06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

”ぐりP”基本にもどる。。

   IMG8463.jpg

さて、一週間ほど前だったか
マフラーを"abarth管”から”純正”に戻し
それに伴い、M/Jも #106 から #96 へと変更
プラグ番手も7番から6番と、変えるだけ変えておいたも
なかなか調整する流れにならず、ただ交換しただけ。。

朝から雨模様だった今日、
当然ながら、乗り出すにはならず
予報をアテにしつつ、昼過ぎまで様子を見るも
どうもイマイチ、はっきりしない空模様。。。

しかし、14時を過ぎた辺りか
曇天ではあったも、既に路面も乾き按配で
少々博打気味にと”ぐりP”を引っ張り出し
ちょっと走り出してみた。

純正排気になった事で
クラッチを繋いでのフィーリングなど
下のトルクが増した感じで、第一印象で
”乗り易い!”と感じたものの、走らせてみれば
純正仕様とは言え #96 と、思い切り絞ったM/Jの影響か
上の伸びが全くなく、更に言えば余裕も感じられない。。

3速で引っ張ってみても
4速にシフトアップで、徐々に失速傾向。。。

特に、強風向かい風、緩やかな上り坂など
その傾向は顕著に現れ、どうにもこう
色んな意味で”リスキー”な感触。。

そんな結果を受け
付近にあったコンビニに入り込み
駐車場の片隅にて、早速ジェット交換へ。

そのチョイスは
これまで付いてた #96 を外し、手持ちの中で
次に最小番手となる #102 へと一気に上げた感じだ。

プラグは一応、チェックするも
変更無しで6番プラグを継続投入。。

アイドル高めに、ざっとキャブも調整し
様子見ライドとして、コンビニより走り出すと
低速時のトルク感はさして変化は無い印象も
中高回転時では、明らかなる”余裕”と
非力ながらも”ジワリ”と徐々に加速してる
その4速使用時のフィーリングと、確実に違いが出た。

現仕様、キャブ調も含めて
思い切りの暫定仕様ではあるのだけど
先ずはこの状態で、街乗り実測燃費の計測をと
実施してみる事にした。。(燃料はほぼ満タンだ)

また追って
M/J、S/J共に、必要となりうる番手を多数
取り揃えた上で、より綿密な調子出し
燃費計算をと、実施して行ければと考える。

因みに
これまで装備してた"abarth管”では
競技管と言う事もあってなのか
試行錯誤、頑張った末の最終仕様が

【abarthレプリカ】

 S/J (未確認)
 M/J #106
 点火プラグ B7HS(NGK)

実測燃費

 街乗り: 21.5km/L前後
 遠乗り: 27.6km/L(過去最高燃費)

と、こんな感じである。
27km/Lな燃費を叩き出したのは
都内遠征を実施した時であるが、この時
他に2度ほどの給油でも、 24km/L前後を
無難に記録していてくれた。。(意識はして居たが…)


こんな感じで
”abarth管”でのその結果を受け
今回、純正排気にした事で、目指したいのは
街乗り燃費で 25km/L 前後であり、あわよくば
27km/Lなどにも到達してくれればと、欲も掻いてみる。

そんな流れから当然に
長距離燃費では、無難に 30km/L超え を望みたい所。

そんな現状、暫定仕様は

【純正排気】

 S/J 未確認(変更無し)
 M/J # 102(#96より変更)
 点火プラグ B6HS(変更無し)

普段乗りなどでも気にしつつ
今後も微調整を行いながら
自身の希望する、実用燃費を
近い数値で実現出来るようならば
大変に、気持ちにも余裕が生まれる次第。。


さて、そんな”燃費”とはまた別で
5月の連休前より、ちょっとした効果
主張も抱かせつつ、装着してたパーツがある。

   IMG8465.jpg
    この、小振りな”風貌”である。

小振りとは言え
やはり名目上は”風防”な訳で
走行中の風除け、虫除けな意味合いを
その大多数、期待して導入したのだけど…

効果があったのか??

もしかしたら
風除けには、なってたかも知れないのだけど
体感的に感じたのは、この”虫”に関しては
見事に、未装着時以上に、顔面ヒット率が高く
なかなかに”効果的”とは言い難かった為に、、

今回、この乗り出しに併せ
帰宅した際に、風防を撤去しました。

   IMG8467.jpg
    やはり、目の前はスッキリが良い♪

”ぐりP”では
ヘッドライトケースもクローム化し
バックミラーもまた、ハンドル部から
レッグシールドへと移設してる為に
風防を外した方が、スッキリした上に
微妙に”主張”もしてたりもする。。

こうして、結果としては
ほぼ”ノーマル”となった事で
言ってみれば正に”基本に戻った”感じである。

今後この”純正排気”での
”燃費向上”を願い、細かく煮詰めて行ければと
素人ながらに、考えてる次第。。。



あ、後は”始動性の向上”もかなぁ。。 ^^;)



スポンサーサイト
tb: -- |  cm: --
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。