07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

いつの間にか6個目。。

   IMG8077.jpg

ちょっと今回ね
Amazonポイントを使って
新たにまたひとつ。。追加したのを切っ掛けに…

僕自身の
Bluetoothヘッドセットの歴史を、振り返ってみる。。

初めて買ったのは
携帯電話も、2G、2.5Gから 3G へと
移り変わった時であり、現在のソフトバンクは
まだ”Vodafone”だった頃だ。。。

3G以前からも
携帯電話に関しては、法的にも
ハンズフリー使用の推進など、方々で聞かれてたも
僕的には、どうにも”ワイヤード”なのが煩わしく
貰うことはしても、決して購入はしなかった。

また、そんな2G時代から
諸外国の端末では、普通にBluetoothが
装備されてた為、それらの国内導入を
常に心待ちにしていたのが、この僕である。

そんな訳で
僕が初めて”Bluetoothヘッドセット”として
購入をしたのは、3G網が正式にスタートし
各キャリアからも、3G端末が提供され出した頃。

僕で言えば
”Vodafone 902sh”の導入を機に
ほぼ同じタイミングにて”Bluetoothヘッドセット”を購入。

時期で言うと
多分、2004年の暮れくらいかな。。?

購入したのは
ヘッドセットブランドとしては有名?な
”プラントロニクス”と言うブランド。

正直、僕は初耳なブランドだった。

時期も時期で
ヘッドセット自体も、量販店含め
まだ殆ど、陳列状態に無い時期であり
Webなどから拾ったレビュー記事から
ブランド、機種、カタチなどを認識しての
地元電器屋(小売店)にて発注。。

   IMG8070.jpg
    ”プラントロニクス M2500”(放置で汚れ酷い…)

初めてのヘッドセットと言うのもあり
電話も来ないのに、なんだか無駄に
耳に掛けてた気がする。。

因みに、確か連続通話で2.5時間程だったか??

そんなM2500を3年程か
使用した後、バッテリーの持続も
なかなか短くなって来たのもあって
次なるヘッドセットの選出に動き出す。

調度そんな頃に
新製品として騒がれていたのが
同じく”プラントロニクス社”製の
"Discovery925”と言うタイプ。

当時発売されたばかりと言うのもあり
そのお値段も、まぁまぁ、M2500よりも
1.5倍程度増しな、微妙に尻込み価格だ。。

が、しかし
何かこう、そのシャープなデザインに
艶やかなそのカラーリング、更には
充電機能付きの、携帯ケースも付属と言う
諸々と、当時の僕にはグラグラ来る内容に
思わずポチった。。。(笑)

   IMG8071.jpg
    ”プラントロニクス Discovery925”

購入年で言うと
多分、既にiPhone3Gを使用してた気がするから
2007年の秋頃かと思われる。。

んで、このボルドーな色目も
実は”Apple Store限定カラー”だったりで
購入先は”Apple Store”である。。。

因みに、
この子に関しては
まだまだ景気良く使用してた際に
駐車場で落として、車に踏まれてしまい
手持ちヘッドセット中、唯一の使用不能機となります。。

そんな”discovery925”の
代替えヘッドセットとして、またもや探索開始で
調度この頃より”音楽再生”ってな部分にも興味を抱き
ある種の割り切りから、ここで初めて
”両耳ネックバンドタイプ”な”アウターイヤー”を選択。

そのブランドは
その筋では有名なドイツの”ゼンハイザー”

元々、ヘッドホンや、マイクなどを供給するブランドだ。

これはそう
単純に”音楽を楽しむ”の発想から
”だったらヘッドホンメーカーじゃい!”って
そして、両耳で聴きたかったから、両耳タイプ。。

   IMG8072.jpg
    ”ゼンハイザー MM100"

あと、イヤホンタイプを選ばなかったのは
耳が密閉されてしまう為、外の音(会話など)が
聞き取れない事を懸念してのアウターイヤー。

とは言え
両耳ヘッドセット故に
絶対的なデメリットってのは…

肝心な
クルマや自転車の運転時に
使用する事が出来ないと、言う事。。

法的には、両耳を塞いじゃいけない筈だ。(うろ覚え)

一応ね
購入時期は多分、、、2010年くらい

さて、このMM100も
身体一つでウロウロする際に
身に付けておくには持ってこいな
非常に具合のよい、そして連続通話も
余裕な9時間(カタログ値)と、必要にして十分。

現在でも尚
バッテリーの劣化も目立った変化もなく
主に、畑仕事、散歩、ウォーキングなどの
比較的長時間使用の際に、本領を発揮している。

が、先にも触れたように
両耳タイプなだけに、肝心なクルマの運転時には
法的に使用出来ない事から、購入した翌年には
片耳タイプな音楽再生モデル(A2DP対応)を物色。。

そこで目に付いたのが
何ともはや、余りにも有名なそのブランドも
そのクールな格好良さに惹きつけられ
思い切って踏み込んだのが、、、”BOSE”である。

   IMG8073.jpg
    ”BOSE BTH2-R(右耳用)”

これね
うえで”思い切って踏み込んだ”って書いてるけど
当時(2012/1)やはり発売間もなかったモデルで
そのお値段が18000円ちょいしてた筈なのよ。。

機器的な不安よりも先に
その価格的な不安から”思い切って”踏み込んだ次第。

ところが… だ。

当然に、現在では廃番となってる
このヘッドセットが、いま Amazon で検索掛けてみると… 参考

全くもって”ありえへん価格!!”

ある意味では
現在のメイン機だったりするけど
さすがに最近、バッテリーの持ちが悪く
ちょい、バッテリー交換を打診してみようかと思案中。。 ^^;)

さて、そんな”BOSE”をメイン機としながらも
その後も何故か、興味本意的に購入してる
ヘッドセットと言うものもあり…

しかも
イヤホンタイプの両耳ヘッドセットとか!

   IMG8074.jpg
    ”プラントロニクス Back Beat Go”

ここで数年振りに
”プラントロニクス”に戻って来た訳だけど
このヘッドセットが、連続通話も2時間程度
耳へのマッチングもいまいちで、音楽再生でも
まるで低音がないスッカスカな音。。ほぼ未稼働状態か… ^^;)

購入したのは3年ほど前か?
ヘッドセット的には、ゼンハイザーもボーズもある訳で
別段不自由はしてなかったのだけど、これはこれで
なんだか気分的に、手元に揃えたかったタイプ。。。

けど、稼働率が低いんじゃ意味がない…

ってんで
今回、まぁポイント購入だから
お金は動いてないけど、取り敢えず
連続通話8時間、イヤホンタイプであるも
ネック部分にバッテリーと思しき部位を配置と
何だか、微妙に具合良さそうに目に映ったもんで
オーダーしてみた次第。。。

   IMG8076.jpg
    ”Sol Republic SHADOW”

えっと。。まず…

これを選んだ理由は
まさにこの、カタチ、バッテリーの位置など
ウェイトのある部分を、首に持って来てる事で
イヤホンへの抵抗も軽減される? てのと
確実に、バッテリーが大容量化してるので
連続通話時間に、ちょい期待。。。的な

な、もんで。。。

このブランド、全く知らないブランドで御座る!!(笑)

まぁ取り敢えず
ペアリングも済まし、耳に嵌め込み
鳴らしてみた感じでは、、、

耳への密閉度も高いのか
イヤーピースもズれる事なく
と同時に、外の音はほぼ遮断される。

音質も、なかなかにして悪くない。

volumeを最小にし
音楽を流しながら、こうしてブログを書いてるも
キーを叩く音が、殆ど聞こえて来ない。。。

あと、やはり
ある種の重量物が、ネック部に来てるお陰で
目論見通り、耳から下がるケーブルも
肌や襟に引っ張られる事なく、微妙に快適。

因みに
現物を手に取ってみて
少々意外だったのが、このネック部の厚み

   IMG8078.jpg
    思ってたよりも厚みがあった。。

比較になるか
”BOSE”のヘッドセットと並べてみたけど…

そもそも”BOSE”の大きさが解らない(笑)

まぁ、平たく言えば
成人男性の親指の幅弱くらいの高さが
このネック部に来るバッテリー及び操作部にある。

ある意味じゃこれ”思い切り”の勝利かも?

ヤバイな…
密閉度が高いせいか
普段聴き取れない繊細な音が聴き取れる。



このヘッドセット、、ちょい使うの楽しみだ♪



スポンサーサイト
tb: -- |  cm: --
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。