07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

最終日のひと仕事。

   IMG_0600.jpeg

ある意味、昨日の予告通りか
今日は朝から、イイ感じに晴れ陽気になった為
燃焼中の、ストーブ内の熾き火の様子を窺いつつ
かなりなスロースタート気味にと、昼前あたりから
屋根上に登っての、煙突メンテへと突入したのである。

うちで使用してる薪と言うのは
決して、ナラやクヌギ等の、
燃焼効率の良い、火持ちもする薪を
燃やして居る訳では無い。

何故ならば
家業柄(農業)毎年のように発生する
植え替えの桃、梨、葡萄等の老木を
主に薪ストーブの燃料としてるからである。

それ故に
煤やヤニの溜まり方も
恐らくは、ナラやクヌギなど
良質な薪とは、確実に違うのだと思う。

今シーズン
ストーブに火を入れたのは11月の中旬であり
当然火入れの前には、煙突もストーブ本体も
完全とは言えないまでも、それ相応の清掃はしてる。

ブログには収めてなかったと思うけど
火入れから、凡そ2週間程で既に
ストーブ本体の触媒清掃をしている。

因みに我が家では
薪ストーブ自体、基本的に火は落とさない。

故に、シーズンを通して、ストーブは熱い

夜間も火を落としてない分
煤やヤニの溜まり方も、当然に早い筈。

いわゆる”酷使”的条件だと思う。

先に述べたように
ストーブ本体の”触媒”については
凡そのメンテタイミングが
2週間毎になる(本体の天板外して… 等)

この際も
種火は残す程度での作業なので
火は立ち上がらないが、、、割と緊張はする。


で、こんな”触媒清掃”は
実は、1週間程前にはやったばかりである。。。が

触媒清掃をしても尚
煙の流れも鈍く、抜けの悪さが
改善されてない感じだったのもあり
その時点で”煙突だな、、”と、
見当を付けて居たのである。

とは言え、清掃終了に伴い
着火目的で、大量の薪を投入した為
取り敢えずは、暫しの”様子見”として
この年末年始は、過ごして来たのである。

な、連休最終日の今日
最初に述べたように、ちょうど
熾き火の量も少ない状況で、煙突内温度も
200度を切ってた為、薪補充をしない様にと
両親に伝えての、昼前作業だったのである。

ゴメンなさい、前置き長くて… ^^;)

そんな訳で
ストーブ内は、ほぼ灰と化して居り
ほんの僅かな種火となる熾き火が多数。

取り敢えず、煙突作業を優先とし
両親が昼飯を食べ始めた中、ひとり屋根上、
煙突へと向かい、雨よけ的役割な天板を外す。

写真には撮り忘れちゃったけど
天板を外した状態で、煙突の筒の先には
長さ20cm程の延長用の筒が装備されてる。(我が家では)

その、延長部を外し
ひっくり返してみたのが、上のモノクロ写真。

ご覧のように、
子供のコブシ程も隙間が無いくらい
煤やらヤニやらが溜まりに溜まってしまってる。

これでは空気が、流れる訳が無い。。(即ち煙も)

更に、この延長部を外した上で
ストーブに、直接伸びる煙突本体を見ると…

   IMG_8141.jpeg
    ご覧の通り。。。

ここの時点で
空気の流れるであろう隙間は
辛うじて、子供のコブシ大程度である。

が、この状態が
下まで続いてる訳では無く
実は口元(出口)付近だけの状況。

本当であれば
煙突ブラシにて、しっかり煤を落とす所なんだけど
今回はこの”出口”を塞いでた煤、ヤニの除去を中心に
出口付近を塞いでた煤を、除去したに留まる。

もちろん

   IMG_4970.jpeg
    先に外した延長部もキレイにね!!

と言う訳で
今日の煙突メンテは、これにて終了し
あとは元に戻して、完了となる。。。のだけど…

延長部は兎も角ね
煙突側は、ごく当たり前に
除去した煤は、その殆どが
ストーブ内に落ちてる為
煙突を戻したあとは、居間に戻っての
ストーブ天板外し、及び落下して来た煤の除去。

序でに、触媒の再メンテ。。(これら、写真無し)

火入れから数え
煙突メンテのタイミングは、
概ねひと月半を、取り敢えずの目安として
残りのシーズンも様子見てみるとする。。

目安では、
次回の煙突メンテは、3月下旬か。。??

運が良ければ、調度火を落とすタイミングだ。

と、何だか前後しつつも
ダラダラと書いてしまった感があるのだけど



まぁ、、そんな連休最終日でした。。。 ^^;)



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/808-e61d3cd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。