07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

ジブリの夏?

   IMG_6359.jpg

いつからそんな”夏”が出来た?

ま、何にしろ
特にジブリ作品、劇場公開年では
半ばタイアップ的に、そんな流れで放送される。。

別にこう…
DVDなんかも、そこそこ揃えてるし
わざわざここで、観る必要も無いんだけど…

観てまうんは、どうしたことか、、 ^^;)

特にねこれ。。
セル画時代の作品群は、やっぱ観ちゃうよね♪

”ジャパニメーション”の真髄を感じ取れる。

そうなんだ。
今宵の”ラピュタ”は、もう27年前の作品。。

リマスターが掛かってるとは言え
こうして今、テレビで放映したところで
全く古さを感じさせない、そして懐かしさも感じない。

そう、放映されてる”その時”の作品に思える。

それは”ナウシカ”もまた然り…

何度観ても”ワクワク”させられる。
何度観ても”考えさせ”られる。。

こと、ジブリ作品に関しては
画的にも”入り易い”タッチだから
子供から大人まで、全年齢層に支持される。

”ポム爺”もビックリだ☆(笑)

特に、宮崎駿監督の作品では
比較的、ファンタジー色も強くなり
文字通り”子供から大人まで”が
不安なく楽しめる作品として仕上がる。


が、そんな”入り易さ”が災いしてか
今回の公開作品”風立ちぬ”では
その”異色ジブリ”な仕上がりからか
諸々、賛否両論あるようである。。。

いや、僕は”風立ちぬ”、、支持するけどね♪

CGを使うようになってから
何となく、劇場に足を運ぶ事が少なくなってた
そんなジブリ作品だったりもするけど…

”ポニョ”ではセル画に立ち返り
今回の”風立ちぬ”では、効果音をヒトがやる。

そう、、
何らかのカタチで、アナログ的要素が
盛り込まれてる事で、造り手の想い
苦労なども、感じ取れる気がする。。

チョット… 安心しちゃうんだよね、、 ^^;)

苦労する事は解ってても
造り手側は、僕ら以上に気付いてる。

多分、いまの僕は
他の方と、チョコッと観方が違うのかもだけど
そう”愉しむ”も踏まえながら、その向こう側の
造り手の想いも、気にしてたりする。。。



そんな訳で、今宵は”ラピュタ”を視聴中…(笑)



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 1
go page top

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| #
2016/04/10 19:31 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/650-aea35b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。