06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

そう言う事なの??

   IMG9852.jpg

夜勤明け帰宅の後
いつもの如く、お腹を満たし
お風呂に入りと、こなしていると
気付けば外は、夜も明ける。。。

今日は土曜日という事で
職場も休みだし、風呂上りで
少々マッタリして居たところ
母上から仰せつかった。。

”ちょい、ストーブ燃えが悪いかな??
  一応、薪は付け足してないんだけど、掃除する?”

ぅむ。。
確か、火を入れてからもう
ひと月半程度を経過してるし
これまでの間、ずっと焚き続けてるし
この一週間ほどで、少々煙の逆流も
気になってたのもあったんで、年末前の
ストーブのみの簡単メンテを実施。

そんなメンテ序でにと
ちょいと動きが渋かった
本体前面にある、空気調整用の小窓を
正常に機能するようにと、調整も完了。

薪ストーブになってから
これらストーブメンテ、煙突掃除など
業者依頼ではなく、自分らでやってたりすると
諸々と面倒に思う反面、気構えを持って作業に取り組めば
普通に、、”スローライフだな〜”なんて思ったりする。

そんな土曜の朝。。
ひと仕事終わってみれば、、10時か!??

ゆっくりやり過ぎた♪(笑)

何気に今日は、畑に積んである
薪の整理の予定だったのだけど
急遽の予定変更で、突如のフリータイムだ。

そんな訳で
風は強かったものの、思いの外
お日さまも顔出してたもんで
ちょいと野暮用消化にと”ぐりP”出動。

この”ぐりP”
2週間ほど前にか、メインジェットを
#106から、サイズを落として#104へと
変更したまま、走るまではしてなかったのである。

なもんで、
そんな様子見も兼ねて
この寒空に引っ張り出してみたのだが
これはこれで、それなりに収穫があった。

先ず、ジェットを変えた事で
多分今回のが、最良となるべく仕様かと思い
これに併せ、予てより不調となって居る
キックによる、容易な再始動の探索。。

久し振りの始動ってのもあって
今日は、冷感スタートでも
ちょいと始動に手間取ったのだけど
走ってみれば、いつも同様に
非常に調子よく走ってくれてる。。。

問題なのは
出向いた先での、再始動だ。。

うちの”ぐりP”は
サイドスタンドにしてある訳だけど
これはやはり、その手軽さから
この”サイドスタンド仕様”で通したい訳だ。

だからこれまでも
その”サイドスタンド”でのまま
キックで始動を試みてたのである。

結果、掛かりづらかったのよ…

サイドスタンドにした際に
とある事情から、センタースタンドを
外してしまってたんだけど、秋口かに
処置を施して、センタースタンドも
復帰装着させておいたのである。

ものは試しにね
今日は、この出先で掛からなかった際に
押し掛けに走らず、センタースタンド掛けて
キックを蹴りおろしてみたんだ。。。

”ぁあ??”って思っちゃった。。

踏みしろがね
サイドスタンドよりも深いのよね!

まぁ、そりゃそうだわ
うちの”ぐりP”のサイドスタンドは
イレギュラーな右スタンドだから
キックペダルがある方が、下に来る訳だ。

地面まで踏み降ろしても
”ぐりP”では、点火まで微妙に、、足りない。

取り敢えず参考までに

   IMG9853.jpg
    こちら”サイドスタンド”真後ろね

んで

   IMG9854.jpg
    ”センタースタンド”真後ろから

”センタースタンド”写真で
併せて”サイドスタンド”も出してるけど
この写真で見ても”サイドスタンド”先端部が
地面までの距離で、5cm程度はある感じ。。

そんな訳で
キックアームを真横から撮ってみると

   IMG9856.jpg
    こちらが”サイドスタンド”ね

んで

   IMG9855.jpg
    こっちが”センタースタンド”での踏みしろ

ね、この根元撮影だけでも
これだけの差が出てるもんで
アーム先端での差は、本当に5cm以上。

エンジン始動の際は
センタースタンドで始動することで
割と普通に、エンジンが掛かってくれることを発見。。



むむむ。。自らが不調にしてたんだな?? ^^;)



スポンサーサイト
tb: -- |  cm: --
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。