03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

心に残るベベル。。

   IMG6096.jpg

気が付けば
もう既に、とうに1年を経過してるけど…
そう、昨年の8月までは、僕の手元にも
”ベベル”と呼ばれる”ちょい旧”なドカが存在してた。

748Rを導入後
2年余りを、同時所有と言う形で
手元に置いてきたのだが、結果として
メイン機となったのは、買い足した748R。。

”ベベル”こと900SSは
なかなか始動させる事も無く
時折引っ張り出しては、洗ってあげる。。。

そんな事の繰り返し
また、4輪も含め、車検付きも多数あった為
残ってた車検を使い切り、継続車検は見送りと
いわゆる”公道”も走れない状況になった。。

そんな経緯もあり
価値あるオートバイである事は百も承知で
実に所有12年目にして、昨年8月に手放したのである。

ただ”知らぬところへ”では無く
これは無条件で、有無を言わさずに
僕自身が購入したお店へ、、、戻した。

何故ならば。。

この長野の地で
凡そ35年前に、新規登録された正規車輌であり
ギタギタに傷んでは居たが、ナンバープレートも
色も掠れた”当時のナンバー”を維持していた。

だからこそ
僕もまた、このナンバーを生かしたい想いから
売却先は無条件で、自身が購入した地元のショップさん。

因みに、Dラーとかでは全くない。。

で、この旨は
半ば暗黙の了解だったのか
引き上げ時に、一応”ナンバー維持”を
お願いした際に、店主殿からは即答で

”勿論そうするさ! だからうちに出してくれたんでしょ?”

此方の気持ちも一枚噛んで
尚且つ、恐らくは店主殿の気持ちも一枚噛んで。。

”当時のナンバーを継続利用する”
即ち、次のオーナーさんもまた”長野”管轄が前提となる。

半年ほど前か
”みーこ(748R)"の車検の為
光軸調整に伺った際の事。。居たんだ♪

工場の奥
数多く並べられてるバイクの中に
DUCATI 916SPS、MV AGUSTA F4と共に
横に並んでひっそりと、、DUCATI 900SS(bevel)

お店にある内は、
走って居なくても、妙に安心感だ。。。


こうして
一度手放した以上、またもう一度
”ベベル”を購入する事はないと思う。。(価格とかでは無く)

そしてこの
手放してからの1年と3ヶ月余りも
当初はやはり、寂しさはあったものの
思いの外、尾を引く事は無く、日々を過ごしてた。

とは言えやはり
SNSで流れてくる画像だったり
街やイベントで”ベベル”を見掛けると
そこはやっぱ、眼も行っちゃうし
その個体が走っていれば、まず確実に
あの歯切れの良い、コンチマフラーの排気音に
懐かしみつつ、耳を傾ける。。。

やはり気持ちは残ってる。。

今回、とあるショップさんにて
こんな僕に、グッと来る”カットモデル(模型)"を
譲って頂く事が出来、そのディテールの細かさに
フレームカラーこそ違えど、細部に渡るまでのこの一致感。

かつて、僕の手元にあった
あの”ベベルドカ”を思い出しながら
その心地よい”コンチサウンド”を思い出しながら…

我が元に戻ってきた”小さなベベル”

眺める喜び
そして、想い出す喜び。。

僅か12年余りでも
”ベベル”を経験出来て本当によかった。。。



今でも感じる、あの頃の”DUCATI”の魂。。



tb: 0 |  cm: 1
go page top

ただならぬ妖気。。。

   IMG_1993.jpg

朝からの空模様は
何となく、はっきりしない模様だったも
10時を過ぎた辺りから、すっきり晴れ渡り
非常に過ごし易い陽気へと変化。

そんな午前は、
お彼岸のお中日とのことで
母方の実家へと赴き、お墓参りを済ます。

出掛けた時間も遅かったり
出先ついでで寄り道したりで
帰宅を果たしたのは、14時を回った頃だ。

と、そんな帰宅間も無く
僕の元へと、漆黒の来客が現れた。。。

ぇ、、エライこっちゃ… ^^;)

体感的に
騒々しいのは、うちの”みーこ”の方が
1.5倍くらい上手なるも(笑)
この参上した”漆黒の戦士”は、何かと半端ない…

我が家の”みーこ”も引っ張り出し
2台を並べて、眺めながらのお話しタイムで
暫し楽しみの時間を過ごす。。

本日は”お披露目”と言う事で
一緒に走るまでは、ならなかったも
これからのバイクの時期に向け
お互いに身体も慣らし、楽しいシーズンを
過ごせるようにと、今日のところは
我が家での2台を前にしての談話でお開き。。

僕は兎も角
彼はなかなか、時間が取れない故
次回、一緒に走れるのがいつになるのか
現状では、予定として立てられないのだけど…

我が地元、僕の周りでの
数少ない、貴重な”ドカ乗り”さん

こうして報告し合う事が
時間を取って走れない分の”穴埋め”となってる。

今日は、うちの”ドリ子”にも乗って貰って
現状での”感触”を味わって貰ったけど(彼もドリーム乗り)
自身で感じてた感想と、似通ったお答えに
ちょいと”ぷち満足♪” ドリ子はもちっと
手直しする部分もあるけど、ほぼ、、、完成かな?



同系車種に乗ってるって、、、イイよね♪ (*^^*)



tb: 0 |  cm: 0
go page top

もうすぐ”ひと月”

   IMG_9500.jpg

様々な心境の変化により
突如にして、ブログを休止した訳だけど
そんな休止期間には、やはりこの
”心境の変化”の一端とも言えるべき出来事も遭った。

26歳の夏
正にその”勢い”で購入、乗り出してた
”タマちゃん”こと”Ducati 900SS”を、手放した事。

ざっくり数えて、、14年余り

幸か不幸か
4輪も含めて、乗り出すべく対象が多々あり
こと、"Ducati”に関して言えば、2年半前に導入に踏み切った
”みーこ”こと”Ducati 748R”があり、この導入に併せ
タマちゃん(ベベル)は、暫しの隠居生活となっていたのである。

が。。

隠居と言っても
結果的には本当に、ただ隠れ潜んでいるだけの状態で
なかなかに、手を掛けてあげる事も出来ず、事実上の
”お不動さま”状態へとなって行ってしまった。。。

748Rを導入した際に
”もう少し気軽に乗り出したい”と言うのがあっての
増車だったと言う事もあり、結果として”お不動さま”と
なってしまった”タマちゃん(ベベル)”を、手放す事とした次第。。

勿論、、絶対的価値は”タマちゃん”にある事は百も承知。

闇雲に手放した訳では無く
しっかり、自身が購入したショップさんにて
引き取って頂いた。。。何故ならば

勿論、それ相応の想い入れもあったからだが
それ以上に、僕が乗らせて頂いた”タマちゃん”こと
Ducati 900SS は、実は”ワンオーナー車”であり
1981年に正規車輛として、この長野で登録された個体。

勿論、ナンバーも当時のものがそのまま付いていた。

自身の手は離れてしまうも
この”当時のナンバー”は、どうにか継続し
残して行って欲しかった部分なのである。

こと、今回のこの流れにて
引き取り店店主殿もまた、同様の想いを抱いて居り
引き渡し時点では、店主殿自身が

”オレ乗ってようかなぁ〜、、好きなんだよね。ベベル”

なんて、言ってくれてた。
結果、どうなるかは解らないけど
もしも、本当に店主殿が、本当に乗り出してくれるのであれば
僕としても、気分的には”願ったり叶ったり”である。。

手元を離れて、もうすぐ”ひと月”

そして僕の手元には
彼に費やし、所有していた証とも言えるべく
これらアイテム群が、残された次第。。。

   IMG_9504.jpg
    これ以外に、レース管(ヴェルリッキ)一本



寂しい反面、申し訳なさは、、、消えたかな… ^^;)



tb: 0 |  cm: 1
go page top

忘れた頃に… 振り返る

   kicx0051.jpg

そのむかし
タマちゃん(900SS)と併せて
脚バイクのつもりで導入した。。。パンタF3

それなりに楽しみつつも
そこはやはり”車検付き”と言うのもあって
最終的には、継続車検も取らずに
”保管”と言う結果になってしまった。。。バイク

今日のこの写真。
プチツーがてら、走りに行った先で
道を覆い被せる様な、大きな桜の木があった為
交通量の少なさにも助けられ、パチリと撮った一枚。。

なんでだろな。。
不思議とこのパンタに関しては
”これ”って言う写真が、殆ど残ってない。

別に嫌いだった訳じゃないし
寧ろいまでも、もう一度乗りたいと思うバイク。(F1含め)

時のタイミングだったのか?

当時は普通に
デジカメだって持ってたし
携帯にだって、カメラは付いてた。。のに

フィルムも含めて
”寄った画”での、パンタの写真が
ホントに出て来ない。。。

記憶の中では、撮った覚えがあるんだけど…

僕が所有して来たドカの中で
確実に、撮影物が多いのは…

   748rlw.jpg
    現在の"748R"である。

うん、この”748R"はね
色んな意味で”特別なんだ。。。

デザインへの憧れ
仕上げてくれたショップさん
そして、、僕の元に来てくれた経緯…

それら想いの現れが
正にこうして”写真”に納めると言う行為に
出てるのかな? なんて、思ったりする。

これまで乗って来たドカも含め
何だか多分、僕にとっては”宝の持ち腐れ”感が
とっても強いように思えるバイク。。それがドゥカティ

けど、選んでしまった事で
こうして抜け出せなくなってる自分も居るし…

こうして改めて
思い返してみると、、、

 89' 750sport
 80' 900ss
 84' 400F3
 02' 748R

何かこう
それぞれにやっぱ”思い出”はあるし
”想い入れ”もまた、それ相応にある。。。

15年近くも
"Ducati”と言うブランドのバイクに乗って来て
未だに、満足に上手に乗れてない僕だけど…

”出逢えて良かった”と心底思える、そんなブランド。。

色んな意味で
いい具合に”クセ”のあるバイクだけど…



いつか、もっと愉しく乗れるように、、、 頑張る。



tb: 0 |  cm: 0
go page top

”KADOYA”謹製??

   IMG_7980.jpg

レザー製品に対して
”謹製”と言う言葉が、適当かどうかは別として…

いつだったかな。。
僕自身、絶賛ベベル乗り回し中だったあの頃、
そうなぁぁ、、多分、2007〜08年辺りに
購入したんだと思うけど。。。

現在では、
どうやらもう、廃番となってる様子??

   K29-8222.jpg
    Ride Wader-CR

さすがにこれ
この写真は、KADOYAさんのカタログにも
掲載されてた写真だけに、ブーツとのマッチングもGood!

撮影アングルとか、ほんと”非の打ち所”が無いやねぇぇ。。♪

コレをね
レザーパンツとか揃えるより先に
何かこう、頑張って買っちゃった訳ですよ!!

当時はバイクも
ベベルドカだったから、案外にシックリ来てくれて
ジーンズとかと合わせて使用してたもんだから
結局は、未だにレザーパンツが揃って無いとかって状況。。。おぉぅ

因みにこれ
装着する際に併せて使用したブーツは…

   IMG_7982.jpg
    DAINESE AXAL RACE、、、

このブーツ、今でも現役で使ってるけど
何でこの、ベベルな時代にこんな近代的ブーツを
チョイスしたのか… しかも、この”Ride Wader-CR”を
併用する前提だったにも関わらず。。。

それはね、、、だって”天の邪鬼”だし♪(笑)

ほら、うちの”姫ちゃん”に
スパルコのブルーのフルバケ入れたのと
そのチョイス加減は似てるかもです。。


で、まぁ、、当然に
ベベル時代からこのブーツとの
マッチングで乗り出してた訳だけど
一応ね、参考までに被せてみると…

   IMG_7983.jpg
    アングルが非常に微妙ですが… ^^;)

ね、上に載せた
カタログ掲載写真とは
もう雲泥の差ですな。。。けど

個人的には、白赤のブーツとの
この合わせ技も、嫌いじゃないのである。(負け惜しみ?)

因みに後ろは…

   IMG_7984.jpg
    4本のベルトと共に、ファスナーも装備。

しっかり考えられてまして
その度に、この4本のベルトを外す事も無く
上から3本分までは、ファスナーで一括解放が可能。

踵部のベルトのみ
ファスナーハズしても、機能してる仕様です。

後ろから眺めた
この”イカツイ”感じが
何かこう、ロックで好いよね〜♪


が、しかし…
何度となく書き記している通り
僕の、現在のメイン機は、かの”ベベルドカ”から
グッと近代化した”748R”へと入れ替わってる訳である。。

”748R”にしてからは
実は1度も、この”Ride Wader-CR"を
使用した事が無い、合わせた事が無い!!

と、同時に
ずーっとハンガーに掛けておいて
まるでノーメンテだった訳で… すごく古惚けとる。。

ちょっとね、
ちゃんと復活させて、、、



”KADOYA謹製” みーこでも使ってみよかな?? ^^;)??



tb: 0 |  cm: 1
go page top