09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

それはある種の予防線。。

   IMG5809.jpg

今でこそ
チンクやハコスカを転がし
半世紀も前のヴェスパもいじり
手元にある趣味的範囲の乗り物で
一番の高年式車は、2002年と13年落ちのドカ。。

こうなってくると
周りからは”旧車好き”と見られても仕方ない。

確かに、、好んで得ている部分はある。

が、しかし
もう何度でも言っているように
だからと言って、僕は最新を否定するつもりも無い。

HV然り、EV然り。。
それらはそれで、成し得る仕事が存在する。


僕はもともと
スーパーカーなカテゴリーが好きで
特にそれは”Lamborghini”が大好きだった。

そんな中、その対極に来るような
”Ferrari”は、頑として”嫌い”を貫いていた。。。が

いつからか
その明確だった”境目”が
もの凄く”曖昧”になり、ボヤボヤに…

昔は有無を言わさず
”あのブランドは嫌い””こっちなら許す”と
非常に両極端な、判断基準を設けて居たのだけど
それが今となっては、新旧を問わず

”好きなものは好き、嫌いなものは嫌い。”

こう、判断するようになった。
これは、最初にも触れてる”旧車乗り云々”てのにも
ほんのチョコっと、反映はされてて
今のこの時代、現行新型車が余りに期待外れな
そんな立ち位置でデビューしたとしても
文句を含め、自身の感想を持ったあとには
周囲の意見に逆らうように、擁護する姿勢をとる。。

別に、
それは僕自身が”購入するから”ではなく
何だかんだ言って”今の時代に合ってるだろうから”。。。

とは言え
未だに、頑としてメーカーに言いたいのは

”軽自動車にはATは不必要”という事。

安易に
"ATじゃなきゃ売れ無いから”って理由で
非力な軽自動車にまでATを載せ、MTをやめる。。

当然、AT限定免許も撤廃で
MTしか無い軽自動車で、運転の”いろは”を
クルマから学ぶべきである。。。

ATで楽したいんだったら
そんなステップを踏んでから
リッターでも、ミドルでも、ハイソでも
好きなだけ銭出して、好きなクルマに乗ればいい。

別にATだって否定はしない。

ただ、僕が思うのは
非力なクルマには、ATは載せるべきでは無い。。

踏んでも山を登らないクルマも
それがMTだったら、どうにでもカバー出来るが
ATじゃ、ただただストレスが溜まって行くだけだ。。。

昔は、MT推進派だった僕も
今となっては、こうやってATも否定はしない

と言うのも、現在では
その年齢が影響してるのか
まるで、無茶な運転はしなくなったし
過度な速度域でも走らなくなった。

昔は苦じゃなかったマニュアルの操作が
時として、ちょいと億劫に感じるようなってきた。。

実用車として欲しいクルマは、多分AT(セミAT含む)を選ぶ。

これは勿論
贅沢だとは思うが”増車”としての選択だ。

現在乗っている
チンクやハコスカを、手放す事は考えられない。

逆に言えば、だからこその”実用車はAT”なのかも。。

そこそこ快適に、長距離を移動したいし
その長距離も、ある程度の安心感は得ていたい
そしてやっぱり”楽をしたい”。。。

今現在、自分が乗ってるクルマからは
その物言いが、ある種”真逆”となってる気もするけど
これは僕なりの、旧モデルに乗ってる自分が、感じ欲してる事。。

こうして書いてみると
非常に理解し難い文面になってるけど(纏まってないし)
単純に言ってしまえば、、、

発表、発売時に
鬼の首とったかのように大批判しても
後に、何かの拍子で”スゲー気になる存在”に
もしくは”案外いいクルマじゃん”て、感じる時が来る。

そう、後の評価をした際に
周囲から”おまえ批判してたじゃん!!”て
突っつかれないように、現行の良さは、素直に評価する。



この”曖昧さ”案外に、色んな所で応用されてる。。



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/1433-9384feb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。