05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

だいぶ暖かい。。

   IMG7205.jpg

ここ所
寒くなったり、暖かくなったりと
日々、その気温の上がり方に
差が生じてはいるものの、体感的には
やはり総じて。。。春を感じる。

寒いけど
真冬のような寒さでは無い。

我が家での
冬場の熱源、暖をとる手段としては
最早もう、彼此20年近くか、薪ストーブ中心だ。
(因みにコタツも、豆炭コタツである。。)

色々と手は掛かる反面
この時代にして、リアルに感じられる
そのスローライフ具合。。

時折ネタとして書いてもいる
煙突&ストーブメンテなんかも
最低限の作業でも、ざっくり半日は消費する。

時間を消費する反面
実際に作業をしていると。。割と気持ち良い♪(笑)

と、まぁ
そんな薪ストーブ関連での
より身近な”スローライフ”度合いと言えば
やはりこの、燃料と言える”薪”の準備である。

”薪”を自宅近くの畑より
リヤカーに積んで持ってくるのであるが
この役目は大概、僕か親父の役目である(ある種力仕事だし)

そんな今朝も
調度、リヤカーに積んでた分が
終わってしまった為、親父に代わって
今日は僕が”薪”を積んできた。。

先ず、空になったリヤカーを引き
”薪”をストックしてる畑へ、、

   IMG7202.jpg
    うん。。もうじき壁に届くな…

今シーズン
焚き始めな11月末時点では
この写真の、半ば口元までは
これら”薪”もあったのであるが
やはり年数も経ってる干木だからか
燃焼度合いが早いらしく、例年になく
この”薪”の消費量が多いように思う。

このシーズン中
向こうの壁まで、到達出来るのかな??

ちょいと楽しみである。。

   IMG7203.jpg
    リヤカーへは毎回、こんな山盛りに用意。

このリヤカーへの山盛りも
我が家では、持って4日程度である。

勿論、うえでも触れたように
今年は”薪”も、乾燥仕切ってる分、火持ちも悪い
その分に”薪”を投入するもんで、必然的に消費量も増える。

もう既に
2月も下旬に突入であるが
今年は何だか、気温不安定ながらも
春の到来も早いような気もしてたりする。

例年であれば
3月の最終週くらいまでは
ストーブも焚き続けてるのだが
今年は、どうだろな。。

因みに今朝
今しがた(10時半)での庭気温では

   IMG7204.jpg
    3度となっている。

風もなく
お日様の光も注いでると
この時期にしてのプラス気温は
体感上、非常に暖かく感じてたりする。

陽気の進み方では
やはり其れ相応、早めにストーブも
火を落とすと思うのだけど…



気分的には”薪”置き場の、向こうの壁まで届きたい気も… ^^;)



スポンサーサイト
tb: -- |  cm: --
go page top