07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

22年目の銘機。。。

   IMG_0005.jpg

途中まで進めていた
部屋のテレビ周り、音響関係
接続機器の見直し等、大凡のレイアウトをと
寝る前にやってしまおうと、昨夜
機器の移動、接続、確認等を始めてみたのだ。。

元々、液晶テレビに
HDD/BDレコを接続してあり
その環境に追加する形で、今回の見直しでもある
1bit 5.1chアンプを接続し、テレビとの光ケーブル結線で
取り敢えずの、臨場感サウンドを構築。

が、この時点では
アンプ本来のフロントスピーカーを
テレビよりも遥か手前に置き、位置関係的には
フロントと言うよりも、サイドスピーカー的位置に
専用スタンドを使用しての、おかしな5.1ch。

僕としては
擬似的な7.1chを構築したかったのもあり
然程場所を取らない、アンプ付属のスピーカーだけに
そんなフロントサイドに置く形を取ってみた。

で、昨夜までは
フロントスピーカーとしての機能は
事実上で、テレビの内蔵スピーカーを鳴らしてたのだけど
簡易アンプとは言え、やはり音響専門ともなると、音の出方も
それなりに違いもあったりと、いよいよフロントにも
2本のスピーカーを駆動させようと、それらに纏わる作業をと
就寝前の1時間余りで実行してみたのである。

ここで、擬似的7.1chにするには
もう2本のスピーカーを設置する訳であるが
この”もう2本”の為に、持ち出したのは
英国製の”Creek 4040”と言う、薄型のオーディオアンプ

この”Creek 4040"には、ピン入力しか無い為
テレビ本体から、オーディオ出力を設定し
"4040"の、適当なセレクターへと接続。

先に接続してる5.1chアンプへは
上でも触れたように、テレビからの
光ケーブルで結線されてる為、これで
双方のアンプを介し、音を発生してくれる事になる。

いざ鳴らしてみれば
なかなかにして、イイ感じ。

2種のアンプを使ってることで
ボリュームコントロールも、双方で独立となり
突き詰めれば、なかなかの音響効果を発揮する。

さて、これで音響レイアウトも
概ね決定したところで、お次には
ある種の”ダビング対策”として、別位置にあった
LDコンパチ機と、長いこと使用して来てる
シャープのS-VHSビデオデッキをと、テレビ台及び
暫定スペースへと設置し、両機種共に”BDレコ”の
外部入力へ其々を接続、S端子ケーブルを使用。

LDコンパチは”外部入力1”
S-VHSデッキは”外部入力2”

接続後、動作確認をと
先ずはLDコンパチ”から動かし出し
LD、CD等のソフトを再生してみる。。

この時、テレビ無しでも
音を聴けるように(CD対策)と
LDコンパチ本体の、2系統ある出力端子の
音声出力のみを”Creek”のセレクターへと接続。

テレビを点ければ
CDを掛けてても、疑似7.1chを体験出来るも
取り敢えず、LDコンパチと"Creek”のみの電源オンでも
2chとは言え、必要にして十分な音を聴かせてくれる。

因みに"Creek 4040”に接続してるスピーカーはと言えば…
"BOSE 363"と言うスタンディングタイプ → 参考

”Creek 4040"は実に32年選手
この”BOSE 363”もまた、20年選手も
基本に忠実、2chでクリアに鳴ってくれるのが
非常に聴き易い、突き抜けた音♪

再生機は、LDコンパチ機だが…(パイオニア製)

これで気を良くした僕は
引き続き、ビデオデッキの接続もと
作業を進め、いざ動作確認をと
コンセントも繋ぎ、電源s/wを押してみると…

ウンともスンとも言わない。。

あれれ??
前回(半年程前店)は普通に
電源も入ったし、ビデオも巻き込むこと無く
ちゃんと再生、巻き戻しもしてくれたのに、、、

電源すら入らない。。。

92年の発売時に購入した
当時として、べらぼうに高価だった
所謂”高級ビデオデッキ”な括り。。

重宝してたよ?
それ相応に、綺麗に観れたよ??

22年目にして、沈黙してしまった。。。

割と想い入れがあるデッキだ。
ダメで元々、シャープさんに修理に持ち込んでみる。

電源系統だったら、何とかなる気がする…

何れにしても
何らかのカタチで、ビデオデッキを調達せねば
手元にある、幾つかの貴重なビデオソフトを
HDDに落とすことが出来ない。観ることも出来ない。。



22年目の”銘機” VC-BS600 。。。必ず復活させる!! → 参考



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 1
go page top

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| #
2016/04/11 06:05 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/1054-e4df16bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。