07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

”ぐりP”のオイル。。

   IMG4555.jpg

ネットで調べてみると
”ぐりP”(P125X)の燃料タンクは
その容量が、フルタンク8L弱とのこと(7.8Lくらい)

で、給油の目安にもなる
リザーブ(予備タンク)の容量ってのが
どうやら2Lくらいとのことだ。。。

そんなデータを元に
僕はこれまで、リザーブに突入し
更に暫く(20km程度)を走行した頃合で
6L給油をしようと、毎度まいど
混合用のオイルってのを、6Lの2%分を
ガラスの小瓶へと入れ、給油時は当然
6L指定で、ほぼ満タンとなるように仕向けてきた。。

さて、昨日もまた
同じように、コックはリザーブへとなり
そこから更に20km弱を走行、そのうえで
セルフのスタンドにて、やはり6L指定で給油。。。

辛うじて
6Lを給油完了するも
サイドスタンドで傾いてる”ぐりP”は
この状態では、混合用のオイルを、投入することが出来ない。

な、訳で
燃料をタンクから零さないように
ほぼ水平にし、どうにか出来た隙間に
混合用のオイルを投入。。。完了だ♪

これで、
この水平を保った状態で
タンクのキャップを閉めて

”ひと安心だ♪”

なんて思いつつ
サイドスタンドを機能させたところ
そんな、閉めた筈のタンクの蓋から
”トクトクトクトク”と、まるで湧き水の如く
燃料が溢れ出てくるではないの!!

どうした事かと
更にキツく締め込むも
そんな事はお構いなしに溢れてくる♪

”まぁ。。出て来るものは仕方ない”

と、流れ出るその燃料を前に
ジッとその光景を見ていたところ
これはどうも、締め込みが甘いんじゃなくて
蓋そのものに装備されてる”ガス抜き”の穴を介し
余分な燃料を、吸い出してる感じだ。。

この時、改めて思ったよ

燃料が入るからって
面白がって、ギリギリまで入れても
こうやってまた、余分なものは廃棄されるんだ。。。って

結構流れ出ちゃったよ?(多分250ccくらい)

そこで今回は、
ちょいと改心して、持ち歩くオイル量を
”6Lの2%”から”5Lの2%”分量へと変更。

即ち
給油時には、これまでの6L指定から
5L指定へと容量を減らし、名目上の”満タン”でも
タンク上部に隙間が出来るようにと、意識変更。。

いや、、今更かい?? ^^;)

こうする事で
当然に、タンクの余裕も生まれるから
ある意味では、リザーブになった時点で
”5L+2%”の給油をしても、キャップに吸い出されるほど
ギリギリの量にはならないのではと、考えてみる。。。



今まではこれ、ある種の”貧乏性”だったんなぁぁ、、 ^^;)



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/1347-cb13c7e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。