10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

 かんぱに日和 

~ 多趣味的百姓予備軍 ~  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

半ば予定通りだ。。

   IMG0245.jpg

穏やかな日曜日
柔らかな陽射しの中
今日は午前から、ある意味では
先週からの続きとなる、ブドウの枝集め。

先週までの土日では
桃の剪定枝を集め、その場で火焚きと
そんな流れでの作業だったのだが
今日集めたブドウの枝では、その畑には
ブドウ棚がある関係で、その場での焼却は不可。

それぞれの畑から
軽トラに積み込んで運び出し
火焚きのし易い、安全な場所へ
まとめて置いておく。。(後日焚き付ける)

大小全部で4枚ほどあるブドウ畑
運び出した台数は、軽トラック10台分余り

   IMG0241.jpg
    お昼に帰宅で、梅咲いてた。

で、しっかり日没まで掛かったも
お昼時の僅かな時間を使い
微妙に進めてた”みーこ”のヘッドライトを
ハロゲンからLEDバルブへと変更。

今回は、
色々と様子見、テスト的意味合いもあり
敢えてのAmazon安価品。。

そして、
ちょいとハイカラにと
Lowビーム側はイエローバルブを選択。

公称3000Kと歌われてるも
メーカー曰く”ハロゲンほど明るく無い”と
しっかり書いてくれてる辺り、、親切だぜぇ(笑)

まぁ、Hiビームも含めてだけど
僕は殆ど、みーこでの夜間走行ってのは
限りなく遠方に行く時くらいしか、走らないから
この辺はもう、完全に割り切ってるですな。。

まぁ、バルブ自体の価格も
それはもう、超破格品だったから
既にこれ”ダメで元々”の精神だ。

僕の元には
みーこに対応するヘッドライトユニットが
何気に2個ある訳で、内ひとつは当然に
車体には付いてない状態で部屋に転がってる。。(笑)

バルブを交換するのが
地味に面倒だったりなんで
取り敢えず、部屋にあるユニットに
バルブを仕組み、点灯確認を実施。

因みにHiビーム側(H3バルブ)は
台座の既存穴が、ハロゲン用で小さく
LEDバルブが入らなかった為、最小限度
装着に支障が出ない程度までヤスリで削り
穴を拡大しての装着となってる。

   IMG0221.jpg
    台座組み込み状態で、違いが解らないけど…

で、さて
点灯及び、装着確認も出来てるから
あとはヘッドライトを付け替えるだけ。

これまで
”みーこ”に装着してたライトは
何気に996用の物なのだけど
外してみたら、Hiビーム側のポジション球。。

配線も無ければ、メクラもされてない?

   IMG0251.jpg
    因みに748用(LEDの方)は両方付いてる。

今更気づくのも
又なんだか変な話なのだが…


この、ヘッドライトが
手元に2つあると言うのは
単にこれ、748純正のライトが
取り付け樹脂部が、破損した為に
代わりにと購入した物。。

取り敢えず
現在では、破損部も補修済みで
装着使用は可能なんで、今回
LED仕様のベースに仕向けた次第。

さて、
ヘッドライトを外した序でにと
妙にガタが大きかったメーター部も
それとなく確認し、原因不明も
取り敢えずはガタツキを少なく対処。。

ヘッドライトを装着し
カウル装着前に、各部の点灯確認。

ひと通り確認済んだら
暖機しつつの、カウル装着で
光り具合を見たいからと
屋外から、収納指定席の暗がりへ。。

   IMG0242.jpg
    Hiビーム点灯で”オッドアイ”が魅せる♪

さてさて
夜間の走行率が低いとは言え
微妙に、せめて実用レベルでの使用は
果たしてて欲しい部分だが。。

何気にまだ
どの程度”照らすのか”は、、未確認だったりする。



見た目的には、半ば理想的なんだけどな〜。。



tb: -- |  cm: --
go page top

マフラー。。

   IMG0197.jpg

ステー部にクラックが発生してた
”みーこ”のマフラーを、半月ばかし前に
車体より外し、行き着けてるクルマ屋さんに修繕依頼。

そして先週末かに、
修繕完了で、手元に戻って来た訳だが
前回のブログでも触れたように、その週末は
家の仕事(枝焚き)があって、作業には至らず。。

そんな今週も
土曜の午前いっぱいまでは
先週からの残りの枝焚きに追われ
結局のところ、午後からの自由時間。。。

が、
今週末は夜勤週でて
ほぼ当然ながら、金曜明けの土曜は
帰宅後寝る事もせずに動いており
お昼も回って、家仕事がひと段落したせいか
思い切り気が抜けて、眠りはしなかったも
気付けば暫しの”ぼー”っとタイム。。

天気は良かったものの
午後になれば、定説ながら
風は吹き始めてて、しかもそれが北風で
いい感じに冷たいのである。

ふと気付けば15時を回ってたも
外したままのマフラー一式はもとより
外されてる車体側への、ちょっとした懸念もあり
そこは”寒い”とも言ってられず、マフラー作業を開始。

今回の補修箇所
メインパイプ本体ではなく
パイプに溶接された、固定用のステーが
何かしらの力(振動?)にて、千切れた状態。。

ステー部上下で溶接されてたも
上側が完全に千切れ、開いてたのだが
今回の修繕で、当然ながら元位置まで戻し
ガッチリと溶接をして頂いたのだが
微妙に、ちょいと不安だったのは
この”元位置に戻す”事で、車体装着の際に
多少でも”無理が掛かるのかも??”と
考えていたんだけど、そんな不安を他所に
エンジン側から仮付けしつつ、穴位置も確認
装着確認と、自分なりにチェックしながら
最終的に全てを本締めで、、割と無理なく着いた次第。。

時間にして
概ね一時間程度か
バッテリーも装着し
エンジンを始動、各部の排気漏れも
素手を翳して確認し、暫しの暖機。。。

20分ほどの暖機の後
カウルは未装着だったものの
自宅周辺を、ほんのちょっとクルっと回り
帰宅後、指定席へと収納。。

時間的にも
もっと早くに作業してれば
オイル交換までもと、考えて居たも
点検窓越しのオイルも、微妙にまだ
透明度が残ってる印象もあり、更には
時間的にも16時を回り、風を無しにしても
気温的に低くもなり、また、近隣への迷惑など
諸々の事象を踏まえて、オイルに関しては
もうちょっと、様子を見てみる事にした。

まぁ、取り敢えずは
マフラーが装着された事で
先ずは走れる状態になり
その気分的にも、やはり違うもんである。

そろそろ陽気も
いい感じに春めいてきたし
このまま雪も無く、塩カルも撒かれず
幾度かの雨でも来てくれれば、ようやくに
乗り出しシーズン到来か??



オイル交換手順、予習しとかなきゃ!!



tb: -- |  cm: --
go page top

枝集め、火焚きの週末。。

   IMG0182_20170226221926ee0.jpg

金曜日の午後か
”みーこ”のマフラーの
溶接依頼をしていたクルマ屋さんより
”出来上がった”との一報を受け
仕事上がり、帰り道に立ち寄って受け取る。

この日、
世間は俄かに”ハッピーフライデー”とかで?
この帰り道も、心なしか、妙に混んでた気がする。。

批判とまでは言わないが
全国民、全労働者が、均等に受けられない
そんな”デマカセ”な新制度なんて。。

どこが”ハッピー”なんだ??

で、さて…
無事に、作業終了したマフラーを
受け取った僕は、予想以上なその”仕事”に
気持ち”ニコニコ”しながら帰宅。。。

そんな作業箇所は、、

   IMG0170.jpg
    このステーの溶接部だ。。

因みに作業前は、、

   IMG0152.jpg
    ほら、上側千切れちゃってたん。。

車輌に装着しても
ごく当たり前に、目に入る箇所だけに
そこはやはり、その出来栄えも不安だったりで
先ずはひと安心だ。。。(まぁ、お店にも信頼を置いてるが)

こうして
マフラーが戻ってきた事で
あとは”みーこ”に取り付けるだけなのだが
これがまた、金曜に受け取って、週末土日で
作業決行となるのかと言えば、いい感じにそうでは無く…

そう、この土日は
我が家な桃畑での手伝いで
剪定した枝の焼却作業と
予め、一週間も前から言いつかってたのだ。

な、訳で取り敢えずは
やろうと思えば出来る作業も
先ずは無難に、この週末は手を付けず
畑での火焚き作業に、集中した次第。。

と言っても
枝を集め、適当に纏めるのは
母上の仕事で、僕ただ
その、適当に纏められてる枝を抱え
更に一箇所に持ち寄り、焚きつけると言う
そう言った作業運びである。。。

即ち、
母上は基本、座りっ放しで
僕は基本、歩きっ放しってな感じだ。

我が家には
軽トラもある訳で
両親曰く

”トラックに積めばイイんだねぇか”

と、言われるのだが
これ、僕個人的にはね
一気に運べるという利点はあるも
気分的に、一度積んだ枝を、
再び抱えて、また降ろすって行動が
どうにも”二度手間”に思えて、好きでは無いのである。

当然ながら
効率的かで言えば、”非”効率的である。。

だけどね、
この時期はまだ
畑での作業も、そう忙しくは無いし
こうしてのんびり、自分の足を使って
ただひたすらに”行ったり来たり”を繰り返すのも
ある意味では、運動不足解消にもなるかと考えて
この土日で、歩き回ってた。。。。ら

微妙にこの夕方から
枝を抱えてた、両腕上腕部が
イイ感じに筋肉痛的な…

脚はどうやら、、大丈夫そう??

この2日間で
拍子よく、天候にも恵まれたも
畑の大きさ的に、日曜時点で
全作業を終える事が出来ず、自動的に
残りは次の週末へと持ち越しへ。。

まぁ、残りの量的に
土曜一日で終わるだろうし
そうなれば、件のマフラー作業も
日曜を使って装着、暖機、オイル交換と
ひと通りの作業を、一気に実行出来るかな??

そうなのだ。
マフラー以外の作業もあったから
この週末には、手を付けなかったのである。。



ほら、時間に追われて作業するのも嫌だし。。。♪



tb: -- |  cm: --
go page top

そしてデータ移行。。

   IMG0162.jpg

iMac導入から
何やかんやで、じきにひと月を
経過しようなんて、この頃合いに
まぁ、如何にかこうにか
諸々の環境整理も出来たからと
仕事上がりでの昨日、18時頃からか
これまで使用してたMacBook Airの
データ以降を実施してみようと、思わず開始。。

そう、
何気に、マックでの
この手の作業は初めてだったりで
微妙に手探りながらも始めてみたのだが…

どうにか
双方機を認識出来
画面に従いつつ、作業を開始し
微妙に変化する画面を、気にしてたら。。

以降突入後に
画面に表示された、予定残り時間。。。(上の画像参照)

”180時間51分”って何やねん!!

いきなり目に飛び込んできた
こんな数字に、少々驚きながらも
まぁ、よくありがちな

”徐々に減ってくんだろう、、”

適度に見守っていたら
作業開始から2時間ほど経過の頃か
案の定、この”残り時間”も
16時間前後に激減してて(笑)
この調子で減ってくれれば
”日付変わる頃には終わるか??”なんて
微妙に軽く考えてたら。。。

ここからが
もう、牛歩の如く
増えたり減ったりを繰り返しながら
期待してた0時付近での残り時間は、、14時間。。(笑)

そうだ。
これで寝て起きても、まだ終わってないのだ!!

と、言う訳で
このまま起きてる理由もないもんで
両機共に、そのまま放置し就寝。。

今朝目覚めて
母屋に来るなり、先ずは状況確認をと
画面を映してみたら、、、 残り5時間まで減ってた♪

微妙に予定よりは
早くはなってくれたけど
個人的には、この出勤前に終わればと
気分的に考えてただけに、まぁ。。仕方なし

結局はそう
朝もそのまま放置して
勝手に作業終了するに任せる。

さて、
仕事も終わって帰宅すれば
やはり、先ず確認に向かったのは
iMacの作業状況だ。。

   IMG0165.jpg
    よかった、無事に終わってる。。。

これに併せ
移送元でもあるMacBook Airも
確認してみれば、画面の表示は
iMac同様に、移送完了画面。。

Airのデータを
移送した事で、iMac上の画面も
Air時代の取り合わせに置き換えられ
取り敢えず、それらを元に少々の環境整理。

一応は、
それなりに使い易くも
なった気がするんで、これで暫しの様子見へ。。


で、さて
データを移行したMacBook Airはと言えば
別にこれで、お役御免な訳でもなく
取り敢えずは、6年落ち機なだけに
兎に角、負担を減らそうと、一旦初期化を実施。

   IMG0168.jpg
    クリーンインストールも開始し。。

つい今しがた
このブログを書いてるネタにと
様子を見に行ったら、既に再起動後で
序でに初期設定までを完了させる。

   IMG0169.jpg
    Airでの環境設定は、、追々ね。。。♪

さてと
これで取り敢えずは
Mac系でやろうと思ってた事は
ひと通り終了かな??



改めまして、、両機共に、これからよろしゅうに。。。(*^^*)



tb: -- |  cm: --
go page top

ふと思ったが。。

    IMG0151.jpg

いつからか
この日本でも、新車装着が
義務付けとなったと記憶してる
”ヘッドライトレベライザー”なのだが…

これって
使用用途はもとより
理解されてても、律儀に使ってる方って
居たりするんだろうか。。。

などと
ふと思ってみたりもした。。

基本的には
”対向車に対しての配慮”的な
そんな機能が趣旨だと認識するが
世間一般的に、フォグランプ等も含め
晴天時でも、いわゆる”視界確保”目的にと
殆どのドライバーが容赦なく点灯する。

フォグランプを抜きにしても
この、ヘッドライトレベライザーが
当たり前に装備されても、人や荷物を
沢山載せて走り出したところで
何となく、わざわざ光軸下げてくれるとか
そんな律儀なドライバーさんは居るのかと。。

機能的には
人や荷物を積んだ際に
重量配分によって、上昇した光軸を
補正すると言うのが、このレベライザーの
本来の趣旨だったと思う。。。

が、これ
結果として、光軸が上がれば
単純に、ヘッドライトが照らす距離も
それなりに、ドライバーにとっては
ある意味の”視界確保”にもなると思われ
そこでご丁寧に”光軸下げなきゃ!”なんて方
居るのだろうか。。 とか…

だって、ね?

上でも書いたように
超晴天時でも、平気でフォグランプとか
点けてくれるようなひとたちだ。

多分だけど
HID標準化が進んだのに併せて
義務付けな流れにもなったんだろうけど
結局のところ、この”レベライザー”自体の
機能義務付けってのは、、、何なんだろね?

スイスやドイツのように
キャンピング等のトレーラーを
引っ張る様なお国柄なら、これもっと
機能義務付けも、生きてくるんだろうけどね…



かく言う僕も、余り触れることが無い部分。。 - -;)



tb: -- |  cm: --
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。