08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

多分なおった??

   IMG9421.jpg

先週末に発注し
今週は火曜日に手元に届き
夜勤週だったから、微妙に作業も出来たのに
わざわざ作業を先送って。。

そんな今日
夜勤明け起き抜けでと
お昼も回った14半過ぎ、作業開始。

今日は地区のお祭りもあり
朝一番で、幟立てなんかもあった為
寝に入った時間が、実は9時近くて、、微妙に寝不足感。

で、さて。。

今回、
”ぐりP”にて作業したのは

 点火コイル交換(ほぼ毎回押し掛け)
 キャブケースゴム交換(砕け千切れてた)
 キックレバーゴム装着(いつの間にか落としてた)

まず最初に
ても汚れるし、微妙に面倒い
点火コイルの交換から入る。

   IMG9420.jpg
    こちらが純正状態。。地味だ。

んで、外した純正コイルと
今回装着する、新しいコイルとを並べ

   IMG9422.jpg
    新コイルは、鮮やかなブルーだ♪

作業自体は
外して付け替えるだけだから
何ら難しいこともなく、掛かった時間も
チャチャッと20分くらいで終了。

そんな装着状態は…

   IMG9429.jpg
    まぁ、色が変わっただけですな。。 ^^;)

さて、引き続き作業に入ったのは
キャブケース(エアクリケース?)の蓋に
パッキンのような感じに装着されてるゴムの交換。

これはヒドかったよ!

   IMG9424.jpg
    完全に千切れてるし、ギタギタ。。

と、言うのも
このパーツ、ずっと長期欠品でて
なかなか発注先に入荷せず、今回ようやく
こうして、購入する事が出来たと言う感じである。

んで、いざ嵌め込んでみれば
ケースよりも、微妙に大きい気もしたが
そこはまぁ、どうにか誤魔化しながら
無事に交換も完了。。(蓋閉める時に注意)

   IMG9425.jpg
    とは言え、一応見栄えも良くなった。

ケースから外れないようにと
蓋を装着する際に、注意しながら
蓋固定用の、ボルト2本を閉め込んでくと。。

もぅ、カチッと感が違い過ぎる!!(笑)

こうして我が家の”ぐりP”は
徐々に徐々に、不具合を改善されてくのだな?

で、さて最後は
確実に、今回の作業で一番楽であり
尚且つ手も汚れない作業。。。

   IMG9426.jpg
    キックレバーゴムの装着だ。

このゴム、
元々は、当然ながら付いていたのだけど
ある時気がついたら、付いてなくて
心当たりな場所も探ってみたも、見当たらず。。

最初、麻ひもでも
グルグル巻きにしておこうかとも考えたも
今回の、多数の発注品が出来た為、序でにオーダー。

もうね。。 ただ挿し込むだけですよ!(所要5秒くらい)

さて、こうして
今回予定していた3つの作業を
全て完了し、ここでようやく
エンジンの始動確認をする。。(おせーよ!)

本来であれば
コイルを装着した時点で
動作確認はするものであるが
僕はもう”治る”もんだと思ってるから
容赦なく、バラした箇所も全て組み付け
全作業も終了し、工具も片付けた後に。。始動確認

バカですな(笑)

けど、いやいや
コイルの交換は効果覿面!

始動不良もあって
ここひと月程は、一切動かしてなくて
そんなのから来る始動不備は、最初あったも
続けてキックを踏み続け、15回目くらいで始動確認。

簡単にキャブ調をし
アイドル調整、暫しの暖機の後
軽く試運転がてらの、数ヶ所の野暮用。

”数ヶ所”って事で
その都度、当然エンジンは切る訳だ。

交換前のコイルでは
自宅では始動出来ても
こう言った、出先での再始動が
非常に困難でて、だからこそほぼ毎回
キックよりも、押し掛けの方が比率的には
多かったのである。。(探偵物語か!?)

まぁ今回
3ヶ所ほどを回ってみて
その都度、普通にキック一発始動だったし
始動後の走行でもまた、確実にパワーが増してる。

散々、燃費改善にも
勤しんで来たも、なかなかに
苦労してたなかで、今回この
点火コイルを交換したことで
ある種要的な”電気回り”の
高効率化も出来てくれれば
それだけでも、燃費改善には
大きく影響してくるやもしれん。。



と、、ぼんやりと期待してみる。。。 ^^;)



スポンサーサイト
tb: -- |  cm: --
go page top