07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

視点は違うけど…

   lp400.jpg

今日、夕方も18時半より
BS日テレにて、映画版の”ハゲタカ”を放送してたんだ。

テレビ版も観てたし
この作品自体も、既に何度か
観てる作品なんだけど、、

後半、1時間を切った頃からか
何となく、今まで思ったこともない視点から
自身の記憶を辿ってみてしまった。。。

玉山鉄二氏が扮する
中国系ファンドCEOな役があるのだが
その役回りと言うか、その役に対するエピソード?

劇中での玉山氏
幼少時代に、地元の農道を疾走する
真っ赤な”日本製スポーツカー”に遭遇し
以来、夢の一端として、心に刻まれる。。的な

このエピソードを
”クルマ好き”として、これまで過ごして来た自分に
置き換えてみた時、自身にとっての”出発点”は何だったのか…

僕は、その年代的に
”スーパーカーブーム”も過ぎたような
”名残”世代である。。にも拘らず
何故か幼少時から、僕の元には
”スーパーカーカード”や”消しゴム”など
ゴロゴロと存在してた。

勿論これらは
両親が、良かれと思って買って来てくれた
そう言った経緯の元での”存在”だったのだと
思うのも、想像に容易い訳だが…


”ハゲタカ”を観てて
彼(玉鉄)は遭遇して目に焼き付けた。
だが僕は、自身の目で見るよりも前に
”カウンタック”に恋い焦がれ、強い憧れを抱いてた。

現在でもそうだが
不思議と”カウンタック”に関しては
街なかで遭遇する事が、年に一回でも
あるかどうかって言う程の、レア車である。

(いや、ムルシエラゴ以降はよく見る)笑

発表から40年も経ってるだけに
ミウラなどと同様に、その年式的な
絶対的生息率や、稼働率の問題も
現在に関しては、あるかと思う。

かと言って
僕が小学生高学年くらいの頃。

ざっくり30年ほど前に
頻繁に”カウンタック”に遭遇出来たのかと言うと
当然にして、、、出来たクルマではない。

”スーパーカーカード”には
他にもテスタロッサやパンテーラ
Dinoやイオタ(SVJ)などもあった中
幼き自分に響いたのは”カウンタック”だったのか?

いや、決してそれが
”間違い”では無いのは、一般論で言われる
”カウンタック”への評価、羨望度、インパクトで
既に証明はされてるかと思う。。

小学生や中学生じゃ
満足に本屋にも足を運ぶ訳でもなく
運んでたとしても、クルマな雑誌なんて
畏れ多さからか、手に取ってた記憶がない。

勿論、現在のように
自宅に居てて、ネットで直ぐに見れるとか
どうひっくり返っても無かった時代。

現在でも自分の中では
”Countach”と言うクルマは”特別”な位置にあり
”諦めた”とは言いつつも、機会があれば
やはり手にしたい一台ではある。。

今からこうして考えてみると
ほんの一瞬でも、目の前で現車を見た訳でもないのに
こうして、30年余も同じクルマを追い掛けてるって、、、

”Countach”と言うクルマが
どれ程までに”インパクト”が強かったのかを物語る。。

社会人となって以降
自身の取る行動などの恩恵もあったのか
イベントなども含め、現車を拝見する事も出来
時には体験試乗(助手席)な機会に恵まれた事もあった。

若い頃に比べれば
必要以上に”冷めてる”自分も居て
自分の事ながら、妙に寂しく思う事もある。

けどやっぱり
そんな”冷めて”は居ても
何かしらと、クルマな情報獲得は
欠かさない自分が居る事に、、”やっぱり好きなんだ。。”

なんて、思う事もある。

”スーパーカーブーム”の”名残”世代だけど
こう考えてみれば、多分僕の”クルマ好き”としてのルーツは
両親が買い与えてくれてた”スーパーカーカード”だったのかも。

同世代(同級生)でも、
”クルマ好き”括りで、話しが合う友達ってのは
温度差だけが目立って、ほぼ孤立状態だったひとだ。。

そう考えると、
リアルでも媒体でも、幼少時の記憶ってのは…



もの凄い影響力なんだな、、と思ったりする。。。



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/1213-13f6a234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。