07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

TOKYO MOTOR SHOW 2013

   DSCF5059.jpg

そんな訳で、
お台場、潮風公園を後にした僕は
デックス等がある、賑やかな表通り?を走り
一路、ビッグサイトまでを走る。

我々的に
”お台場”と言うと、やはり
ドカアパレルを販売してる"MOTOVESE"さんや
”DAINESE ODAIBA”だったりな感じで
実際、気た序でにと、立ち寄ろうと思ったものの
結局は立ち寄る事無く、真っ直ぐビッグサイトへ… ^^;)

自転車漕ぎ出し、15分程で
朝停めた駐車場へと到着し、そそくさと
自転車を、クルマに積み込み固定を完了。

えっと、この時点で既に
iPhoneが継続不能状況(残り11%)だった為(笑)
一応は、ポケットに忍ばせておくも、使う事無く
嵩張る事を承知で、保険的に持って来たiPadを
手中に収め、ゲートまで向かったのである。

あ、あとデジカメ(X10)も首から下げて☆

モーターショーを愉しむ事は決定だったにも関わらず
何気に、事前にチケットを購入してなかったのだけど
実はこれ、意図的と言えば意図的で、、、

先ず、当日券を買うじゃない?

   DSCF4955.jpg
    受け取るチケットは、こんな”チケット”然としてるん♪

コンビニとかでの購入だと
こう言ったチケットでは無く、普通に印刷された
何だか有り難みに欠けるチケットなんで
取り敢えず、この場で購入をと考えて居たのである。

そんなこんなで
チケットを購入し、中に入ったのは14時を回った頃。

半ば想定内と言えば想定内なのだが
中に入って、伸びる階段のしたを見渡すと
それはもう”ひとひとひと。。。”

取り敢えず、TMS関連の
チョットした解説冊子みたいなのを
入って直ぐのワゴンから取り出し
小脇に抱えつつ、一番近くの展示会場へ入り込む。

因みに、
手にした冊子等読み物には眼を通さない。

そう、先ずはざーっと
各ブースを回り、配布カタログ等を頂いての
序でに撮れたら写真を撮ると。。。

そんな感じで動き回ってたのである。

で、iPadでは
忘れた頃に、fb等への投稿の為に
撮影してたりだったのだけど
ここに載せる画像は皆、基本的には
デジカメ(X10)で撮影したモノである。

順番等、関係ないけど
個人的に興味の湧いたものを中心に
掲載、気が向いたらコメント付けるです(笑)

先ずは
割と楽しみだったモデル

   DSCF4964.jpg
    カワサキの電動三輪ビークル”J”

ヒトも多かった訳で
満足な写真も撮れずに、且つ
モニターで紹介してた映像も
満足に観る事も無く、、、詳細が不明(笑)

まぁ、どうやら
前2輪は、開いたり閉じたりするらしい。

さて、お次は

   DSCF4966.jpg
    スズキ motoGP 参戦車輛(2015)

同じ円台で
グルグル回ってたのは、ハヤブサでしたん。

あんま興味なし(笑)

あと、人混みに負けた感じで
この motoGP 車輛を撮ったら、他のブースへ行ってしまい
良ーく考えたら、、、ターボバイク”リカージョン”を
完全に見過ごしてしまった次第。。。失態だ。

んで、次に行ったのは
あっこですよ、あっこ、、オーストリア!

   DSCF4968.jpg
    KTM X-BOW GTですよ!!

KTMと言えば
やっぱりバイクなイメージが強いけど
逆に現在では、寧ろ4輪部隊なKTMが、気になってる次第。

とは言え確実に、購入までは至らない(笑)

さて、続きましては〜♪
音叉のマーク、ヤマハ発動機さんだーょ

   DSCF5006.jpg
    250cc 単気筒レーサー ”R25”

これは
今回、一緒に行けなかった友達が
僕にも教えてくれた、手頃バイクな存在。

とは言え、、、レーサーですが♪(笑)

現車を見ると
うん、サイズ的にはホント調度良さげだ。

ヤマハってのは
昔から”ハンドリングマシン”なイメージがあるから
何となく、気になってるブランドだったりもする。

そーれーと♪

   DSCF5009.jpg
    割と積極的取り組みに思える”E-BIKE”

手前のオン車が"PE-S1”
奥のオフ車が”PE-D1"

これら他にも
キッズバイク(E-KIDS)や電動スクーター”E-VINO”
ロードバイクタイプな電動アシスト自転車等も、あったらしい

そう。。見そびれてるヒトである♪ - -;)

あ、ヤマハの4輪は
ちゃんと写真に収めたよ!!

   DSCF5011.jpg
    左後輪だけ♪(笑)

さて、
続いてはこれ、話題のあっこですよ。

   DSCF4998.jpg
    ビート後継とされる”S660コンセプト”

、、、と

   DSCF5001.jpg
    えぇ、NSXですわな。。

まぁ、NSXは
元々方向付けも、HVスポーツとして進められてたし
スタイリングももう、公表されてたからだけど…

コンセプトとは言え"S"を名乗る”S660”
こうして同じようなアングルで写してみると
大っきいか小ちゃいか、屋根があるか無いか…

デザインが同系なんなー。。。

悪いことでは無いんだけど
何だかこう、個人的には”違う”んだよね…

ブースコンセプトに”枠に嵌まるな”などと
掲げていたホンダさんだが、、、

”ビート後継”に拘った?(枠に嵌まった??)

個人的には、
もっと”モダンデザイン”で来て欲しかった。

”S660”なんだったら
N-ONEがそうであったように、
"S〇〇〇”をモチーフに、コンセプトで来ても
良かったような気がするんだ。。。な…

はい、完全に僕の”趣味”ですが♪

そんな訳で
取り敢えずは並んで写真撮ったけど
ブース出る時に目に留まったのが

   DSCF5005.jpg
    ”RC142”ですなぁぁ、、カコイイ☆

さて、
お次はこれー!!

   DSCF4972.jpg
    VWの不思議なクルマ”XL1”

通り掛かりに
撮影してみたですな。。。 ^^;)

んで、同じような感じで
とは言え、取り敢えずは話題なクルマとして

   DSCF4987.jpg
    ダイハツのKOPEN(コペン)ですよー!

先代の”COPEN”から
スペルがKOPEN”に変わって気たです。。何でやろ??


えーーっと
それと無くね、気になってたブースもある。

それは… ”KEN OKUYAMA DESIGN”

   DSCF5017.jpg
    モダンな此方はcode9”

他にも
尖ったスーパーセヴンみたいな”code7”もあったが
それ以上に、個人的にも気になってたのは…

   DSCF5020.jpg
    トラクターでしょう!!(ヤンマー)

が、まぁ
こんな事を言っては失礼なのだが
個人的には、ちょと好みでは無いデザイン。

カッコ良く見せようとデザインすると
特に働くクルマ系は、路線が変わってしまうものである。

機能美が、
そのまま”カッコ良さ”にも繋がる。(と思う)

   IMG_0869.jpg
    泥遊びする道具に、このクリアランスは無しだ。

いや、当然ね
このトラクターが、作業してる姿を
目にしていないから、こうして
展示されてる状態から得られる情報として
僕はモノを申してます。

デザイン自体は、好き嫌いも別れるけど
機能性自体は、設計段階で決まるものだから…

並べちゃったら怒られそうだけど

因みに最新ランボルギーニは

   lamborgini_tractor.jpg
    こんな感じだ。(lamborghini NITRO)

フェンダーとタイヤのクリアランスは
せめてこのくらいはあるモノである。且つ
この”NITRO”でも、外半分や前輪フェンダーは
ハードでは無くソフト系樹種フェンダーを採用(っぽい)

ゴツいタイヤに
泥の塊だって付く訳で、当然に
フェンダーにだって接触する。ハード素材では破損ですな…


と、まぁ。。。何かこう、
思い切り敵に回してしまってそうだが…

オクヤマ氏デザインの、このトラクターの
働き振りを先ずは見てみないと、何とも言えないのも事実だ。

(ファンの方々、ゴメンなさい…)

ただ、興味あった分
このフェンダークリアランスで
ちょっと幻滅してしまったもので。。 - -;)


お次は最後になりますが
実は最初に足を踏み入れたブースであります(笑)

それは”日産ブース”

先ず

   DSCF4957.jpg
    ダットサンに迎えられ

奥の方にある
広面積なグルグル台の上にあったのは
ある意味、僕がこのモーターショーに来た本命3台。

   DSCF5038.jpg
    3人乗りEVスポーツ”BladeGlider”

インホイールモーター採用により
より自由度のある、割り切ったデザインに☆

実用化されるようなら、ある意味スゴい!!(嫌いじゃない)

ほんで
今回のショーで、何よりも衝撃を受けたのは…

   DSCF5048.jpg
    このネオクラシカル”IDx”だ!

奥に見える4灯ライト風のが ”IDx FREEFLOW”
内装にデニム生地を使用し、さり気ないくお洒落に
モダンデザインなインテリアも好感が持てる♪

そしてもう一台

このでっかく”80”と描かれた
見るからにスポーティなこのモデルは…

   DSCF5047.jpg
    IDx nismo

あらゆる外板パネルにカーボンを使用し
良きアクセント的視覚的効果も抜群に発揮してる。

旧めかしい、ビス打オーバーフェンダーな
そんなイメージを彷彿とさせる張り出した前後のフェンダー
左右ステップ後端に振り分けられたマフラー等。。

スポーツ的要素がふんだんに盛り込まれてる。

うん、これは両車輛共に、実用化してほしい!!!
車体サイズもまた、大き過ぎないジャストサイズなのである。

この”IDx nismo”
車輛のイメージは”ゲームの興奮をそのままクルマに”との事。

ホント、ジャストミートっす!!!


と、まぁ
そんな感じでざーっと歩き回って
ひと減って来た頃に、改めて回ろうと思ってたものの
思いの外グッタリしてしまい、適度に写真も撮ったからと
入場から、凡そ4時間後の18時前には、外に出てしまったです。

うん、これからまた
250km余りの距離を運転してかなきゃなんで… ^^;)

そんな訳で
すっかり陽も落ちた会場付近
駐車場まで移動をし、乗り出す前にと
暖機がてら、積み込んだ自転車の固定状態を再確認。

   DSCF5061.jpg
    miniveloは、そのまま積載可能だったり。。♪

15分程の暖機の後
R17、新大宮バイパスまでの道のりを
iPhone先生なナビアプリで案内して貰おうと
設定完了、駐車場の出口渋滞もあり、
無事に走りだしたのは18時半を回った頃。。

暗く慣れない道中を
ヘッドセットから聞こえるナビ音声
たまに目視確認する、iPhone地図。。。

さして迷う事も無く
都内を凡そ2時間余りを掛け
R17に乗ったのは20時過ぎだ。

都内を抜ければ
もうナビは必要も無く、先ずは眠気覚ましにと
赤べこエナジー確保の為に、コンビニを探すも
なかなか現れてくれないR17新大宮バイパス…

ようやく見付けたコンビニに入り込み
疲れもあり、シュガーインなチビ缶赤べこを
買おうとするも、チビ缶はノンシュガーしか残って居らず
泣く泣くノンシュガーで代用。。。

エナジー補給が遅かったのか
赤べこ飲んでも、適当に眠気が襲って来る訳で
3時間程走った23時頃、空腹を満たす為にと
群馬は安中にて、某牛丼店にて腹ごしらえ。

以降もやはり
微妙な眠気と戦いながら
何とか碓氷峠を越え、軽井沢町内に入るも
どうも、気力体力の持続率が怪しかった為に
R18沿い、軽井沢町内で見掛けたコンビニにて
駐車場を借りての暫しの仮眠。。(2本目の赤べこ)

この時、外気温は-4度だったが
エンジンを停めての、2時間余りの仮眠の末
午前2時過ぎか、長野に向けて走り出す。

仮眠後とは言え
やはり意識はハッキリして居らず
途中でやはり、休憩も挟みながらも
早朝4時前には、辛くも帰宅を果たす事が出来、
何はともあれ、無事の帰宅報告。。(fbなど)

まぁ、やはり
帰り道中の睡魔な原因は
出発時から数えても、満足な睡眠は
取れて居なかった事が、何よりも敗因か?

そこに輪を掛けて
ビッグサイト内で4時間余りの人混みウロウロ…

今後に向け、何かしらの対策を考えねば。。。 - -;)

で、さて
このブログ、書いている日付は12/2になりますが
一応は、12/1のブログとして、記しています。

はい、この12/1と言う日は
調度一年前に、我が家で一緒に過ごしてた
愛犬”しゅう”さんの、旅立たれた日なのであります。

      syuu02.jpg
       若き日の”しゅう”さん


今回のモーターショーも
日曜(1日)では無く、土曜(30日)を
メインに置いたのも、他のイベントもあった事もあるが
実は、この”しゅう”さんの命日には、うちに居たかったからである。

だから本当は、帰宅時間も1日に掛かってしまったのは
気分的には本意では無かったのだが…



そこは”安全第一”だったからね。。。無事で居てこその成功。



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/773-c8714070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。