09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

さもない事だ。。

   IMG_8233.jpg

取り敢えず。
そんな”ネタ”だからと
ウチワから、姫ちゃんで画像を収集。

先だって
地区の祭典行事の際
同じメンバーの中で、正役員をされてる
3つばかし年上の方と、お話しさせて頂いた。

氏もまた
趣味の系統的には、僕らと同様であり
通勤車として、初代ビートに乗られて居る。。

時に
”今度のビート後継(S660)どうです??”
なんて、伺ってみた所。。

何かこう、観点の違いに
”なるほどなぁぁ”なんて感心してしまった。

氏も、いわゆる”お仕事”としているのが
電子系技術関連な技術屋さん、そんな
技術屋魂的な観点なのか、やはりマニアックだった。

S660や新コペンについては
未だ、その外観程度しか公表されてないから
どんなに騒いでも、憶測の域は出れない。。。が

ビート乗りである
氏が、先ず持ち出して来たのは
”初代コペン”登場時の印象だった。

速い、性能も良い
それに伴って、その価格帯も決して安くは無かった。

が、車輛を下から除いた時に

”ぇ、、ぇえっ!???”

と、ある種愕然としたと…
勿論これは、各々の感覚に因るものなので
決してそれらが、100%悪い訳では無い。

”極論”とは言っていたが…

腹下からコペンを覗いた際
氏の受けたの印象としては

”ミラと何ら景色が変わらない”

とのことだった。
シャシー剛性も向上し、エンジン特性もまた
ROMで弄ればそこそこ誤摩化せちゃう。

その景色を見た時に
”何のコダワリもないんだな…”
と言う、そんな気持ちになったそうだ。

この辺り、僕は拝見してないので解りませぬ。。^^;)

と、まぁ
こう言った反応になるのも
そこはやはり”ビート乗り”さんだから
余計にそう”強く感じるのかな?”と、考えてもみた。

と、言うのも
これまた僕は知らなかったんだけど
初代のビートって、オイルパンが
アルミのフィン付きなんだってね!!

こう、言葉にされるだけでも
即浮かんで来るのは、印象的に
バイクのオイルパンだったりする訳だけど
そう言う見方からしても、やっぱ

”あぁ、、やっぱバイク屋だな♪”

なんて
微笑ましく思える部分だったりもする。

   p7.jpg
    Webより画像拝借


これまでは僕も
ビートに関しては、他が過給器付きで64psなのに対し
NAで64ps出してたとか、ミドシップ、前後異形タイヤなど
目に見える部分等しか、気にしていなかった。

そう、技術屋である
氏もまた、思い喜んでいたのは
その時代の、あの”ホンダ”の”無駄なコダワリ”(笑)

その”コダワリ”は
創り手にしてみれば、ど真面目な部分。
だけど確実に、コスト的には嵩んで来る部分である。

だからこそ
大半の車輛のオイルパンなんぞは
鉄板の一枚プレスなんだ。。。

クルマが高性能化するのは良いこと。
だけどそこに、プラスαの添加剤的意味合いで
少々”無駄”とも思える、何らかの”コダワリ”も入れて欲しい。。


今後、出てくるであろう
次期コペン(KOPEN→COPEN)
そして、次期ビート(S660)共に
ただ出して来るんじゃ、納得出来ない方々も…

多いのでは無いかな? なんて思った次第。

そうそう、姫ちゃんのオイルパンも
現在はアバルトタイプを装備してるから
あんな大袈裟な、アルミフィン付きだけど
ノーマルのオイルパンは当然に、鉄板の一枚プレス。

その容量も
アバルトタイプの4.5Lに対し
純正オイルパンは、2.5Lと、超心細い(笑)



てか、アルミのオイルパンは、景色が良いから好き♪(変な締め…)



スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f110r.blog111.fc2.com/tb.php/908-d984d2dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。