08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

そして部品交換多数。。。

   IMG4703.jpg

さて、、いや決して
意図した訳ではないのだが
昨日に引き続きの”ぐりP”のネタである。。 ^^;)

日中はずっと
この”ぐりP”にて走り回り
映画を観たりと、微妙にこれ
休日らしい過ごし方? をしてたも
午後も自宅へ、帰宅を果たしたのは
15時前と、何だか微妙に早い時間。。

そんなのもあって
先だって頼んで、既に手元に届いてた
”ぐりP”に纏わるパーツ群の交換に入った。

先ずはグリップだが
基本的には、何かしらの手袋(グローブ)を
装備して乗り出す事が多いのだが、時には
チョットした乗り出しなど、素手で乗り出して
しまう事、そう少なくはない。。

そんな時に
この純正の黒いグリップってのは…

   IMG4693.jpg
    凹凸が大きくて、微妙に痛い。。

しかもこのグリップ
バーエンド付近を触ると、微妙に余ってる感じで
何かこう、気分的にしっくりしなかったんだ。

そこで今回
取り寄せたのは、ロゴも旧タイプ
細かい”網目”仕様な、グレーのグリップをチョイス。

   IMG4696.jpg
    ある意味で”差し色”的要素も考慮。

で、今回のグレーグリップ
写真を見ても解るように
これまで装備の、純正黒グリップより
15mmほど短くなってるのが解る。

これもやはり
敢えての短めグリップだ。

オーダーショップさんも
ちゃんとグリップの差込みサイズなど
記載してくれてるから、なかなかに目安となる。

さて、ごく普通に
ただ差し込んだだけでは
やはり純正比”-15mm”長が顕著に現れ
物の見事に、グリップつば側には
その不足分の15mm程度の隙間が登場する。

が、しかし
相手はゴムだ、気合入れれば伸びるだら??

そんな訳で
エンド部が突き当たってから
グリップを更に伸ばすようにし
どうにか隙間も埋まる。。

   IMG4698.jpg
    やってみれば、埋まるもんです♪(笑)

で、左右ともに
なんら苦労する事もなく
余りにもさっくりと作業も終了。

引き続き、
キャブレターへのエアダクト(ホース)が
車体及びキャブ側の縁が、裂けており
装着状態でも、思いの外目に触れる部分だったので
今回、併せてオーダーしたのだ。

裂けたダクトを
外すのはそう、造作もない事だが
いざ、新品ダクトを嵌めるとなると
思いの外、車体側もキャブ側も
上手く嵌めるのも、少々難儀である。。

格闘する事10分ほどか
どうにか、ダクトも装着出来ての
見た目もスッキリである♪

   IMG4700.jpg
    部品が出るのは有難いよね♪

さて、こうして順調に
2箇所のパーツの変更を完了し
残すは最後のヘッドライトバルブである。

取り敢えずは
ポジションとHiビームのみは
これまでも機能していたも、
個人的に使用品度の高い
Lowビームが、ひと月ほど前に断線。

オーダーするのに時間掛かったのは
面倒(笑)だったのと、取り敢えずは
Hiビームが生きてたから、、と言う感じ。。

まぁ、交換作業自体も
やはりヘッドライトケースを
外さねばならなかったりで、ちょいと
面倒い要素が、散りばめられてる。

バルブを外してみれば
見事にLow側断線で、電球自体も
切れた拍子の煤で、黒くもなってる。。

   IMG4702.jpg
    今回は、バルブの形も違う。

今回、交換用バルブに選んだのは
何となくの期待を込めて(?)
”キセノンガス封入タイプ”と言うものを
選んでみたのだけど、、、少しは明るいのか??

こればかりは
夜中に走ってみないと
その効果は解りかねるですな。。



何にせよ、一応の合法仕様が復活である♪ (*^^*)



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/1359-740ff1b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top