09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

ちょい思い返す。。

   IMG1318.jpg

僕が、初めての”Ducati”を手にしたのは
いまを遡る事、24歳の時だ。。

まるで何も知識が無い状態から
たまたま、近所の赤男爵にて見付けた
50万の”ナナハンドカ”に、その価格的にも
練習機的位置付けで、購入したのがはじまり。

   IMG6500.jpg
    ”89' 750sport”

何も知らぬ状態から
乗り出した故に、最初は全く乗れず
購入から半年以上も経過した頃に
購読してた雑誌より”ドカはこう乗れ!”みたいな
How-to記事があり、そこからようやく
何となく乗れる様になってきたのを覚えてる。。

これ、まさに”練習機”そのものであった。

おっかなびっくりで乗ってたからか
走行してての転倒などは無かったものの
立ちゴケは多数繰り返しており、もう
フラッシャーAssy、幾つ買った事か…

購入店は赤男爵だったも
乗り出してからは、地元の個人店にて
パーツオーダーやらを依頼してたも
最初の頃はさすがに、他所で買ったバイクだったし
その対応もまぁ、冷たかったものだ。。(ボラれはしなかった)

それでも懲りずに
その個人店に出入りして
少しずつ、打ち解けてきた頃か
うちの”スポルト”は、自宅屋根下駐車だったも
付いてた純正マフラー(サイレンサー)を
盗まれると言う事件が起きた。

まぁ、個人的には
マフラー変える理由が出来たから
ある意味楽観的だったのだけど
これを機に、バイク屋さんに出向き
やはり当時は”テルミニョーニ”が憧れの的。

ダメ元でと
"750sport"に対応するテルミをと
尋ねてみたところ、速攻返ってきた答えは

”900SS用のフルエキなら付くよ”

そんなお答えを貰ったからと
価格も聞かず、その場でオーダーをし
届いてみたら”25万”ってな訳で、、えぇ、まぁ。。。 ^^;)

とは言え
付けんじゃ走れないし
憧れの”テルミニョーニ”だしってんで
頑張って支払い購入、もうウキウキだ♪

それから半年あまりか
これと言った不具合も無かったものの
何やら燃料の臭いキツくなりだし
色々調べてみたら、タンク前端溶接部にクラック。

そんな”タンク修理”な流れで
モノは序ででと、諸々のカスタムをと
自分なりに調べながら、プランを立ててたも
何だか突如、ふと我に返って、、

(そうかって、マイナー機だしなぁぁ)

なんて
思い切り冷静になりながらも
だけど、タンク修理は必須な訳で
どうしたもんかと考えてた折に
このお店、その傍に置いてあったのは
黒金のベベルな900SS。。

ちょっとね、ロケットカウルも
気になりだしてたりで、参考までにと
お話を聞いてみたら、この車輌は商談中だとの事。。。

が、別の倉庫に
もう一台、高年式の”900SS”があるとの事で
社長のクルマに乗せられて、走ること10分あまり。

そこにあったのが
シルバー/青の”80' 900SS”

年式的にもFPS製キャストホイールで
カラーリング自体は、81年モデルと共通である。

どうせお金を掛けるならと
"750sport"の修理は取り止め
下取りして頂く事として、このベベルを
購入する事となったのである。。(この時、26歳)

この”ベベル”購入の際
ちょっとしたエピソードがあり
この契約を進めてた社長さんは兎も角として
整備を担当されてた、少々職人肌なS氏と言う方が居て
ベベル納車整備期間の際、僕も顔を出して
お話をさせて頂いた際、唐突に言われた事がある。。

”俺な、社長はイイって言っても
  このバイク(ベベル)に関しては
    普通のあんちゃんにゃ、売らねえよ!!”

そんな事を言われ
けど、僕は別に何を言われた訳でもなく
契約も済み、既に納車整備も、S氏にやって頂いてる。。

”ん??”と思い、聞いてみたのよ。。

”え、、じゃぁ
  なんで僕には、売ってくれたの??”

そんな僕からの問いに
迷う事なく、S氏の口から飛び出した言葉は、、、

”だっておめぇ、、
  変なクルマ乗ってくんじゃねぇか!
    しかももう5年乗ってんだろ?? 上出来だ!!”

”変なクルマ”

これは正しく
僕が今でも乗ってる”姫ちゃん”こと”FIAT500”のこと。

氏曰く
普通の具合良いクルマに乗ってきて
ファッション感覚で”これ買います〜♪”ってのには
確実に”NO!!”と突きつけるそうな。。。

コレはね、言われた時
正直やっぱ、嬉しかったですよ。。

色んな意味で、最大の褒め言葉。

こうして、高々26歳の小若造が
畏れ多くも、ベベルなドカに乗り出すこととなり
ここからのんびり乗り出しながら、
40歳までの14年余りを所有。。 手放すつもりは無かったけどね…

   IMG9501.jpg
    この画は、最後の雄姿かな。。

じわりじわりと
マイペースながら手を入れつつ
所有する中で、やはり”ベベル”から教わったこと
出先でのトラブルも多々あったし、それはそれで
何とかしながら帰ってきたりと、自分なりに付き合ってた。

実はこのベベル
ワンオーナー車で、この個人店にて登録され
当時のナンバーが生きたまま、僕が引き継ぎ乗ってきた車輌。

そんな経緯もあり、
僕から離れる際にも、このナンバーは生かしたくて
やはり購入店に持ち込み、戻したカタチとなる。

手放す際
社長からの言葉で

”弄ったパーツは
  全部外して持ってなよ。。 乗ってた証拠だし”

   IMG9504.jpg
    そんな訳で、これらは全て僕の手元にある。。

書き出してみれば

アッパーカウル、サイドカバー、750SSテール
イモラタンク(アルミ)にTT2バー(多分MHR用)
vegliaレーシングタコ、スピードメーター、自作パネル。。など

あと、写真には写ってないけど
”ヴェルリッキ”のレース管(2in1)も部屋に掛かってる。



このベベル、まだお店に隠されてるんよね。。♪ (*^^*)



スポンサーサイト
tb: -- |  cm: --
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。