07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

価値観、ぃや。。価値観か…

   IMG2221.jpg

何度でも言っているように
僕にとっての”チンクェチェント”は
これまでの人生で、最大の”衝動買い”である。

購入した”二十歳”当時
お恥ずかしいながら僕は
"Fiat500”と言うクルマの存在すら
知らない”バカチン”でした。

僕とチンクの出会いってのは
正に”ルパン三世 カリオストロの城”だったのである。

マーチがあるにも関わらず
そんな”カリ城”が発端で
無謀にも”チンク”を買い増した訳で
結果的にもう、若干”二十歳”にして。。。二台持ちとか…

いや、何で今日
唐突に、こんな事を書き出してるのかって言うと
今日、職場の同僚に言われたんですわ…

”どんな切っ掛けで、Fiatに乗り出したの?”

こんな問い掛けに対し
この同僚に限らず、僕は問うて来た相手全てに

”人生最大の衝動買いです!!”

って、自信を持って、お答えしてる。
そしてまた、、”どうしてずっと乗ってるの?”とも…

まぁ、平たく言えば
”他のクルマには買い替えないのか?”てな感じの
そんなニュアンスの質問事項である。。

衝動買いで買ったクルマだからね
正直言って、元々は、思い入れも何も無かったと思う。

と言うか
そんな”思い入れ”が生まれて来なかったのは
今から考えてみると、物の見事に”複数台所有”の時期だ。

いじり倒しつつも
割と普通に動き回れる”国産勢”を
自損だのなんだので失った後
僕の手元に残ったのは、、”イタリア娘”だけだった。

こうなった事で
基本”チンク”と”一対一”な付き合いとなり
それ相応に、手を掛けられるようにもなったんだ。。

だから、正直言って
”チンク”との本当の付き合いが始まったのは
購入してから、5年程経過した後からである。

そう、この時点で4輪に関しては
”チンク一本化”として気持ちを切り替えてた。

そうじゃなきゃ
ノーマルボディからのボディ架装とか、、、出来ません。

結果として
ある種一般論化してる”壊れる”を繰り返し
共に自分も学習し、手を掛けていく事で
当然のように”愛着”も湧いてくる。。。

そこに輪を掛けて
ここ10年余の”姫ちゃん”は
どうした事か、全くもって普通に
なんら壊れる事なく、普通に使えてる。

勿論、定期交換部品は除くが…

デカイ事故もして
治すか治すまいかを、思い悩んだ事もあったが
結果として、手放す個体では無いし、何にしても
手元に残すのであれば、、、

”そりゃ、治すでしょう!!”

事故からの復帰は
やはりそんな”想い”もあったのだが
実はこれ、治す最大の理由って言うのは…

”僕ひとりの、気持ちだけでは降りられない。。”

これがそう
”姫ちゃん”を復帰、復活させた
最大の理由だったのである。。。

長い事乗ってきた分(事故当時15年目)
それ相応に手を入れてきた分(購入7年目で化けた)
このクルマに、携わって来てくれた方、業者さんも多く
更には勿論、この”姫ちゃん”を通じて知り合って来た
多くの仲間がやっぱ居たから。。。

そんな、皆さんの”想い”を考えると
やはりもう、僕の一存では、降りれなくなってた。。

今日、問うて来た同僚もまた
15年余りか、乗り続けてきたクルマを
今回、諸事情から買い換えざるを得なくなった。

お互いに
乗ってるクルマの年代も違うからか
また微妙に、ニュアンスも異なってくるし
情の掛かり具合も、まるで違うと思う。

だって、
僕らが乗ってるクルマは
近代車からすれば、確実に具合悪いし
一般的な”快適”とは程遠い位置が、、快適ポイントだ。

だからこそ
五感をフルに使いながら
音、匂い、感覚など、いつも感じてる。

近代車の思いをすれば
普通に走らせてるだけでも
気に掛かる部分は、もう山のようにある。

スピードも出ないし
音も到底、静かとは言えないし
ボディの剛性だって、不安な部分が多い…

だけど、、
この感覚って、乗らなきゃ解らない。

多分、乗っても解らない人は
そういった類のクルマが”合わない”ひと

2輪/4輪を通じて…
僕にとっての、初めての”旧車”ってのが
正にこの”Fiat500”だった訳で、当然に
”旧車”に乗り出す上での”いろは”なんかも
まるで持ち合わせて居ないままに、乗り出したクルマ。

よく、、僕をここまで、育ててくれたな。。。

チンクに乗り出してたからこそ
ベベルドカだって、12年余りか
どうにか乗ってたし、29歳で引き継いだ
親父のハコスカだって、何の抵抗もなく乗り出せた。。

ヴェスパも、また然り。。。

これら”旧車”な付き合い方は
衝動買いした”チンク”との付き合いがあったから。



そりゃぁ。。手放す理由など、ある筈もない…



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/1315-decad33d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。