09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

噂のアイツきた。。

   783025.jpg
    ウェブより画像拝借(&加工)、、、ここ
さぁ。。やって来たぞ。。。

予てよりお噂だった
本田技研&HRCさん、渾身のGPレプリカ

その名も”RC213V-S”

RC30以来の
お久し振りの”公道レーサー”となるのか?

でだ。。
この手のオートバイでは
遡ること7年前か? 我らが Ducati からも
1500台の限定にて”desmosedici RR”なる
motoGPレプリカが販売されている。

860万オーバーと言う
2輪としては法外なプライスでの登場だったが
では今回の、この”RC213V-S"もまた
そこいらの価格帯なのか?、、と、気になる所である。

が、確か
僕の朧げながらの記憶が正しければ
この"GPレプリカ”をアナウンスした当初
ホンダ、HRCさんの含みのあるコメントから
各メディアが謳った予想価格は、、、もう超絶的価格だった。

”2000〜3000万くらいか??”

勿論、決定付けられた価格でもないし
公式コメントに含まれていた数字でもない(と思う)

けど、その予想価格を見て
”セディチは安いもんだな。。。”なんて
ちょっとだけ、拗ねてみたりもした。。。(笑)


いや、だけどね
今日も、仕事しながら考えてて思ったんだ。

ホンダがリリースする"GPレプリカ”となると
それはもう、ほぼ確実に”チャンピオンマシン”であると言うこと。

motoGPでの戦歴を観て居ても
シーズンを通し、凡そ低迷している時期を
イメージさせないのが、ホンダのマシン、チームである。

ましてや今回
その車名にもしっかりと”RC213V”の文字が謳われてる。

GPでのチャンピオンマシンの名を
受け継ぐからには、公道仕様とは言え
そう半端なマシンには仕上げて来ない筈である。

ドカの時にも言われてたように
GPマシンの開発費は数億とも言われる中で
”desmosedici”は、公道仕様の"RR"で
破格と言われた”866万円”でリリースされた。

”RC213V-S”

チャンピオンの血筋を組む
この、ホンダの渾身の作品は一体。。。



どれほどのプライスで、世に出てくるのだろうか…



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/1084-dc6c1c3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。