09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

理想を求めたその先は…

   bevel860.jpg

僕だってやっぱり
クルマやバイク、自転車など
自分好みの”カタチ”にして行くのに
それ相応に”理想”と言うものも持っている。

が、しかし
限られたパーツ等から
そう言った方向へ持って行くため
まるで理想に近付かなかったりと
そんな事の方が多かったりする。。

だからこう
”結果論”となってる場合も多く
一先ず、完成とはして居るものの
正直言って、腑に落ちてない部分だって
当然にあるのである。。。

取り敢えず。
自分なりの”感覚”と言うのも信じ
理想に近付けて、弄ってきた結果を
こう… 全部じゃないけど振り返ってみよかと。。

先ずは、、自転車から…

   colnago-d.jpg
    COLNAGO DREAM B-stay(2003)

コンポーネントには
”Campagnolo”を組んだのだけど
大見栄切れない、2ndグレードの”CHORUS”

2年程前か
タイヤと併せ、クランクもカーボン化したのだけど
本当は、アルミ色のアルミクランクが欲しかった為
実際には、微妙に満足感に欠けてる部分。。。

ステム位置、サドルの高さなどは兎も角
特にバーの角度が、傍目には”キツイ”ポジションらしいけど
見た目にもポジション的にも、僕には調度良かったりする。。

んで
足バイク的な…

   lepre.jpg
    Bianchi minivelo9"Lepre"(2009)

基本的には
ノーマルが基本なんだけど
購入時、たまたま手元に余ってた
ブルホーンバー、ブレーキレバーなどを
納車整備時に組んで頂いた。。

ブルホーンが
少々大きめな為、真横から見ると
”頭でっかち”的で、微妙に不本意なお姿。。

とは言え、ミニヴェロの理を生かし?
サドルバッグも大きめなのをチョイスし
ライトもフロントハブ部に移動、テールも
ちょっと愛嬌出して、カエルなカタチで付けてみた。

更に、、

   centurion.jpg
    CENTURION LRS "BACK FIRE”(2003)

微妙に真横写真が無い…

このMTBは、
コルナゴと同時に買った自転車で
本来であれば”足バイク”であったのだが
何かこう、、乗る機会が徐々に減り

わずかな抵抗的に、自分好みに仕様変更多数。。

ステムは純正から、ITMのロード用へ
また、グリップ部はバーテープを使用する
微妙に脱着が簡単なタイプへと変更。
サドルは、MTB用ではあるけど
”Selle Italia”のゲルサドル(Yutaak)を導入し
差し色”オレンジ”でちょっと主張させてる。

また、ミニヴェロ導入前に
街乗り対策にと、抵抗の多いブロックタイヤから
MAXXISのスリックタイヤを履かせてみたです。。

現在は、主に畑用(プラスα)

続いては
自転車から4輪へ。。。

   IMG_1135.jpg
    Fiat500R(1973)

ノーマルで乗り出し
勢い余って、憧れだったアバルトスタイルへ、、
しかし、アバルトの”サソリ”は一つも付けてはおらず
唯一、機能的意味合いで使用してる”オイルパン”だけに
"ABARTH”の文字が光ってる。。。

別に嫌ってる訳ではなく
”サソリ”を付けても”ABARTH”にはなれないから…”
と、言うのが、僕なりに”敬意を払って”の行動。。

反面、形がカタチだけに
こじんまりと”FIAT”純正で仕上げてる訳でもなく
寧ろ”有り得ない”とされるブランドのエンブレムを装着。

和洋折衷、、好きなように弄ってる。。。

車高の前後バランスや
全体的な雰囲気、基本的には
置いといて”速そうに見えるクルマ”を心掛けてる。。

そんな”チンクカスタム”の流れを
ある意味汲んでるのは、現在でも様子見中の…

   IMG_1200.jpg
    HONDA DREAM50(1997)

こないだのブログでも
ちょっと触れても居たけど
兎角"右に倣え”と、なりがちな
そんな”ドリームカスタム”に
自分なりの”主張”を持たせたかった。

大半の方がお手本としてる
”CR110”のイメージも抱かせつつ
レーサーとは違う、やはりチンクと同じく
”置いといて”雰囲気”のある、そんなDream50に
仕上げて行きたかったのである。。

この”Dream50”に関しては
一応のカタチには、なったものの
未だ”様子見”の域は出ないし、更に言えば
この時期だけに、殆ど走り出してない現状である。

個人的に思うも
リア周りが”CR110”をイメージした反面
フロント周りは、だいぶ”余計なもの”が付いてる印象。。

皆さんの目には、どう映るのか… もの凄く不安でもある。。。

最後に
カタチ的には、ほぼ
僕が手を加えた箇所が無いに等しい
そもそもの”芸術的”シルエット。。

   zdm300h.jpg
    Ducati 748R(2002)

純正の様でいて
塗装部分には"DUCATI"の文字は無く
フェアリングもまた、社外の一枚カウルである。

僕自身では
見えない部分での材質変更(カーボン化)など
手を入れているけど、この写真で見て取れる部分では
その殆どは、購入した当時そのままを維持している。

ある種”カスタムバイク”として
手にしたこの”748R”
元のデザインにも、深い憧れを持って居ただけに
更に刷新されたこのスタイルは、崩す余地がないと判断。

店主殿の”センス”も光る部分である。。

この"748R"のように
何がなくとも、何らかの”主張”をする
文字通りの”オーラ”を発するような
そんなカスタムを、普通に出来たらと思う。。。



言うなれば、、”確信的なカスタム”とでも言うのか…



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/1144-cf0aa44f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。