09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

スワン、一歩前進。。

   IMG_1300.jpg

夏頃か
諸々と不調があっての作業ついでに
自身への勉強の意味も兼ねて
カタチばかりの”OH”的な作業を実施、
この際に、折角だからと、ピストンも交換し
組み付けてみたのは良いのだが…

この時
ピストンと併せて入手した点火コイルが
何気に不良品で使い物にならず
結果として、それまで装備していた
点火コイルを再使用することに。。。

と、これが正常品ならば
これと言って、問題も無かったのだけど
かなりの年数も経過してる(純正品か?)と思われる
いい感じに草臥れた点火コイルで、その”経年劣化”から
マイナス側のターミナルが、痩せてしまってて
捥がれる感じで、根元より欠落。。

発電コイル側からの線を
固定出来ない状態だったのである。

そんな”不完全体”な点火コイルを
無い知恵絞って、頑張ってやってみたのは
その”捥がれた”端子部分に、ハンダを盛り
マイナス線を抱かせると言う、取り敢えずの
”通電状態の確保”を取って居たのだ。。。が

そんな状態では
辛うじて始動はしてくれるも
なかなか”キック”では目覚めてくれず
エンジン始動の8割が”押し掛け”と言う情けなさ…

改めて、点火コイルも
発注しようと考えたも、タイミング悪く欠品。

諸々の忙しさもあり
そのままずっと、今日の今日までを
手も付けずに放置していたのであるが
先頃、ふと思い立って、発注先サイトを覗いてみると
該当点火コイルが在庫ありに!!

夜勤明けの
帰宅の勢い(am3:00)で、速攻発注♪

今日の午前、
無事に届いたもんで
小雪の舞うチョット寒いさなか
小一時間を掛けて点火コイルの交換へ。

   IMG_1296.jpg
    左が古いの、右が新しいの。。

ポイントのギャップも調整し
フライホイールを回してみると
その時点で既に、ポイントでは火花バチバチ⚡︎

さすがにその火花を目にし
無駄にテンションも上がっての

”今回はちが〜〜〜う♪”

そんな訳でもう
エンジンが掛かるものとし
始動チェックもしないままに全部を戻し
組み上げ完了、カラカラの燃料タンクに
取り敢えず1Lの燃料を投入し、キックキック。。。

最初の10回くらいまでは
何かこう”爆発”的な感触もなく
その都度、音を聞きながらティクラーで燃料を送り
あまり期待せずに、キックを続けること15回目くらいか??

取り敢えずは
火が入ってる”スババババ、、”な素振り♪

その感触に、気も良くし
更に続けてみると、この”スババババ…”は
ほぼ毎回、その状態を披露してくれる。

やはりティクラーで燃料送ったりを
繰り返しながら、初爆きてから20回目くらいか
”超”不安定ながらも、アイドリングまで持ち込むことが出来た。

それ以降は
何度か止まったりはしたものの
最低限、ティクラーとの合わせ技で
キックにて普通にエンジン始動を果たしてくれる。

でだ。。
エンジンが掛かってくれるのは良いのだが
組み上げ以降、何気に、アイドリングでは大丈夫も
エンジン回転を上げると、どうもカチカチ音がする。。

思うに、交換したピストンが
相性が悪かったのか、選択ミスか
上死点に来た時に、当たってるのかも??

な、訳で
取り敢えず今回は
アイドリングにて暫し回した後
暗くもなってきたし、近所迷惑にもなるんで
今日のところは、そのまま収納へ、



さて、、ピストン確認してみなくちゃだ。。。



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/1156-66c49012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。