05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

30年振りのヤツら。。

   tumblr_inline_nmy5giqAgY1t29pxn_500.jpg
    公式より、画像拝借(&加工)。。。公式サイト → ここ

僕も含めて
多くのチンク乗りさんが
乗り出すまでに、影響されてるかと思う
そんな、愛すべき”ヤツら”が、どうやら帰ってくる。

これまでも
年に一回のTVスペシャルなどは
毎年継続的に制作されていたが
今回の流れでは、しっかりテレビシリーズ。

舞台はイタリア
嘗ての愛車”Fiat500”を再び駆り
素敵なイタリアの街並みを走り回る。。?

先ずは、
公開されたPVをば。。

   

個人的な意見では
まぁやはりCG的な要素は否めないのだけど
思いの外、キャラも人懐っこ過ぎずな感じで
且つ、それなりに”スピード感”もありそな雰囲気。

CGをうまく生かす
”現代的”な映像の表現が、、、出来てる?(いや、ぼく素人ですが)

今回は”イタリア”が舞台と言う事で
当初の予定では”イタリアでのみの放送”だった気がするけど
やはり日本の作品、それなりにブーイングもあった訳で
そんな流れもあり、日本国内でのシリーズも決定されたのか?

チンク乗りとして
細かい部分をチェックしちゃうと
今回公開された”チンク”なエンブレムを見ると
そこには”サソリ”らしきエンブレムが装備されてる。

”サソリ”と言えば
言わずと知れた”アバルト(Abarth)”であるが
このエンブレムを装着となると、そもそもが
”高性能バージョン”として位置付けられてるだけに
劇中、どのような”仕様”に仕上げられても
常に”Abarth”がベースに来ちゃう印象。。。

いや、普通の”FIAT”エンブレムで
より自由度もあって、良かった気がするんだけど…

多くが影響された
”カリ城”で登場したチンクもまた
そのエンジンは、大幅にカスタマイズ(変更)された
そんな個体であるも、その許容は”ルパンのセンス”で解釈でき
特定の”チューナー仕様”では無いと考えられる良さがある。

まぁ、もしかしたら
イヤラシイ話し、ルパンに便乗しての
”マーケティング”の一環てのも、無くはないのかもだけど…

はてさて
こう言った考え方は、、考え過ぎか? 素直に楽しめ??



まぁ、、取り敢えずは。。。楽しみですよ♪ (*^. ^*)



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/1254-af57b62f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top