07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

最近極度の”自分で作業”。。

   IMG_1951.jpg

先頃、我が家に来てくれた
グリーンヴェスパな”P125X”なんだけど
一応これ、まだ暫くは、ナンバー登録を控え
暫しのメンテ期間を置くつもりで居るのである。

と、言うのも
現状で、動き、走らせるには
なんの支障もない状態なのだけど
実のところ、割と”要”的な、ハンドルロック及び
レッグシールド部に装備のグローブボックスのロック
ほいでもって、シートのロックと、メインキー以外
全てのキーが無い状態で、共にロックが掛けられない状態。

”ハンドルロックのキー”と
お話を伺った際、先ずは我が家”スワン”の
ハンドルロック交換時の作業を思い出し
その時点では、同じ機構だと踏んで

”フロント抜かなきゃいかんのか…”

なんて
ちょいとゲンナリもしてみたところ
譲ってくれたお店の方曰く

”鍵屋さんで起こしてくれるよ♪”

との、心強き
頼もしいお言葉も頂いた。

とは言え取り敢えずは
ハンドルロックの交換方法など
ネットで検索してみるも、やはりこれ
盗難上の問題もあって、細かく開示してくれてる
そんな記事、書き込みはなかなか出てこない。

が、しかし
探ってて気付いたのは
キーシリンダーの交換に際し
誰もフロントを抜いて無いって言う事。。

そこで
日頃から、部品を調達させて頂く
国内でのパーツショップさんのサイトを見たところ
どうやら”スワン”などとのハンドルロックとは
その仕様が違うようなのである。。。

そこで、
該当するであろう”キーシリンダー”も発見し
その内容を確認してみると、、、

ありがたい事に
ハンドルロックを始め
グローブボックス、シートのロックまで
全てが同じキーで統一出来ると書いてある。

そこで思ったのは
鍵屋さんで、起こして頂くのも無しではないが
キーシリンダーを変更することで、キーの統一化もでき
より確実に、動作させることが出来るのなら
その方が、気分的にも気持ちが良い。。と

そんな訳で
これは”キーシリンダーの交換”を前提に
ハンドルロックの交換方法等を調べつつ
部品自体の、主要部分のサイズなどの把握。

同型で、2種のサイズが存在してる為
我が家の”ぐりP”の、ロックカバーも何とか外し
顔を出したキーシリンダーの該当部分サイズを計測。

そう、グローブボックスもシートも
ロックの掛かる部位は、他にもあるも
何よりも重要な部分なのは、ハンドルロックである。

作業としても
開閉が可能であるグローブボックス、及びシートでは
キーシリンダーの交換自体は、大変に容易になる。

さて、、
ハンドルロックカバーが外れた際に
内心”このまま外れるかな??”なんて
ちょいと期待もしちゃったんだけど
やはり、一部の方が書いてる通り
既存の”キーシリンダー”に、手を入れなくては
どうやらこの子は、抜けて来ないらしい。。

取り敢えず
該当するキーシリンダーの
詳細を把握した上で、追いおい発注を掛け
手元に来るのと合わせて、交換作業に取り掛かろうと
現時点でプランを練ってみてたりする。。。


てか、こうした流れ
今よくよく、改めて考えてみると
”スワン”でも勿論そうだったように、これまで弄ってた
”ドリ子”も気が付いたら、大概が自らの作業で事を進めて来てる。

しかも、こと”ドリ子”に関して言えば
市販アイテムも入手、投入もしては居るが
それら主要部品以外の部分では、何気に素人ながら
アルミ板等を切って曲げて、市販品に似通った物を製作し
”ドリ子”に装着してたりする。。お陰で限りなく”オリジナル”だ。

”スワン”でもそうだったように
こと”ヴェスパ”に関して言うなれば
当地長野、所謂”地元エリア”には、取り扱い店がなく
かと言って、そこいらのバイク屋に駆け込んで
対応して貰える代物ではない。。ことから

極力、自分で出来る事は
自らの手で”頑張って理解して行こう”と
そう行った方向に、気持ちを向ける様になってるのだ。

だからこそ今回も
今後のトラブル(キー紛失など)の対応策にと
自身で経験、覚えておくのに損はなし、、な感じから

キーシリンダーの交換を、選択してみた。。。

取り敢えずまだ
実際に作業に入る前にと
ネットを使い、極力確実的な作業方を
探し当てて、実行に移せればと、考えている。

正直この、”スワン”から始まり
これまでの”ドリ子”カスタムに於いても
自らが苦労し、作業をする事によって
相手(スワン)は、何かしら答えを出すし
相手(ドリ子)は、より自分の理想の形に近づいてく。。

特に”ドリ子”
既製品を腐るほど使ってやっても
どっか探せば、似た”Dream50”に遭遇しそうである。

カスタムした先が
(全国区の)どっかの誰かと同じ仕様って、、何か嫌じゃん??



”無いものは作れ”。。”Ducati”から教わった事だ。。。(笑)



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

こんばんは。いつも楽しく読ませてもらっています。
もうお探し済みかもしれませんが
こんな方法はいかがでしょうじか?
http://www.geocities.jp/fu_ru_ta2345/vespa.diary07.htm
ビンテージシリーズはこれでいけました。

URL | イガラッペ #-
2015/03/16 23:10 * edit *

> イガラッペさん
 コメント頂き、ありがとう御座います。
 やはり、この方法しかないのですね??
 行き当たる対処法、みんなコレでした(笑)

 が、此方の記事は、お初見でしたので
 併せて参考にもさせて頂きます♪

URL | かんぱに #yUrep2f2
2015/03/17 22:21 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/1215-5d07c1e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。