05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

2012最終日、そして振り返る。

   IMG_4499.jpg

えと、例外無く
2012年、最後の1日もまた
ヴェスパな組み付けをしてたので、まるで実感が御座いませぬ。。。♪

そんな一日を、後に記すとして
先ずはこの、今年最後のブログと言う事で
この一年間の主な出来事をば、振り返ってみますです。ざっとね ^^;)


そうね、身の回りに起きた
変化的な部分で言うと、、、先ずは2月。

それまで我が手元にあった、チビちゃんこと”NSR80”が
何とした事か、突然の思い付きにより、念願の”Dream50”に変身♪(笑)

NSR80導入時は、ある意味では”2st保護”な位置付けで
自身の元へ招き入れたのだが、ふと思い返してみたら
自賠責も切れてたし、2st車輛で言ったら、KDX125やvespaも
手元にある事に気付いてしまい。。。ドリ子に変身 ^^;)

と、かと思えば
翌3月には”02' ducati 748R”な出物あり
これまで乗って来ていた”80' ducati 900ss”の
10年間乗りっ放しの疲れ(バイクの)を癒す意味も込め
諸々悩んだ末、4月29日の納車日を迎える。

因みに、
”80' ducati 900ss”は、現在隠居中(9月に車検切れ)

あと、やはりこの4月
我が家の愛犬”しゅうさん”のお顔(右頬)に
腫瘍が出来てしまい、4月早々に切除手術したです。。


暫し期間があき
9月の初旬かな? 姫ちゃんでの関東遠征
初日は東京都美術館にて、フェルメールの作品鑑賞
翌2日目は、箱根ターンパイクにて
”NAVICARS x LOVECARS”なイベント”OVER DRIVE”に参加。

前夜には小田原まで来てて
準備万端でイベント参加出来ると思いきや
夜間の激雨に打たれ、姫ちゃん沈黙で、、、1時間半の遅刻でした(笑)

が、何故か
そんな姫ちゃん、新世代?マニアグルマとして、いっとーしょー♪

晴れて、雑誌”NAVI CARAS(2号)にて
僕も姫ちゃんも、大きめな写真で全国誌デビューでした。。 ^^;)

2012年前半が
殆ど姫ちゃんでのイベント参加が無かった分
この”OVER DRIVE”を皮切りに、無理矢理予定を組みながらの
半ば強行的イベント参加に…

9月末、ミラフィオーリ参加未遂(12月に順延、木曽まで行っちゃった)
10月 、14日に富士トリコローレ。27日に浅間ヒルクライム観覧。
翌28日、別用あったも、フレンチブルー行ってみた(だけ)←既に終了だった。


11月8日(土曜)
愛犬しゅうさん、散歩はしたモノの
いつもの様な元気が無く、食欲も不振気味。

以降、体調を崩す。。。

凡そ3週間の不調の後
12月1日、しゅうさん、お星さまになる。。。

この一年間で、
色々な出来事があったけど、何よりもやっぱり
この”しゅうさん”の出来事が、一番衝撃的だった。

しゅうさん、苦労掛けちゃってゴメンね… そして、ありがとう。


続いて【 本日の作業】 ^^;)


昨日現在
遊びに来ていた友達が帰宅してからも
ずっとヴェスパな作業は続けてて、深夜1時の時点で
ひと通りの配線、結線までを終了し、作業を中断。

そんな今日
結線までをやってあった事から
少々スローなスタートも、10時過ぎには作業開始。

先ずは燃料タンクを載せ
燃料注入、徐にキックをし始め、早速の始動を試みる。

なかなか掛からないも
キック20回程で、初爆を得る。
以降、数回エンジンは掛かったモノの
直ぐに止まってしまう。

原因は解ってる。
投入した燃料が、1年以上前の物だから♪(笑)

ヴェスパをバラした時に
抜いておいた燃料、1リットル である。

始動の間隔は短くなって来るも
なかなか吹け上がらず、
当然アイドリングまでも到達出来ない、、、

初爆から、40分程経過した頃か
ようやくスロットルの捻りにも応じるようになり
何とか、始動継続を維持出来るようになる。

昼過ぎに、出掛けた序でにと
オイルを購入し、帰宅後
自宅ストック分の燃料にて、新たに4リットル投入。

ふふふ、、、イイ感じにアイドリングもする。

取り敢えずは、
この段階で、外板パーツその他を組み付け
見れるカタチにまで仕上げる。

今回、綺麗にした事に伴い
主に変更した部分を、以降に挙げてみます。

   IMG_4484.jpg
    先ずはマフラーです。(abarth reprica)

以前のマフラーは
純正だったけど、タイコが派手に腐ってて
見るに耐えない状態でしたのの… ^^;)

   IMG_4494.jpg
    スピードメーター(まだケーブル無し)

そしてこのメーターも
元々の装着されてたモノは
メーター自体も破損しており、
そもそもケーブル自体も、装着されてない状態だった。

   IMG_4495.jpg
    ハンドルロック(キーシリンダー交換)

バラす前までは
ロックは利かず(キーすらも無く)キーシリンダーの上から
塗装されてたと言う、何とも酷い状態だった。

   IMG_4496.jpg
    ツールボックス・キーの新調

付いてたキーシリンダーは
ロック機構が応急処置的状況で、満足に機能せず
気分的に許せなかったもんで、此方も新調。

   IMG_4497.jpg
    スペアタイヤ、リア移設。

本来、レッグシールド裏に
スペアタイヤは装着されるのだが
うちのには、ステーはあったが、タイヤは無し。

今回、リア用のステーと共に
スペア用のホイールも、1本追加。

   IMG_4498.jpg
    ワンテール

この車輛はそもそも
ブレーキ配線が無いのだけど
装着されてたテールは、後のGSと言うシリーズの
テールランプであり、ケースの腐食(アルミ)も酷かった為
本来の純正である、このワンテールに新調。


で、エンジンは掛かったモノの
実はまだ、走れる状態ではなく、灯火類も
現状、一切点かない状態でもある。そして何故か
クラッチを握ると、エンジンが止まると言う症状も…

当初の目標が
”年内にカタチにはする”と、してたのもあり
エンジンが掛かった事で、取り敢えずの一段落とし
こう言った組み付けに踏み切りました。

未だ、グリップもまだ未装着
灯火類の点灯配線等も、追う事になる為
まだまだやる事は一杯ですが、先ず
一つの区切りとして、ご理解頂ければと存じます。

そして、
始動状況は、こんな感じです。

   
    何気に始動性は良いです(笑)



本年の振り返りと共に
長々と書いてしまいましたが、この一年… と、言うか

4月から、継続更新を心掛けたこのブログ
皆様からのご支援があったからこそ、苦労しつつも
日々の更新をして来れた、そんな部分は大きいです。

慣れない文章に
限り無く偏った内容が多い中
沢山の方の来訪に、心よりお礼を申し上げます。

来たる2013年もまた
皆様にとって、より良き一年になります様
心より願いつつ、この2012年の当ブログを
締め括らせて頂きます。


どうぞ皆さま、良いお年を… そして
2013年もまた、当ブログをよろしくお願い申し上げます。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

頑張り、その恩返し…

       1110.jpg

今日の写真。
凡そ3週間ほど前、11月10日
しゅうさんの、体調不良を認識した日の夕空。。

今日はね、自身への覚え書きも兼ねて
しゅうさんが頑張った、12月1日の
僕が見た、感じたしゅうさんの模様を、書き留めたいと思います。

とても纏まりの無い長文ですが、
どうぞご理解を頂ければと思います。。

先ず、この日までの
しゅうさんの容態はと言うと…
心不全、右顔面麻痺、左半身不随(主に前脚)
食欲の不振、、、意識朦朧。

11/10からの1週間では
自力で動く事も可能でしたが、17日の晩
左前脚の麻痺が発生して以降の2週間は
ほぼ、自力行動は不可能、寝たきり状態に…
何度と無く、注射によるクスリ投与も
試みていましたが、、、

それら状況を含め
以降書き留める内容も、ご理解して頂ければと思います。


12月01日

前日、夜からの
居間でのコタツ寝から、早朝4時半頃か
玄関に居る、しゅうさんのリード金具が
”カチャリ”と聞こえた気がして、起きる。

様子を見に行くと
やはりしゅうさんは、力なく
フラフラしながら、立ち竦んでる。。

『しゅうさん、おトイレか??』

玄関の扉を開け
リードを手に、しゅうさんを外に誘導。

時間は掛かりつつも
自力で一歩一歩あるき、玄関先
2m程の植木付近にて、用を足す。

と、気付く
この時のしゅうさん、玄関を出る時は
左前脚を地に着けてなかったのに、玄関先では
割としっかり、左前脚も地に着けてる。

『しゅうさん、脚大丈夫なの??』

と、聞きつつも、その様子を見守る。

時間を掛け
再び玄関へと向かい、中に
入るのかと思いきや、しゅうさん。。

入る前に、両前脚を前に出し
”グゥ〜っ”と伸びの動作をする。。深くはなかったけどね。

その後、玄関に入ってからは
水を飲んでから、敷いてある毛布の上に
力なくドサッと横たわり、眠りにつく

僕も再び、コタツに戻り
うたた寝案配に寝に入った後、6時前後か
次は母上の呼び掛けにて、目が覚める。

『さと、しゅうのとこ見てみ!!』

飛び起きて、玄関まで行くと
しゅうさんは、此方を向いて揺れながら座ってる。

僕の姿を見たからなのか
立ち上がり、徐々に頭を玄関の扉方向へ向け
気分的には”おトイレ??”的な動作。

先程と同様、しゅうさんのペースで

明るくなり始めた頃合い、しゅうさんは
先程の行動とは違う、右方向へと歩き出す。

玄関から右方向、5mほど歩いた所で
しゅうさんは座り込み、辺りを暫く見回してる。

この歩き出した方向の先には
しゅうさんが、ずっと寝泊まってた小屋がある。

3分程か、経過した頃
しゅうさんは立ち上がり、小屋へは向かわず
来た道を戻り、玄関に戻るのかと思ったら
玄関へは背を向け、やはり5m程歩いた先
植え込み付近、先程同様座り込み、辺りを見渡す。

そしてやはり3分程。
立ち上がり、用を足す事無く玄関へ…

今まで以上に力なく
気力だけで動いているように感じ
この時点で、リード及び首輪を外してあげる。

しゅうさん、ここのところ
殆どご飯を食べてくれず、ただただ体力が
消耗して行ってるだけ、食べてもくれないから
出されたクスリも、服用出来てない。。

ふと思い立って
コタツの上の菓子鉢から、柿ピーを握りしめ
意識朦朧な、しゅうさんの鼻先へと
柿の種を寄せてみた所、、、しゅうさん、食べた!!

ピーナッツも含め
6つ程度の柿ピーを食べてくれた!!!

何気に、クスリも挟んで食べさせちゃったけど…

その後しゅうさんは
たくさんの水を飲み就寝。。。

その後、7時半頃か
居間には家族が概ね、揃ってる。
玄関では、注射のクスリが切れたのか、
半ば規則的にしゅうさんは、哭いて居たのだけど
ご近所からの来客もあったりで、バタバタ動くのも
失礼かと思い、しゅうさんの元へは行かなかったのだ。

僕は、窓際の
コタツの席に座ってたのだが
ふと、哭き声がやみ、暫く経った頃
僕の正面に居るお袋が、僕の左脇を指差し

『さと! しゅう、そこに来てるわ!!』

言われて直ぐ
振り返ると、サッシ硝子に寄り掛かるように
此方をぼんやり見ながら、立ち竦んでる。。

すかさず飛び出し
しゅうさんをサポートすると
ヨロヨロしながらも、テレビの前まで歩き
しゅうさんは横たわる。。。

うん、玄関に戻す理由も無く
しゅうさんは、この時間からずっと
家族と共に、居間で過ごす事になる。


昼前に、
僕は一寸した用事もあり外出したモノの
しゅうさんは、特に変化無くずっと寝ていたらしい。

お昼なタイミングで
姉上も参上、半ば安心な気持ちもあり
14時過ぎだったか、しゅうさんを
姉、お袋に任せ、親父と共に買い物に出たのだ。

調度、レジで清算してる頃
僕の携帯が、ぶるぶる震える。。。

相手は姉貴。
すぐさま出て、僕の第一声が

『どした!? 痙攣???』

返答は、正にそう
一生懸命藻掻いて、横たわったまま
4本の脚をバタバタ、走るように…

姉からの”早く帰ってこい”な
電話の向こうで、お袋の声で

”しゅうちゃん、さっちゃん来るまで頑張れ!!”

清算も済ませ
少々急ぎ気味に帰り道。途中、信号待ちにて
しゅうさんの状況をと、折り返しの電話。

”うん、大丈夫、、今は落ち着いてるみたい。。”

気持ち安心して
10分程後に帰宅し、しゅうさんの元へ

うん、買い物前と同じような感じ。。息もある。

こんな状況が、暫く続き
夕方には姉も帰宅、両親も、近所への用事と
しゅうさんと僕のみの時間となり、僕も
片手間で用事を足しながら、
しゅうさんの、状況を見守る。

それまでと、チョット違った動きを見せたのは
19時半を回った頃、グゥッと引き付け気味に伸び
頭もあがり、虚ろだった目も… 瞳孔が開きっ放しに。。。

調度そんなタイミング
お袋が帰宅し、その旨を伝える。

しかし、しゅうさんは頑張ってる。

親父も帰宅し
しゅうさんの状況を気にしつつ
早々に夕飯も終え、居間へ移動し
変らぬしゅうさんに、僕もコタツへ入る。


テレビを観つつ
しゅうさんを気にしていると、20時を過ぎた頃
しゅうさんの動きに異変、痙攣をしだす。。

すかさず駆け寄り
しゅうさんを擦る、前脚を握る、声も掛ける。。。


最期に、一声振り絞った後
しゅうさんは、グゥゥ〜っと伸び、、、息を引き取りました。。。


 2012-12/01 20:06... 永眠


お腹の上下も無く
心臓に手を充てても、鼓動が感じられない…

途端に、涙が溢れ出しちゃったよ、、、

手を充てて
開いたままの眼も閉じさせて… 本当、寝てるように。。

最後の最後に、
辛い思いをさせちゃって… なのに
しゅうさんは、ちゃんと家族と一緒に
その最期を過ごさせてくれた、過ごしてくれた。。


しゅうさん、最後の頑張った一日。


朝、例え僅かでも
僕の前で、しっかり4本の脚で歩いてくれた事。
”まだ大丈夫だよ♪”と、言わんばかりに
玄関前で、小さく”伸び”を、してくれた事。
結果的には、最後の食事となってしまった
僕があげた”柿ピー”も、少しだけど、食べてくれた事。

そして、玄関先5m
座り込んで、辺りを見渡してたのは…

その景色、眼に焼き付けてくれてたのかな。。。

日中の、大きな痙攣は
僕は見てないんだけど… もしかして、見せなかったの??

しゅうさんの”頑張り、その恩返し…”

返される恩は、何も無いんだけどな、、、
そんな僕に、こんなにも沢山、特別な行動を見せてくれた。

そして最後に
居間まで上がって来たのは、
やっぱり皆んなと、一緒に居たかったんだね。

家族だもんね。
朝、首輪を外したのは、正解だったんだね。


12/03 埋葬の際
しゅうさんの、小屋の前で暫し
台車に乗せたまま、日向ぼっこをさせてあげました。

掛けてある毛布を、全てはずして、、、

その、安らかな寝顔に
同席してた、姉、お袋と3人で


『ホントに日向ぼっこしてるみたいだね♪』


しゅうさん、
たくさんの恩返し、本当にありがとね。。。

tb: 0 |  cm: 0
go page top