05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

メーターかセンサーか… ?

   IMG7421.jpg

今日は有休で休んでたも
日中は、色々と嵩張る用事が多数あり
昼前から出掛けたり、出掛けたり、出掛けたり。。

そんなこんなで
ひと通り落ち着いたのは
午後も15時過ぎだ。。

外は晴れてるも
冷たい北風、ビョービョー吹いてて
何かこう時間的にも含め、出掛ける気も出ず
ちょい休んだうえで、行動し始めたのは…

クーラントはまだ無いも
取り敢えずは、”みーこ”のリザーバータンクの
交換だけでもやってしまおうと、動き出す。

リザーバータンクの交換なんぞ
当然に初めてな訳だが、ネットを参考に
予め、大方の作業手順を把握。。。

   IMG7414.jpg
    手順通り、案外さっくり外れた。

と、言うか
外す前に、リザーバータンクの全貌が
明らかになった時点で、タンク内を
確認してみると、、クーラント入っとるね?

うん、LOWレベル以下ではあったものの
決してスッカラカンでは無く、この
タンクを外す前に先ず、この残ってるクーラントを
シュコシュコで、ざっと吸い出しての作業開始。

結果、
タンク内に残ってたクーラントは
ざっと150ccくらいか??

手近にあった”オレンジジュース”の瓶に避難。

さて、この時点で多分
水回りでの不具合は、タンクのクラック以外は
これと言って、無かったと判断するも
それと同時に、水温計不動の原因が
メーターもしくはセンサーと言う事も濃厚に。。

まぁ、取り敢えず。。。

   IMG7416.jpg
    新旧のリザーバータンク、並べてみた。

見た所
これまで付いてた方のタンクも
別段、目立ったクラック、破損なども無く
ちょくちょく見て取れる”クーラントの雫”は
何処から、どんな風に飛び出してるのか…

ちょっと解らない状態。

が、決して
これまでのタンクが”無傷”であったとも言えず
タンクに直接固定する、幾つかのネジ留めパーツが
微妙に浮いてたりと、何かしらの”無理”が掛かってた様子。

取り外しに関し
ネットで得た情報の通り
その手順は単純そのものであったも
やはり、ブログ主さんのご指摘の通り
狭く手が入り込めない、タンクの裏側に
ラジエーターへ繋がるホースがあったりと
まぁ、色々と難儀だったりだった。

そんな訳で
特に取り付けの際に苦労したも
どうにか、新品タンクの装着も
無事に完了出来た。。

   IMG7419.jpg
    クセモノはホースクランプだ。(笑)

エアボックス等を元に戻し
タンクを装着する前に、取り敢えずの
先ほど抜いたクーラントを投入、更には
水位を上げる為に、必要量だけ水を投入。

勿論、メンテスタンドにて
垂直立ち状態での作業。

   IMG7420.jpg
    ちょい入れ過ぎたか!?? ^^;)

まぁ取り敢えずは
また改めて、クーラントの交換をするし
先ずはエンジンを回しての、漏れ、滲み確認
更には、電動ファンの作動確認などを実施。。。

15分ほど暖機するも
漏れも、滲みも見受けられず
電動ファンも、無事に回ってくれる。。

ただ。。。水温計は不動のままだ。

よく、理解はしてないのだけど
電動ファンが回るって事は、その信号は
センサーを介しての作動?? だとすると
センサーは生きてるという事となり
水温計が動かないのは、メーターの故障、断線、接触不良??



今度、メーター周りを探ってみよう。。 ^^;)



スポンサーサイト
tb: -- |  cm: --
go page top