10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

こうして独自の道を行く??

   IMG4396.jpg

”ぐりP”導入当時より
微妙に気にしつつも、どうもこう
これと言って、大幅に”効果的”になる
そう言ったユニットが無かった為に
何となく、レンズも普通に生きてるし
不足なく機能してるのもあって、正直

”どっちでもイイか…”

的な感じにもなり、
ここ最近では”リアキャリア”を付けたのもあってか
余り気にならなかったりで、ほんと全然、
気にも留めてなかったんだけど。。。

そんな今日
夜勤明け、朝7時から眠りに就き
起床したのは10時半か、、

この、目覚めと同時に
何故か頭の中に降って来た
とある”テールランプ”プラン。

僕の手元には
昨年”ベベルドカ”を手放した事により
後から装着した各パーツ系を、殆ど外し
手元に保管して居るのであるが、その中に
いわゆる”750SS”タイプとなる”CEV製の
”テールユニット”があり、このユニットを使用し

”ぐりP”に流用出来ないか。。。?

的な発想が
寝起き一番で、頭に降って来たのである。

そこで、文字通りの思い付きだけに
取り敢えず、現物を”ぐりP”のテール位置に宛て
装着イメージをと、様子を見てみると…

冗談じゃなく、ほんとにイケそう♪

そこで早速”ぐりP”のテールユニットを外し
”CEV”テールを宛てがい、穴あけ位置を確認。

配線系は、穴位置も含めて
そのまま利用可能な為、穴開けしたのは
ユニット(ベース)固定用の4箇所のみ。

仮にも、純正テールに戻す際にも
これら穴は、隠れてしまうので
そう見た目的にも、大きな問題はない。

と、そんな訳で
先ずは純正テールでの装着状態。。

   IMG4399.jpg
    ナンバーベースなど追加していたが、総じて良好。。

こうして見ても
やはり、リアキャリアを装着し
ある種の”ロングテール化”を図ってる為
思いの外、テールユニットには目が行かない。

さて、では続いて
”CEV”テールを装着した状態が…

   IMG4415.jpg
    試運転ついでの撮影で、照らしが解りづらい…

テールユニット自体が
ナンバーベースと一体となってる為
純正時に使用してた、樹脂製ナンバーベースは
これにてお役御免となる。。。

上でも触れた”擬似ロングテール化”の為
やはり総じて、テールユニットが際立って
目立つ訳では無いのだけど…

これ、思ってた以上に
”シュッ”と純正の如く装着を完了。。

装着状態もまた
何も引かず、何も足さずで
ベベルに装着してた、そのままの状態にて
”ぐりP”に移植してる為、もし今後街なかで
ちょいと、ベベルな知識のある方なんぞには
この”ぐりP”に付いてるテール一式で

”んんん!???”

なんて、
思わせてしまうかもである。。(笑)

僕が”ぐりP”に乗るようになり
やはり自分好みな、方向付けで手を入れてみると
他の”P/PX”系とは、カブらない方向になる??

ある意味で”独創的”な”ぐりP”に
どれだけ僕は、他人とカブるのが嫌いなのか… が



よぉ〜く解る、そんな一台になってるかも。。。 ^^;)



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/1338-4c07e95e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。