07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

浅間から世界へ、、

   IMG3454.jpg

ホンダにとって
やはり”浅間”と言う地は特別なのか??

昨年の”浅間ヒルクライム”では
”公道封鎖”が可能となった事もあってか
まさにサプライズ的に、前年仕様のmotoGP車輌

”RC213V”を持ち込み
会場となる”チェリーパークライン”での
”デモンストレーションラン”を披露してくれた。

開催前より
早い段階で”RC213V”の参加表明は
されていたのだけど、車輌が車輌だけに
やはり、駐車場などのクローズドエリアでの
ジムカーナ的な走りで終わるのかと、、も、考えていた。

しかし、そんな我々の思いをよそに
HONDA/HRCは、やってくれたのである。

しっかり、
チェリーパークラインを
疾走して来てくれたのである。。これは嬉しいサプライズ。


そんな昨年の想いを胸に
今年の”浅間ヒルクライム”でのエントリーリストでは
”HONDA/HRC”の文字は無く、その他貴重な
普段我々が観る事もない車輌が、多数見受けられ
それらがいわゆる”目玉”的位置付けと踏んで居たのである。

そんな風に考えながらも
昨夜、仕事をしながら僕は考えても居た。

タイミング的にも
ずっと沈黙を守ってる”RC213V-s”を
サプライズ的に、走らせてくれないかな。。と

勝手な思惑の元
無駄に妄想もしだし(@仕事中)
ただただ勝手ながら

”HRCのブースが出てれば、可能性はあるかも。。”

なんて
要らぬ希望を持ってたりもした。

そんな今日だ。
いざ、午前の”ヒルクライム”開始時
解説陣から気になる発言があった。

”今日は2輪で、サプライズがあるようですよ!!”

こんな発言を受けては
嫌が応にも、期待はしちゃう訳だよね。

そして、そのサプライズは
当然ながら、どのタイミングで出走するのか
順番も明かされず、寧ろ他の出走順もバラバラ状態。。

そんな中
その時はやって来たのである。

解説でもアナウンスされ
そのサプライズは、、

発表後、多くの写真、画像などは
公開されてるも、未だ”走行シーン”は
何処でも公開されてない。。

そう”RC213V-s”である。

まさに
文字通りの”世界初走行”との事。

昨年のmotoGP車輌”RC213V”での
一般公道走行もまた、限りなく貴重な走行、
そして今年は、そのロードバージョンである
”RC213V-s"の”世界初走行”を敢行。。 → 参考

そうは言っても
まだまだ立ち上がったばかりとも言える
この”浅間ヒルクライム”と言うイベント。

そんなまだ
立ち上げ間もないイベントに
言わば”全世界が注目する”ことを
サプライズとは言え、持って来てくれる。

昨年も、今年も
僕は”ホンダの心意気”として銘打ってたも
これはもしかしたら、僕らが考えてる以上に
ホンダにとって”浅間”と言う地は、大変に
特別な地なのではないかと、思ってみた自分も居た。。

よく”浅間が日本のモータースポーツの起源”と耳にする。

そして、ある意味では
そんな云われの一端から”もう一度浅間から”を合言葉に
今回のこの”浅間ヒルクライム”は立ち上がったように記憶している。

日本では難しいとされている
”ヒルクライム”と言うモーターイベントだけに
少しでも多くの方々に認知され、足を運んで頂き
より大きく、世界にも知れ渡るような、そんな
”浅間ヒルクライム”と、なって貰えるよう、僕らもまた
直接の関係者では無いまでも、微力ながら協力させて頂こうと思う。

いずれ、世界にも誇れる
”浅間ヒルクライム”と、成長出来るように。。。



そんな想いの中、本当に、、”ホンダ”さんには、感謝である。



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/1290-d36dc864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。