07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

イジリのポイント

   sparco.jpg

あくまでも、僕の主観である。

今でこそ
”クルマ弄り”に関して
てんで気持ちが動かない、
そんな”微妙な”心持ちとなってるが
嘗てクルマを弄ってた際に
大概に”最初に手を付ける場所”と言うのは
決まっていたモノである。。

”カスタマイズ”と言う括りで見ると
案外に、見栄えから入ってしまいがちだけど
個人的には、そんな”外見”も重要だけど
それ以上に重視してた部分がある。

それは他ならぬ”インテリア”なパーツ。

比較的、安価に施すことが出来
気分も効果も、必要にして十分上昇する。

運転するにあたって、必ず手が触れる場所…

そう、、
ステアリングとシフトノブだ。

外見は、どれ程かっこ良く弄っても
自分が運転してる以上、常に眺められる訳では無い。

ステアリングやシフトノブは
必ず手に触れてる部分であり
比較的、視界にも入って来る部位だ。

そしてまた
交換してることで、印象もガラッと変わる。

結果として、現在では
エアバッグの標準化などもあり
軽トラック等も含め、特にステアリング等
交換することは無くなってしまった。。。(保険にも影響するし)

だからと言って
自分の中で、絶対に手を出そうとは思わないのが
安直に被せる”ステアリングカバー”だ。。。

あれは、ひとつの主張なのか?
ひとに寄っては、ステアリング交換の代替えとして
被せてる人も居るかも知れない。。

が、しかし…
個人的には、そんな代替え策は選びたく無い。

そう、被せるくらいなら
ノーマルの、ウレタンステアリングで通すし
どうせ印象やフィーリングを変えたいのならば
そこはやっぱり、交換する手段をとる。。

これはある意味”天の邪鬼”な部類なのか?

だけどこう、、何となく
手軽に、安直に済ませてしまう事が
どうにも”負けた”気になってしまうんだ。。

いや、誰と勝負してる訳でもないが…

近代車てのは
エアバッグのお陰で、そう容易くは
交換しようと思わなくなったけど
その分ぼくは、たかが軽トラですら
20年来使い込んでる、シフトノブへ付け替えてる。

その昔、
K11に組んだクイックシフトに付属していた、
ノブ単体としては販売されていないシフトノブだ。

手を置いてると安心する。
ステアリングは純正でも、シフトノブのみの
交換だけでも、しっかりと気分はノって来る☆



細やかでも、何処かに楽しみを感じていたい。。。



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 1
go page top

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| #
2016/04/11 03:47 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/903-902c7d94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。