03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

ぶりぢすとん。。

   IMG9883.jpg

先週の日曜だったかな?
行き着けてる自転車屋さんにて
母上用の自転車(婦人車)を発注したんだ。

木曜日だったか
自転車屋さんから連絡が入って
”いつでも取りに来て頂戴♪”ってな事だったんで
午前出勤、午後休みだった土曜の今日。。

母上と共に引き取りに行って来た。

まぁ、納車話は兎も角として
今回の購入に際し、重要だった部分は
体型に合った、適正な自転車。。。

と、書くと
”そんなの、当然だろ!”って
怒られそうな気もするが…

若い頃から
乗って来てた自転車は
ずっと変わらず"26インチ”の婦人車だ。

我が家での特徴的な部分で
基本的に、我が家は皆
”使える以上は、使い続ける家”である。。

そんなのもあり
母上もまた例外無く、特に壊れず
案外普通に乗れて来てた”26インチ”に
騙し騙しに、自転車に身体を合わせて来てた。。。

が、ここいらに来て
やはり、体力的にも難が出始めたのか
しきりに”自転車が大きい、重い、坂のぼれない”など
割と”不”な発言が目立って来てたのである。。

そうだな、
普通に考えて、これまで乗って来てた自転車
フレームも鉄で、変速も無く、タイヤは26インチ、、

体型に合ってなければ
それ相応にやっぱ、辛さ、厳しさは出てくるわな…

そんなこんなで
”24インチの変速付き”を軸に
ホームセンター等も含め
諸々見て回ってたのだけど
価格も含め、調度良さげなものが
あったと思えば、変速が無かったり
はたまた逆に、無駄に変速が多い
外装6段なモデルだったり…

我々であれば
変速が多いに越した事は無いのだが
母上な年代ではやはり、ある種気軽に使える
内装3段くらいのモデルが好ましい。。

で、見てるとさ
この類って無いもんなのねぇぇ。。

まぁ、内装変速の方が
コストも高いって話しは、何となく
耳にも入ってたから、そんな影響なのかな?

あとはね
やはり、価格優先で見た場合に
ホームセンター売りのモデルとかでは
まぁ、有名どころの自転車であっても
オリジナル企画品なのか、そのブランドの
自転車カタログなどには掲載されて無いんだ。

こう言うのね
個人的には、あまり好きじゃ無いんだよね。。

ほら、上でも触れたように
うちはさ、コロコロ買い換える家じゃ無いから
安心感も含めて、丈夫に長く使えて欲しいんだよ。。。

そこはやっぱ
母上的にも同じだった訳で
もう最終的には、予算枠をチョコっと
広げて貰ったのよね。。

そこで調度
合致したのが”ブジリヂストン”の
24インチ、内装3段な婦人車だったんだ。

普通にホームページにも載ってるし
紙のカタログにも掲載されてる
そんな”安心感”な自転車だ。。

価格優先で見ても
”何でも良いから安ければいい”では無く
照準を絞った対象が”結果的に安くなった”てな流れが
我が家的には、好ましい流れなのである。。

そう、だから
何かを購入する際は
大概が”定価”を前提としている。



ある種”必然”よりも”結果論”かもだ。。



スポンサーサイト
tb: -- |  cm: --
go page top