に、既存の穴を利用し
4mmドリルで揉んでの穴拡大。

切り粉がタンク内に落ちない様にと
給油口にウェスを詰めた状態で
作業を開始、完了するも。。

   IMG_9376.jpg
    やはり切り粉は落ちるもの。。。

眺めのドライバーを使用し
磁気を含ませた上で、タンク内に落ちた
細かい切り粉を、、

   IMG_9377.jpg
    可能な限り除去する。。。

ね、、割とくっ付いて来る。

で、こうした作業を
4〜5回程か繰り返し、ドライバーの先にも
切り粉が付いて来なくなった為、取り敢えず好しとする。

   IMG_9378.jpg
    ほら、、錆は見えても切り粉はとれた??

そんな切り粉対策が
大体良さげになったところで
先だっての姫ちゃんに続き、今回のドリ子でも
投入燃料にシェルの”V-Power”を満タン投入。

タンク内はほぼ空だったので
ざっくり9割は”V-Power”となった次第。

さて、そんな投入の際の
肝心な”空気穴小細工”の効果であるが…

タンク内に伸びる顎から
油面が口元まで、入るまでの時間で
これまでの思いをすると、確実に倍は早く
口元までの給油を完了する事が出来る。

今回は、いつものスタンドでは無かったから
ガンの動作も微妙に違くて、少々勝手も違ったんだけど
それでも確実に、空気穴拡大の恩恵は得られた結果に。

なかなかに
安全上の問題からかも知れないけど
それでも、あのノーマルでの空気穴が
1mm程度しか無いって言うのは… ちと考えモンやなぁぁ



何はともあれ、地味だけど効果的な仕様変更を完了でし!!



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 1
go page top

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| #
2016/04/11 09:27 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/1003-88b0e31f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。