09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

”夢”と言う名のカメラ

   IMG_9507.jpg

頑張って、購入した当時は、
それ相応に、割と使用頻度も高かった。

僕にとっての… 初めてのレンジファインダー機

一眼からだったけど
ほんのチョコッと、カメラを齧り出してた
そんな時期に、雑誌を通じ、その存在を知ったカメラ。。

いち”ドカ乗り”としてはさ…
そりゃぁ”手にする事が使命感”的に考えちゃうよね!

しかも当時の僕は、、、ベベルに乗っていた。

何だかこの
現物を目にする前から、妙に”同じ匂い”を感じてた。

カメラに詳しく
バイクも沢山お持ちの知り合いにも
このカメラを見せたら。。。

”なにこれ。。ダブルネーム??”

とんでも御座いませぬ。
ボディにも、レンズにも、、ちゃんと書いてある

”DUCATI”

と言う
そのブランドが!!

聞けば
1950年代、ほんの2年程の間だけ
”DUCATI”はカメラを作っていたとの事。。

僕の手元にあるこの子は
レンズが交換出来る上級機。

その名も”Sogno(ソーニョ)”

そう、、
日本語に訳せば”夢”となる。

この”Sogno"とは別に
当時は普及機として、レンズ交換無しの

”Simplex(シンプレックス)”

と言うモデルも
同時に販売してたらしい。。。(僕は見たことない)

カメラを齧り出して
世間の風潮に乗り、ライカ等の名を耳にもし
ほんのチョット、気にしてた様な時期に…

同じ”レンジファインダー”でも
思い切り意表を突いて、小さなイタリアカメラに走った。

そして、そのお陰に…
微妙に気になってた”ライカ”の存在も
そこから暫くは、イイ感じに”気にならなく”なった。

”DUCATI Sogno”

僕が手にして、ゆうに12年あまりを経過してるも
現在では、ほぼ”お守り”的な存在として
よっぽどでなければ、フィルムを装填する事が無い。。

ある意味では
”手にする事”自体が”夢”となりうるカメラ。。。

当時にして、ライカM3と同等の価格、そしてハーフ版

ライカに目もくれず
半ば必然的に、購入した僕は
”DUCATI(2輪)”に乗ってるから… って事以上に
先ずはカメラの知識が、ほぼ”ゼロ”だった。

だからこそ
このハーフ版の高額カメラに
何のためらいも無く、買うに至った。。。気もする。

デジカメが主流となった現在の中で
”フィルムカメラ”は、決して特別な存在、
位置付けでは無いかも知れないけど…



”DUCATI Sogno”は、僕にとって”特別”な存在、、♪



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/1043-98909f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。