09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

10年前は何してた??

   4107711572.jpg

今日、職場の同僚が
誕生日だってんで”おめでとう”の言葉を贈ったら
そんな同僚から”32歳の時って、何してました??”と
帰り際に質問された。。。(ざっくり答えたが…)

32歳の時。。。

僕は、誕生日が3月だから
そこに当てがっての、返答をしたのだけど
”32”と言う数字で、明確に覚えてる、あの時の事。。

逆に言えば
その時の事しか覚えてない…

そう、その時僕は
誕生日の2日ほど前からか
飛び石を埋める形で、有給を取って
5日間ほどの連休を作り、とある行動を取った。

チンクに乗り出し
下道のんびり行脚で名古屋へ、

今も昔も変わらず
やはり前乗りで、暗い中走り出し
朝方には名古屋に入り、ちょっとばかし
熱田神宮の夜間パーキングで仮眠。。

幾らも寝ないで(多分2時間くらい)
熱田さんを走り出し、一路向かった先は
知多半島の先っちょだ。。。

そう、当時はまだ
知多半島の先っちょ”チッタナポリ”の一角に
チンク乗りの聖地”チンクエチェント博物館”があったのだ。

この時が初めてでは無かったと思うが
取り敢えず、この時の辿るルート的にも
やはり訪ねておきたかった場所。

因みに、この”チンク博物館”
現在では、一気に北へ場所を移して
秋田県に位置して居る。。(此方はまだ行けてない)

さて、そんな博物館から
半島をグルッと回るように
来た道とは反対側のルートを
名古屋方面へと走り、知多半島から
国道1号を基本に、江戸を目指す。。。

無論、この道中にて
ほぼ通り道となる豊明のバイク屋さんにも
挨拶程度か、顔も出しながらトコトコ走る。。

この時ね、
基本的には順調だった”姫ちゃん”
豊川に差し掛かった所かな、信号待ち中に
”ストン”とエンジン止まってくれまして(笑)
だけど運良く、すぐそこにコンビニもあって
後続車に”ちょっと”迷惑掛けながら、押して駐車場へ。

原因はね
チンクの鬼門でもある”コンデンサーの断線”

遠乗りに際し
スペアも持ち合わせてたから
そそくさとコンデンサーも付け替えて
飲み物調達しての出発ですな♪

スペアがあったからかな
エンジンが止まっても、まるで動じなくて
そして止まった時点でも、その原因も解ってた(笑)

以降、急ぐでもなく
兎に角、1号線をのんびり江戸へ向かう。

この道中
当然に、浜松も抜けるもんで
”浜名湖辺りでうなぎ〜♪”なんて歌ってたも
いざ現地に差し掛かってみれば、結局止まる事なく
霞んだ富士山を横目に、ただ素通りしてしまう。。

小田原まで来たのは
多分、18時も回った頃だったと思うけど
ここいらでの休憩ポイントに
友達から情報提供頂いた、温泉施設に入り込んだ。

温泉施設だけに
休憩して、小腹も満たして
お風呂にも入って。。

日付が変わる前に走り出す(笑)

そう、ここまでが
僕の誕生日の一日なのだが
何で”32”がキーワードなのかと言うと…

”32(ミニ)の歳”だから。。 ^^;)

もう、何処までも
クルマネタを捩じ込ませる(笑)

さて、走り出した僕は
小田原から箱根を越えて御殿場まで抜け
激しい風雨に、インター近くのコンビニにて仮眠。

以降、246に乗り
都内を経由し、お台場抜けて
幕張を掠めての、R16からR17
そしてR18と、知った道を走り抜け
無事に、自宅へと帰宅した。。。

と、言うような事を
10年前の誕生日付近では、実行してた。。

まぁ、要するにね
僕がやりたかった事ってのは
”姫ちゃん”でね、1000mile(1600km)を
走り抜けたかったんだよね。。。けど

この時の走行距離では
全然足りずの750mile(1200km余り)

いつかまた
リベンジしたいと思ってる内に
もう、10年も経っちゃったんだな。。

伊豆半島まで回れれば
調度 mille miglia 達成出来たかもだなと
実は未だに、思ってたりもする。。。

渋滞を懸念してね、
伊豆半島までは回らなかったんだ。。



また、、いつかチャンスは来るか??



スポンサーサイト
tb: -- |  cm: --
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。