09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

”Creek”の使い方。。

   IMG_1464.jpg

余りにも機材が増えてる為
逆にいま、収拾がつかなくなって
寧ろ僕の部屋では、CDが聞けない状態だったりと
何だか元も子も無い事態に陥ってたりもする。。

ミニコンに始まり
セパレートのアンプ、その他諸々。

特にセパレートのプリ&メインは
CDと共に、電源さえ得られれば
直ぐにでも音が出せる状態だと言うのに
何だかんだで、諸事情もありそこまで到達出来ず(笑)

さて、、

ここのところ
自室のテレビ界隈を、ちょいと実用的にと
アンテナ弄ったり、接続変えたりと
余った時間を見付けては、やってたりするのだが
最終的にはこれも、ずっと眠らせてる”1bit 5.1ch”を使い
簡易シアターを構築し直そうと考えてたりする。

時に、アンプの能力は
"5.1ch”な訳で、ウーハー以外のスピーカー数は
読んで字の如く”5つ”である。。。が

個人的にいま
テレビの両脇には、2セットのスピーカーが
Hi-Fi用(HARBETH) リビング用(BOSE)と
未接続で置きっ放しだったりする。

簡易シアターとして使用する
”1bit”機に関しては、充てがわれてるスピーカーは
全てが10cm四方程度の大きさの、サテライトスピーカー。

当然に、これらは全て
使用する事として、考えては居るけど
出来ればこれ、センターは兎も角
フロント左右のスピーカーには、
テレビの両脇にスタンディングな
”BOSE303”辺りを、鳴らせればと
考えてたりもしてたのである。

が、しかし
アンプとスピーカーの相性、出力特性など
どうにも"BOSE”にとっては、役不足な感じがし
ちょっと”現実的では無いか?”などと考え出してたのである。

で、そんな今日も
日中、仕事をしながらも
ぼんやり、そんな事を考えて居たのだけど(笑)
ふと思い立った接続法を発見し、改めて
確認してみようかと考えた次第である。。

と、言うのも
個人的に、もの凄く心地よい音で鳴らしてくれる
イギリスの"Creek”と言うアンプがあるのだ。

僕の元にあるのは、
80年代初期の”4040”と言うモノで
やはりこの機種も、冒頭のコメントに例外無く
色々”それ系機材”が増えた事で、逆に端に
寄せられてしまってる、そんな現状なのである。

今日、ふと思ったのは
1bitシアターは、通常通りに
サテライトスピーカーで接続、鳴らすとし
もう一系統、この"Creek4040"を使い
別物として音を出すようにすれば、恐らくは
”BOSE"だけにあらず”HARBETH”のスピーカーでも
相応に鳴らせる程度の出力は得られる筈。。

そして、シアター補助な位置付けな
音出しと言う事を考えてみると、音を拾う場所は
テレビ本体、ないし1bitアンプな何れかには
ピン出力での音声出力があると見込む。。。

これで上手く
音を拾う事が出来れば
”1bitシアター”とは別っこで
”Creek”のアンプにて、2ch出力も可能になる。

と、言う事に今日、気付いてみたのでした。

取り敢えずは
なかなかに、纏まった時間が取れませぬ故に
構想は膨れ上がるも、どうにも実行までが
妙に時間が掛かると言う。。。テキトーさ♪

まぁ、こんな事でも
イメージしながら、色々考えてると
何だか無駄に、楽しくなって来る訳で
ただただ妄想だけが広がってるのである(笑)

とは言え、
いや、これホントに
元々”Creek"のアンプの音は嫌い時では無く
妙にしっくり来る”音”を出してくれるので
音楽を聴くにしても、テレビ音声を流すにしても
何かこう、それなりに満足も得られそうな気がするですな。。

そう考えたら
もう、埋もれてる”4040"と
”4040に繋げる、スピーカーケーブルを発掘だ!!



そうなんだよね、、こんな時間が、一番楽しかったりする。。♪



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/1032-d8fa0da7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。