09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

復活のみーこ♪

   IMG_6547.jpg

今回の愛知遠征にて
豊明のショップさんより仕上がって来た
破損してしまってた、”みーこ”の右サイドカウル。

ただ壁に
掛けておくべきものでもない訳で
2日分のブログ更新を、お昼までに済ませ
午後からは早速、みーこを引っ張り出し
作業に取り掛かったのです☆

まず、その戻って来たカウルの
復活の状況を、破損当時の写真と比べてみますと…

   IMG_5963.jpg
    カタチは残ってるものの、破損箇所は見てとれますね。。

この写真を元に
今回、補修して頂いた”みーこ”カウルを
見て頂きたく存じます。。

   IMG_6553.jpg
    カウル後端、クラッチ部切り欠きR部

先ずはこの部分
破損時の写真と比べて頂くと
その状況も掴み易いかと思いますが
この、欠損した部分の再現性が実は
個人的に非常に心配だった部分。

また、もう一方の

   IMG_6554.jpg
    カウル下部凸部、及び中央部の擦り傷など…

此方の
削り取られて穴も開けてしまった
NACAダクト上部に位置する凸部の再現性もまた
先のカウル後端切り欠き部と同様、気にしていた部分。

そもそも、
このFRPカウルの補修に、何故わざわざ
長野からは300km離れた、購入店まで持ち込んだのか、、

FRPであれば
ごくご近所の板金屋さんでも
補修は出来るですよね? 勿論、その選択も考えた。

けど僕は
この補修に際し、上に挙げた2点を含め
気になる箇所が3点あったのだ。

その3点目と言うのは
もう”顔”とでも言える程の意味合いを持つ
補修後の、色の再現性である。。。

 ・後端のフチ
 ・欠損凸部
 ・特徴的イエロー

この3点の
其々の再現性があった訳で
絶対的に、ノウハウを持ってる
そんな業者さんに、依頼した方が
確実に安心であると考えたのである。

そして、仕上がって来たカウルは
もう、補修カウルとは思えない、そんな出来映え!

正に”妥協なき職人魂”

聞くところによると
やはり出づらかったと言う、このイエローに
何度かは塗り直しもされたとの事。。

ご迷惑お掛けしましたです。。。

が、しかし
それら職人さん及び
b-Garageさん、店主殿方のコダワリの結果
ここまでの、妥協なき補修がされた訳です。

専門店であるからこそ
そのカウルの仕様、理屈も熟知している。

そんな思いから、
そう、、僕はわざわざ
豊明のお店に持ち込み、お願いしたのである。

同じ”オカネ”を出すのなら
より完璧に、納得出来る仕上がりであって欲しい。。

   IMG_6552.jpg
    そう思わせる程、僕の”みーこ”への想いもつよい。。

こうして、
無事に装着も完了し
店主殿に言われたように、塗装を馴染ませる為にと
暖機を開始、事の序でにと、40km程の距離を
軽く流した後に、指定席へと収納する。。。

熱を当てる事で
カウルが、より良い装着状態に
矯正されるのだそうだ。


組んでみて
厳密に言うと、左右でのカウルの隙間の差など
あったりもするのだけど、これは恐らく
カウルの問題では無く、転倒時の衝撃による
イタズラだと思われるので、徐々に検証し
左右共に、違和感内状態に出来ればと考えてるです。



あと… 乗り出し時はやっぱり、恐怖心が先に立つ。。。 ^^;)



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/674-7991661a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。