08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

どっちつかず。。か?


周りからしてみると
多分僕は、一般論的に”古物好き”と
思われてるんだと思う。。

まぁ、そこはそう
あながち間違っては居ないが
だからと言って、現行品を嫌う訳じゃない。

”好きモノ”の中心でもある
クルマ、バイクなどを筆頭に
家電、カメラ、時計なども含め
それ相応に否定はしてない。

そんな自分だからさ
逆にね、極度に何方かを否定するとか
そう言ったヒトに対しては、ほとほと拒絶反応を起こす。

乗り物系なんか特に
旧車信仰な方が本当に多いから
同一車名でも、現行車を真っ向否定するとか
何があっても”旧車”括りを持ち上げるとか。。

別に旧車は否定しないよ。

ただね、
歴史の上で重要な存在かもだけど
それらモデルが、約半世紀とか経過した今
快適車輌と言えるかどうかって、、割と微妙だと思う。

当時のクルマの思いをすれば
現行車なんて、電子の影響も少なくない分
そう長持ちはしないかもしれないけど
ある意味で、より不安要素を軽減し、運転中の
疲労度合いもまた、軽減してくれる様な
流れ的には”運転者に優しい”クルマになってると思う。

良いか悪いかは別としてね。。

自分自身
僕のクルマでチンク
親父のクルマでハコスカと
それ相応に、旧いクルマも乗り回すから
だからこそ感じる、現代車の快適さ、安心感。

チンクに比べれば
例え1500ccであっても、ハコスカは快適車だ。

だけどね
そんなハコスカで
高速乗って長距離行こうとか
そう考えると、それ相応に気合も入れる。

そう、
事が足りるのであれば
別に660ccの軽トラで十分だし
ある意味では”安心感”もある(トラブル的な)

旧いクルマに乗ってるし
それはそれで、長距離なんかも
適度に視野に入れてる僕だからこそ
そこはやっぱりね、ある程度は
不安を軽減してくれるクルマだって、気にはなる。

かと言ってそう、
いわゆる”国産車”の様に
壊れなさ過ぎるのも、管理責任を
怠ってしまう可能性がある訳で
完全に”良し”とも言えないんだけど…

そうね、
現行車でも、適度に緊張感を得られる、、

そんな括りで見ちゃうと
まぁ、やっぱり輸入車とかに
目も向いちゃうんだよね。。。

ただ、
電子の力が入ってる分
旧車のトラブルとは
まるで違った緊張感かもだが…

まぁ、久し振りのブログで
何を書いて見たかと思えば
案の定、着地点のよく分からない
こんな内容の、ブログとなり。。



総じて、、どの時代モノも好きなのよね… ^^;)



スポンサーサイト
tb: -- |  cm: --
go page top