09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

想像すると… ゾッとする

   IMG_6599.jpg

”何、、”って訳でも無い
こんな僕でも、例え幾らかでも
”クルマな業界”に席を置いていた訳で
気が向いたときやら、自分で出来る類いの整備は
それなりに、自宅でやって居たりする。。(むかし程では無いが…)

先だってもまた
仕事の休みを使って
盆休み中に切れた、スターターワイヤーを
ようやくながら、抜いたり加工したりと
行動を起こし始めた訳だが…(因みに、まだ加工は終ってない)

”ワイヤーを抜く”と言っても
そこはやはり、下から潜ってもみないと
すんなり外せない箇所もあり、ジャッキアップして
作業を進めるようにもなる。。。

今日の写真

調度その、作業してた際に
撮影してた写真であるが、このアングルでは
ちと解り辛いものの、既にジャッキアップされ
車体下部、ステップ部には当然ながら、
通称で言う”ウマ”と呼ばれる、支え棒を忍ばせてある。

勿論これは、
安全に作業を進める上での、最低限の行動。

”大した作業じゃないから…” とか
”ウマ持ち出すの面倒だから…”とか

そんな風に考えちゃう事も
お恥ずかしながら、無くはないのであるが
だけどこれ、そんな”面倒な手間”を、
掛ける事に依って、自身の命を守る事にもなる。

クルマの下に、潜るのなら尚の事。

写真に写ってるような
チョットしっかりしたような
油圧ジャッキ(これは2t)なんかで
ジャッキアップしての、ウマ無し作業とか
案外に、やって仕舞いがちだけどね…

いつ、どんな拍子に外れるか解らないんだ。。

勿論ね、ウマを架けてたって
地震なんかが来たら、同じことかも知れない… けど

そう言う問題じゃ無い。。。

”一台のクルマ”として見た時に
”車重が600kg弱”と、言われると
いまの世の中では”軽い”と言われることもある。

が、しかし
”ヒト”と”クルマ”で見た時に
約600kgの車体が、ヒトの上に落ちて(降りて)来たら
両手で踏ん張ったって何の役にも立たない。。


単に、ツブされるだけである。。。 - -;)


経験はした事が無い(当たり前だ)
がしかし、趣味の領域とは言え、そう言った作業を
する事も多い訳で”最悪”をイメージする事は… 出来る。



最低限の設備、道具、、そして、気持ちは”タイセツ”である。。



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/685-b3fc67f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。