07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

じわりと気分高揚。。♪

   IMG6420.jpg

当日出発か
恒例の前日出発かを悩んでた挙句
結局のところ、時間は掛かれど
のんびり行動出来る、前日出発を選択。

夜通し運転となる為
出発前に、幾らかでも寝ておこうと
考えていたも、結局は全く寝ず。。。の出発(笑)

”NISMO FESTIVAL at FSW 2015”

そもそも
”行くか行かぬか”と言う部分から
悩んでただけに、今回は特に
”コレ”って言うような、目星い狙いは無く
強いて言えば、事前情報から知った
R382〜R35 GT1に至るまでの、主要車輌数台が
当時のドライバーさんのドライブにて、走ると言うことで
そこいらに照準を合わせたくらいか。。。

位置付け的にはやはり
一年の締めくくり的イベントな意味合いを持たせての遠征。

自宅を出発したのは
まだ日付が変わる前な23時半を過ぎた頃で
使用車種は、ある種の快適車として、10年落ちライフ。

幸い、出発時点で
ほぼ燃料は満タンとなってて
給油の手間も省けた為、下道行動だし
気分的に”無給油往復”を心掛けての
気持ち”お遊び的”ドライブで始まった。

にも関わらず
最初の峠道を登り切った所で
既にメーターの1/5を失う。。(笑)

常時エアコンはオフで
如何にアクセルを踏まずに
速度を維持、先へ進められるかを
ずっと考えながら、微妙に楽しみながら運転。

そのお陰もあり
車輌計算による概算燃費も
街乗りで17km/L前後の所が
最大で21.2km/Lまでを記録し
尚且つ、夜間走行とは言え
目的地でもある”富士スピードウェイ”へも
凡その予定を、僅かだが上回る早朝4時前に到着。

黙ってても
片道200キロ越えなんで
自分の中では、目的地に限らず
大体を6時間計算で、いつも移動している。

   IMG6415.jpg
    で、到着時点でこの数字だ。。

このニスモフェスでは
毎回のゲートオープンが、朝5時であり
それまでは、押し競饅頭でのオープン待ち。

今回僕も、到着が4時前だった為
寝るに寝られず、先ずはゲートが開き
駐車場に入り込むまでは、何かしらと時間を潰す。。

ゲートは予定通りに開いたも
その入場待ち台数の影響もあり
僕がゲートを潜ったのは5時半近くだ。

とは言え
とっとと駐車場へ入り込み
iPhoneを暫し充電の後、アラームセット
今回はちゃんと、仮眠へと突入した。。

アラームはセットしたも
定説ながら、5分ほど前には目覚め
外の気温は如何なもんかと、出てみた所…

   IMG6424.jpg
    ドピーカン!!(やはり寒いが、、)

時間にして7時半
今回、この時間まで仮眠したのも
昨年の経験から、早くに行動した所で
会場に入り込めるのが、結局8時なのである。

以前のように
”限定品が欲しい”とかが無かったもんで
今回は、朝一に到着したも、ごく当たり前に
好きなように、好きな場所を回って楽しもうと。。♪

さて、そんな心持の中
取り敢えず、会場オープンと同時くらいに
会場内には入り込み、パドックエリアへ
ふらふらと入り込んだら。。。

   IMG6432.jpg
    ”Cカー”ずらり♪

現行で、頑張ってくれてるのも嬉しいのだが
個人的には、やはり”熱く”熱中してたこの
80年代〜90年代の車輌をメインに、足を止めてしまう。

   IMG6498.jpg
    ”Cカー”越しの永遠のアイドル♪

なかなかに
同じ場に存在する事が
こう言ったイベント以外
あり得ないような、こんなショットも
やはりこの、歴代マシンの中でも
”花形モデル”を抱える、ニッサンならでなのかも?

無駄にテンション上がるよね♪

そんな感じで
R381からR390GT1、R391のル・マンカー
Z33、R32,33,34、そして35と
各時代を支えてきたGT500/300で活躍した各モデルたち。。

   IMG6465.jpg
    MOTUL AUTEC GT-R 2連覇おめでとう!!

別エリアにも置かれてた
サニーやハコスカなど、ヒストリックレーサーもまた
やんちゃに、元気いっぱいに、絶賛調整待機中。。

   IMG6454.jpg
    この時代の”サウンド”は、また格別やね♪

そんなパドックでの
展示各車を、ひと通り見た後
ピット裏、屋外エリアに多く設けられてる
チーム含め、多数各社のブースを物色。。

そして見つけた。

昨年、その価格につられ
思わず購入してしまった使用済みGT500ホイール。

   IMG6459.jpg
    Team Kondo Racing 相変わらず穴場です!!

ニスモガレージセールとは裏腹に
朝一番から、この価格で同等のホイールを買える。

使用目的としては
僕もそうだけど、ガラス乗せてのガレージテーブル等
このリム幅を生かした使い方がメインだと思うけど
マニアグッズ的な位置付けで見ると、そこは
”安いに越した事は無い”のが本音かと思う。。。以後、ご参考に♪

で、さて
お昼を回った頃
歩き回って、ちょい疲れた僕も
適当に調達したお昼をメインスタンドで頂きつつ
朝、絶賛調整中だった、サニーやハコスカなどの
ヒストリックレーサーな模擬レースを観戦。

調度、お昼も食べ終えた頃
お次なプログラムは、本日の個人的メイン♪

総勢9台の
各時代、日産歴代の主要モデルを
当時のドライバーさんにてパレードラン。

そんな走行車輌は

 R382(北野 元)
 SKYLINE Super Silhouette(長谷見昌弘)
 SKYLINE GT-R Gr.A(星野一義)
 NISSAN R91CP(長谷見昌弘)
 NISMO GT-R LM(近藤真彦)
 R390 GT1(星野一義)
 PENNZOIL GT-R(影山正美)
 XANAVI NISMO GT-R(本山 哲)
 NISSAN GT-R FIA-GT1(ミハエル・クルム)

この”HERITAGE RUN”の際
解説されて居たのが、現日産系監督の
柿本邦彦氏だったんだけど、ある種当時の
裏話的コメントがあったりとか、懐かしみとか
妙に”じんわり”来てしまいましたな。。

   IMG6555.jpg
    ちょっとね、感慨深かった。。。

そんな訳で
この”HERITAGE RUN”終了を機に
ニスモのガレージセールへと、もう一度顔を出し
さすがに、昼前よりは一気に減ってたも、
そこに併せて、いい感じに値下げの売り尽くし価格。。

ある意味では
自身にとって想定外だったけど
まぁ、マニアックな貧乏性で
あの大きさでその値段か!。。ってな
その値下げ価格に、使うかも解らん
マニアックアイテムをゲット。。。 良いのか悪いのか… ^^;)

また、ピット裏での
出版社ブースでも”イベント限定”とされる
ちょっと”グッと来た”アイテムをゲットし
イベント終了までは、まだ早いも
駐車場へと向かい、暖機がてらのiPhone充電。。

そう、、"HERITAGE RUN”終了後
うまい具合に、力尽きてくれてました。。。(笑)

な、もんで
この暖機&充電序でにと
帰路に着く事とし、時間にして
15時半を過ぎた頃か、サーキットを後にし
往路と同様、復路もまた、高速は使わず
下道にて、のんびりドライブ。。

日曜の夕方と言うのもあり
いつも混む甲府から韮崎区間までの
"R20”区間を、心配していたも
思いの外、流れてくれてて
順調に清里ライン(R141)へと乗れた。

そして勿論
来る時と同様に、エコ運転を心掛け
無給油で地元まで帰れるようにと
ある意味で”静かに早く?”休む事なく走行。

佐久を過ぎてからは
いつもの浅間サンラインへは乗らず
何となく、気分的にクルマの多い”R18”にて
21時の自宅到着を目指しながら走行。。

そんな訳で
無事に、自身の生活圏
自宅界隈まで、到着できた時点で
燃料計は、行きの逆パターン
全体量の1/5を残し、無事にゴール。

給油前の写真を撮り忘れたけど
総走行距離で254.9km、最終燃費表示で19.3km/L

帰宅前の給油を実施した為
帰宅したのは21時を10分ほど回ってしまったも
概ね想定内、無休憩で来た割には
僕自身の身体にも、目立った疲れも無かった。

そして、
今回の収穫物は。。。

   IMG6570.jpg
    これらアイテム群である。。

パンフレットは兎も角
この金属の塊が正に、想定外に
ニスモのガレージセールで購入した
R35 GT-R GT1のエンジンパーツ”チェーンカバー”である(笑)
(貼り紙解りづらいけど、最終的に2000円になってた)



またひとつ、余計なものを買ってしまった。。。 ^^;)



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/1479-666ca881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。