07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

TomTom VIO

   IMG9829.jpg

確か9月だかの発売から、
すぐに欠品となり、ここで3ヶ月程か
経過した事で、ようやく”在庫あり”となり
”日本未対応”だと言うのも百も承知に
その”ナリ”から、非常に興味もあり
”後の展望(日本対応)”も抱きつつの
2週間ほど前かに、勢いでオーダー。。

昨日の午後かな
僕が留守のうちに届いた次第で
”全く使えないのか”を確認してみた。。。

   IMG9827.jpg
    VIO本体(奥)と、着せ替えカバー2種

こうして届いてみてね
冷静に考えてみれば、その”レビュー”とか
”YouTube”で探してみるって手段もあった事に
今更ながら気付きながらも”まぁいいや”と…(笑)

で、そんなレビューも参考にせず
ただ自分の、勝手な思惑としてイメージしてたのは
普通にスマホとペアリングさせ、Bluetooth経由にて
スマホ起動のナビアプリを表示させるとか、付帯機能で
着信時のコールバックとか、てなイメージだったもんで
”日本未対応”と言うのもあって、

”ナビは兎も角として
   着信コールバックくらいは動く??”

と、考えて居た訳だ。

そんな訳で
先ず、本体を手に取って
取り敢えずの起動確認として
電源を入れてみたところ。。。

最初に載せたモノクロ画像参照にて
画面に表示されたのは、そうだ

”取り敢えず、VIOアプリ スマホに入れてやー”

的な
そんな画面が表示され
そして、そんな画面の
何処をどう弄っても、何も変わらず。。

そこで僕は
(ようやく)”気付いた”んだ。。。

そう、起動するナビアプリは
まだ日本では提供されて居ない
”TomTom VIO”と言う、VIOと同名
専用の”ナビアプリ”である。。

そんな訳で
現状では何も出来ない事を
確認出来た事から、早速電源を切り
本体以外に入ってたアタッチメントなど
箱は手に取ったも、開ける事なく再び仕舞い込む。

ここでようやく
上でもちょっと触れた
”YouTube”での投稿動画から
良さげなレビュー動画を探してみた。。(当然海外モノ)

多数あった中から
ピンポイントに、比較的解り易いと
そう感じた動画を発見したのが、、これだ。

   
    多分、オランダ語なのかな?

付属品などの同梱内容も
僕自身、手元の現物では無く
この動画の紹介にて、内容物を把握した(笑)

で、この動画で見ても解るように
やはり、スマホにアプリを落とし込み
機器認証された時点で、初めて”TomTom VIO”にも
画面上の変化が現れ、操作が出来る様になってる。

要するに
専用アプリを使用する事で
基本となる設定、操作などは
全てスマホのアプリ上で行うと言うこと。

そして、
確かにBluetooth経由なのだが
専用アプリを使ってるからなのか
いわゆる”ペアリング”と言う作業が無い。。

イメージ的には
機器認証を取る際が”ペアリング”的な?

まぁ、結果として
iPhone版で言うなれば、日本国内でのApp Storeでは
この”TomTom VIO”と言うアプリは提供されて居らず
海外版もまた、海外でのApp Storeからでないと
ダウンロードする事はできない(しても地図は使えない)

もちろんこれは
アンドロイド版でも同じ事で
仮に、国内でアプリを入手出来ても
日本の地図は未提供だし、まぁ使えても
着信時のコールバック程度かと思われる。。

取り敢えず
こう言った結果に対し(残念だねぇ〜)って
思われるかもだけど、これは正直なところ
”日本未対応”を承知してたし、淡い期待はして居たも
動かせるとは、8割がた思っても居なかったから
まぁ、いい勢いで、完全なる”人柱”となった次第。。。

この機器自体
その手の情報を探り入れてる方ならば
もちろんSNS経由からでも、目には留まる筈だし
実際問題”日本未対応”とは言え、その動作の状況など
どの程度の物なのか、気にしてる方は多い筈である。。

そう、発売に合わせ
多数の国内サイトでも、紹介はされてたも
その内容的にも、日本未対応と唄いつつ
”こんなの欲しかったよね♪”的な、ごく簡単な
文字通りの紹介記事だけしか無かったのである。

TomTom自体(オランダの会社)
徐々に日本への進出を推し進めてる様だし
実際日本国内でも、トレーニングアプリ等は
多数、提供をしてくれてる。。

マーケットが安定し
アプリ及び機器の需要、要望などが多数あれば
この”TomTom VIO”もまた、正式に国内導入を
してくれる様になると希望を持ちつつ、踏み込んでみた。



まぁ、国内対応されなきゃ、僕はただの買い損だが。。(笑)



スポンサーサイト
tb: -- |  cm: --
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。